その他、終了アニメ。

ここでは、「その他、終了アニメ。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■中二病でも恋がしたい! 最終話「終天の契約(エターナル・エンゲージ)」。狙い過ぎな感動が逆に痛い・・・。
※長い感想です。最終回を見終えて、「う~ん・・・」としか言葉が出て来なかった。中盤の六花と十花の対立までは本当に毎回が楽しみでしたが、それ以降から最終回を含めて正直面白くなかったです。京アニが製作というとどうしても面白いアニメに仕上がると思い込んでたのかな。個人的にはまだ、「日常」の方が楽しかった・・・・・・かも。

家族問題を中盤で終わらせて、終盤は勇太と六花との恋愛話に絞ってやっていれば、感動しつつも笑える終わり方になった気がする。なのに、「家族の死」という最大に重たいネタを最後まで引っ張ったのは失敗だったと思う。六花は母親と理解しあえたらしいけど、映像で全く会話の無い2人がどう互いを理解したのかも描かれてないので、唐突でした。正直、最終回はクスりとも笑えなかった。

最終回直前に知ったんですが、凸森とくみん先輩はアニメオリジナルキャラだそうで、原作キャラより扱いが優遇されて活躍してたのは気のせいかな。自分みたくアレコレ突いて見なければ、中二病は名作でしょうね。腐っても京アニ作品だから。BDとかも多分売れると思います。全ては「期待し過ぎた」。これにつきます。

そうそう、このアニメで1つだけ良かったと思えたのは、凸森役の人の「泣く演技」かな。昔何かのラジオ番組で聞いたんですが、泣く演技がしっかり出来るか否かでその人の技量が分かるとか。だから、11話のマジ泣きの演技は本当に凄いと思いましたね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/1923-f587785e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。