アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


※感想長めです※

如何に駄作でもそこはガンダム。最終回は楽しみでしたし、戦闘はハラハラドキドキしました。ラスタルは指揮官だしパイロットじゃないから前線に出ないとはいえ、最後もダインスレイブ発射を指示しただけで、戦いに蹴りを付けたのは面白味が無かった。条約で使用禁止された兵器という設定は何だったんだ・・・。

我らがイオク様は最後に三日月の首を取って勝利すると思っていたのに、昭弘にコックピットをグシャッと潰されて戦死。もうちょっとクジャン家当主らしい最期を描いて欲しかったな。彼は生き残ってギャラルホルンを良い方向に導くキャラになっても良かったろうに。三日月を討ち取ったのは、最後まで大した強さを見せなかったジュリエッタ。それなのに、声高らかに「鬼の首取ったどー!」と言われてもなぁって思った。

エピローグはキャラの成長具合からして、10年近く経ってるのかな?マクギリスのギャラルホルンの改革の遺志は、結果的にラスタルが成したというのは皮肉ですね。2期では、00の貧乏姫を彷彿させる程、三日月とのチュッチュ以外何もしなかったクーデリアだけど、エピローグでは火星連合の議長に就任。さすが革命の乙女、最後に美味しい所をもって行きましたね。

アトラのナレーションで、「人々は鉄華団の事を忘れてだろう」みたいに言ってたけど、このアニメ自体はガンダム史の負の遺産として長く語り継がれるだろうなぁ・・・。オルガが襲われて殺された件もこのまま触れる事なく終わる・・・なんて、そうは脚本家がさせなかった!最後にライドがノブリスをバン!バン!バン!バン!(←TVの字幕)と射殺。最後は任侠で終わらせましたとさ。

アニメは終わったけど、残る楽しみは円盤の売り上げくらいかな。アトラの子供も、事前に小作りネタでバラすより、全てが終わった後に「実は三日月の子供を宿していた・・・」とやった方が良かった気がする。個人的に、これまではAGEがワースト1と思っていたのに、まさかそれを抜く駄作ガンダムが出て来るとは思わなかった・・・。種死はSPエディションは面白いから、一概に駄作とも言い難い。Gレコも結構叩かれてるけど、最終回以外は悪くなかったと思う。

最終回だけ見れば面白かったと思う。ただ、1年やってこの終わり方は無い!