FC2ブログ

げんしけん2 第12話 「その先にあるもの・・・」

ここでは、「げんしけん2 第12話 「その先にあるもの・・・」」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


冒頭で笹原がキレたのはもっともな事ですね。空気の読めない人は知らずに敵を作って
孤立しちゃうんだよな~。でも、その後しっかり反省しているクッチーはやっぱり良い人なのかも。

あの悩み苦しむシーンは誰しもが通る道なんですよね・・・。空元気で自虐前回の笹原はイタ過ぎて、思わず同情したくなったけど、荻上の冷めた目がコワカッタです。前も書きましたが、荻上の鬱話を見るより、経験者にとっては笹原の就活の話の方が「」に感じます(汗)。

そんなシーンは、アニメとは言え、結構リアルに描写されている点は、個人的に好印象です。
変にご都合主義を持ち込まない所が特に。

笹原が無事内定を貰って荻上に電話を掛けるも、彼女はシャワー中でしたと。最後のサービスカットは見えそうで見えないチラリズム、というか全裸。滴る水滴がまたエロイな~、も~・・・。
でも、前回のエロアニメばりのモザイクに比べれば、ややエロさに欠けるか???

内定貰ってみんなも安堵。そんな中で、笹原を叱咤した春日部さんの存在って、大きいよね。

今回で最終回で、たぶんもう映像化はしないんじゃないかな?当初の心配に比べれば、
個人的には上手くまとまっていると思います。原作には無い、各キャラその後も描かれていたので。

仮に続くとして、高いお金出して買うOVAで荻上の話をやるとは思えないし(あの話は2、3回やらないとまとまらないので)、第3期をやるにしても、原作のストックはあまり無いから。先週の予告の、
未完 is Best Endはげんしけん2に限って言えば、良い方向に向かったんじゃないかな?

笹原と荻上の関係は結局はっきりとした形には結びつかなかったけど、お互い意識し合っているのは確かだし、「あの事」もほぼスルーですが、最後の二人のはにかむシーンを見れば大して重要にも感じません。その後上手く行ったと、想像で補完しましょう(笑)

強いて言えば、もっと荻上とスーの絡み、初詣、卒業式は見たかったかな?

げんしけん (1) げんしけん (1)
木尾 士目 (2002/12)
講談社
この商品の詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/156-73fda518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
げんしけん2 第1巻夏が過ぎても笹原の就職は決まっていなかった…。連敗に継ぐ連敗で笹原は、なぜそもそも編集を志望したのかさえわからなくなってしまっていた。追い詰められた笹原は出版に限らず別の業界も手当たり次第に受けてみるものの、やはりここでも連敗。 半ば....
2007/12/28(金) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人