FC2ブログ
アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


ロイドの作戦はハインツから一任されているというのは、別の考え方をすれば、建前の作戦内容は伝えているが本音の部分は独断で行っているとも取れる。カシムはハヤテの親父と因縁あり気で、地球人とも理解し合えそうな様子だったけど、敵とそういう関係になるキャラは大抵死ぬんだよなぁ。

ロイドの未だ不明な思惑(恐らく悪い考え)をみると、地球人とウィンダミア人が共に打倒ロイドで戦う展開もあると思うけど、美雲が全ての記憶を取り戻した時、彼女がラスボスになるんじゃかいかとも思う。能力が人工的?に与えられた様に思える描写もあったし。ハヤテとフレイアが同調するとハヤテはバール化が進み、フレイアは命を削る?アラドは同調を好意的にとらえてた様に見えたけど、とてもそうは思えなかった。ハヤテの親父も同調して暴走したのかね。

珍しく話が進んだけど、戦闘は特別見所は無かったし、ワルキューレの作戦も成功とはならなかったし、結局、ロイドの思惑通りに事が進んだだけという感じで、見ていてモヤモヤした気持になった。あと、ボーグがレイナを見て頬を赤らめたのはフラグですか(笑)
スポンサーサイト