FC2ブログ

輪るピングドラム 24th STATION「愛してる」。個人的には満足の終わり方。

ここでは、「輪るピングドラム 24th STATION「愛してる」。個人的には満足の終わり方。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


※長文なので注意です。永遠に失われたハズの運命を乗り換える呪文を苹果が覚えてたお陰で、渡瀬の目的は潰えることに。呪文は陽毬が大切にしてた言葉だったけど、それじゃ桃果の日記を手に入れる意味はあったのかな。最後の最後で「生存戦略!」が見られましたが、それをクリスタルじゃなくて陽毬が言ってたのがなんかよかった。

昔、冠葉は、晶馬にリンゴを分け与えたから2人は今まで生きて来られた。だから、ピングドラムというのは命のことでありリンゴはそれを象徴化した物だったかね。人は誰しも様々な罰を受けている。だから、ピングドラムを手に入れることでそれらを共有し、共に生きて行きましょうってことなのかな。解釈が難しくて考えがまとまらない(汗)

冠葉は陽毬を救う目的を果たし彼女を想いながら消滅。冠葉の場合はハッピーエンドはあり得なかったし、消滅が妥当な最期かな。晶馬も苹果が受ける呪いを一身に背負って消滅。こっちはやっぱり高倉家の罪を背負った故の選択だったのかも。渡瀬は永遠に闇の中に留まることになり、桂樹とゆりは真の愛に目覚め、マリオは生き返り真砂子は兄の思い出を話し・・・。

新しい世界では、かつての高倉家兄弟はバラバラに。でも、陽毬には兄達の大切な言葉はしっかり届いたし、晶馬と冠葉は姿も名前も変わっていたけど、同じ世界にいるんだし、兄弟揃ってのハッピーエンドにはならなかったけど、いずれそれぞれの運命が交わると信じたいですね。救いのある終わり方をしてくれてよかったです。

第1話はよく分からないことが話題になってましたが、話が進むにつれて面白くなっていって、終盤以降の超展開には驚かされました。セリフの言い回しもちょっと独特で、考えながら見てないと内容が理解し辛いのは賛否が分かれるでしょうけど、それだけ見応えのある作品でした。

輪るピングドラム 4(期間限定版) [Blu-ray]輪るピングドラム 4(期間限定版) [Blu-ray]
(2012/01/25)
木村昴、木村良平 他

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/1560-032936b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
輪るピングドラム「24TH STATION 愛してる」に関するブログのエントリページです。
2012/01/07(土) | anilog
ショウマとカンバの回想。二人は、檻に閉じ込められてた。そして、カンバとショウマが列車で対面。ヒマリがベットごと登場。死んでいた。カ:まだ間に合う。コレが成功すれば助かる...
2012/04/21(土) | ぺろぺろキャンディー