FC2ブログ

機動戦士ガンダムAGE 第28話「地球圏の動乱」。ロマビッチ大勝利!

ここでは、「機動戦士ガンダムAGE 第28話「地球圏の動乱」。ロマビッチ大勝利!」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


※感想長いです。前回のアセムとゼハートの和解は中の人たちも納得してなかったみたい。現場での脚本の修正も多いらしく気苦労が絶えないとか。移動要塞撃破から1年。前回のラストシーンで最終回でも良かった気がしますが、次回からキオ編が始まります。全22話という3世代の中でも最長の話数ですが、そんなに続けて大丈夫なのかな。

真っ白ガンダムは塗り忘れじゃありません。仕様です。ロマビッチは、結局、気になる男子を追っかけて学生気分の延長で入隊しただけでしたと。そんな軽い気持ちで戦争に参加したのかよ。ホントどうしようもないヒロインだな。そんな子を簡単に赦しちゃうアセムもどうかしてる。2人が抱き合うシーンは、物凄く冷めた目で見てました・・・。正直気持ちが悪いです。

フリットのクーデターは、連邦の裏切り者をあぶり出す為のもので、その裏切り者は連邦首相でした。もっと意外な人を想像してたので、正直「ふ~ん」くらいにしか思わなかったですが。グルーデックの死は一応意味があったんですね。殺された翌週で全然それにふれて無いからどうしたのかと思ったし。

ヴェイガンのMSが強いのか連邦が弱いのか、ジェノアスが全機棒立ちのまま倒されたのには笑ったね。フリットはヴェイガンを「完全な悪」と決めつけてるけど、従来のガンダムの様な両者に戦う大義が見いだせないんだよなぁ。首相じゃないけど、全てはフリットの個人的な恨みが元にあるから。

ゼハートはコールドスリープで第3世代にも登場確定。アセムとロマリーは結婚。フリット編では皆無だった2人の馴れ初めみたいなのがほんのわずかでも描かれたのは、ロマリーが赦せるか否かは別として素直に良かったと思います。キオ編はある意味前世代の「敗戦処理」をしつつ自分の世代でハッピーエンドを迎えないといけないので、重圧あるんだろうな。

機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第4巻 豪華版 (初回限定生産) [Blu-ray]機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第4巻 豪華版 (初回限定生産) [Blu-ray]
(2012/05/25)
豊永利行、遠藤綾 他

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/1675-87adb62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
機動戦士ガンダムAGE「第28話 地球圏の動乱」に関するブログのエントリページです。
2012/04/22(日) | anilog
アセムとゼハートで要塞の地球落下を阻止。〓一年後式典が行われる。アセム:これから起きるのは反乱なんですか?フリ:そうだ。悪は悪として裁かねばならん。:すべては地球を守る...
2012/09/04(火) | ぺろぺろキャンディー