FC2ブログ

Angel Beats! EPISODE.13「Graduation」。終わり良ければ?

ここでは、「Angel Beats! EPISODE.13「Graduation」。終わり良ければ?」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


※感想長め。ゆりが世界の真実を知ってから3日。音無、奏、日向、直井くん以外のSSSメンバーは、ゆりが眠っている間に成仏しちゃったみたい。尺を考えると個々の過去は描けないのは分かってたけど、みんなまとめて逝っちゃったとまとめられるのは残念。ここは何かの形で補完して欲しいかな。特にTKとか!

体育館で5人だけの卒業式。戦歌といいつつ、内容は麻婆豆腐の歌じゃんか(笑)。音無は答辞で仲間の事に触れながら涙声になってたけど、その仲間の過去がほとんどカットされてるんだから、視聴者としてはやや置いてけぼり。仰げば尊しの歌でしんみりな場面で日向がフライングしやがった(笑)。あの部分はどれだけ「溜める」か難しいよね。

直井くん、ゆり、日向の順に学園から消え、残ったのは音無と奏。直井くんの涙は意外だったな。大体最後に残るのはメインヒロインだけど、ゆりじゃなくて奏が残ったのには理由があったんですね。音無が奏に「学園に2人で残らないか?」と言った時は「は?」と思ったけど。学園に留まって成仏出来ずにさ迷ってきた魂を「卒業」させてやりたい、というのは建前で、本音は好きな奏と一緒に居たいというのは、先に逝った仲間に失礼だよなぁ。

奏が実は音無がドナーカードで提供した心臓の移植者で、提供者を探して学園に迷い込んだ音無と同じバグだったと。第1話で音無の心臓を突き刺した際それが無いことに気づいて、彼が提供者であると分かって以来、ずっと感謝の気持ちを伝えたかったワケだ。心臓移植でも死んでしまった奏は長くは生きられなかったのかな。彼女の過去はもう少し詳しく知りたかった。

最後に音無にありがとうを言って、奏も成仏。そして現代。転生?した2人は、歌を通じて再び出会う・・・。


全13話を見て思ったのは、1クールじゃ短いってことですね。ただでさえ登場キャラが多いのに、スポットが当たったのは主要キャラの半分だし。細かい描写もないまま駆け足で話が進んで、最後まで描ききれなかったキャラはまとめて成仏ではあんまりでしょ。あと、散々叩かれ突っ込まれてた作品の割りに、いろんな所で話題になってたということは、何だかんだ言ってみんなハマってたってことかもね。個人的には概ね満足。BDの録画してるので、ちょっと間を置いて見直すつもりです。

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/06/23)
神谷浩史櫻井浩美

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ninedimension.blog118.fc2.com/tb.php/1040-809d2341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最終回も天使ちゃんマジ天使でしたね! 最後はみんな揃って卒業式♪ 「開式の辞!これより死んだ世界で戦ってきた、死んだ世界戦線の卒業...
2010/06/27(日) | 空色きゃんでぃ