FC2ブログ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第10話「花火」。じんたんの翻意。

ここでは、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第10話「花火」。じんたんの翻意。」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


花火打ち上げ前日。この第10話はみんなの苦悩がこれまで以上に入り混じった回でしたね。めんまの母親は、娘が亡くなってからの7年間も息子の成長を全く気に留めなかったみたいで。息子としてはさぞかしショックだったろうなぁ。きっと、母親の中では息子との思い出なんてほとんど記憶に残ってないんだろうな・・・。でも、旦那の言葉で何か肩の荷が下りたような様子だったね。

めんまを送る会。あの世に送られる当人が一番の笑顔で最後のメッセージを見せるのが泣ける。ゆきあつの提案で「7年前のあの日」を再現することに。ゆきあつの提案は一見酷い仕打ちに見えるけど、じんたんの気持ちをハッキリさせてめんまや他のメンバーに悔いを残させない為だったのかな。

つるこはゆきあつの気持ちが自分に全く向いてないとしりつつ、7年前から今までずっと傍に居たというのが切なすぎる・・・。あなるも結局気持ちが報われなかったし。これでどう皆が幸せな終わり方をするのかすごく気になるね。

ゆきあつはめんまグッズと最後のくんかくんか。彼の名は、くんかくんかを世に広め、めんまの中の人にその言葉を知らしめた男として長くアニメファンの間で語り継がれることだろう(笑)。いよいよ花火が上がる間際になって、一番花火打ち上げに熱心だったじんたんが翻した気持ちを固めちゃったことで、めんま成仏ならず・・・。花火が上がるシーンで成仏してれば最高に泣ける所だったのに。

ゆきあつやめんまの母親ですら気持ちに前向きに進めたというのに、結局のところ、じんたんこそが一番めんまに囚われたままだったってことだね。次回の最終回でどう気持ちよく泣かせてくれるか、大いに期待したいです!!!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/06/29)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/1385-77385e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック