トータル・イクリプス 第14話「衛士の一分」。ジャール大隊の最期はセリフで紹介するだけですか・・・。

ここでは、「トータル・イクリプス 第14話「衛士の一分」。ジャール大隊の最期はセリフで紹介するだけですか・・・。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユウヤのピンチはジャール大隊が救ってくれましたか。中佐に「ひと皮剥けた面構えだな」と言われてたユウヤ。え!?ユウヤって皮剥けたの!?と、某生徒会役員共風にツッコんでみる。レーザー級にやられたキャラのシーンをスローで見ると、皮膚がとろけるチーズなんだけど(汗)

BD第1巻では、BETAにモグモクされたキャラのグロ解禁を見たけど、それ見た人のコメントをお借りすると「ちょー見えてる」でした・・・。調べればすぐ分かるのでリンクは貼りませんが、グロ注意

しかし、BDを30人にプレゼントとは太っ腹なことで。中佐はユウヤに一連のソ連の暗躍を聞かれ、「分をわきまえろ!」と言ってたけど、今回はユウヤの方に「分」があると思うんだけどね。ユウヤがどう脱出するか、どう活躍するか期待してたんだけど、普通に抱えられて安全圏に退避してた・・・。帰還したユウヤのシーンが、08小隊の第3話「信頼への限界時間」と似てたかも。

口の悪いソ連の衛士が案外良いヤツらだったが、死んでしまったのが残念。残念といえば、ジャール大隊の最期が、ワンシーンも無くセリフで語られただけなのが物凄く残念。個人的には、戦いの様子、死に様こそが今回の一番の見せ場だと思ってたのにガックリだよ。中佐ヤッタのはあの2人か。

不知火の新型が銀装騎攻オーディアンのドラゴンファングを彷彿させるな。サイズは全然違うけど。次回は総集編だけど、見た方がいい内容みたいだからとりあえずチェックしますか。

トータル・イクリプス 第2巻 初回限定盤(仮) [Blu-ray]トータル・イクリプス 第2巻 初回限定盤(仮) [Blu-ray]
(2012/10/26)
小野大輔、中原麻衣 他

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/1851-25df7db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。