FC2ブログ
アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


今日からPCのディスプレイを、長い事使っていた15インチの液晶から22インチに替えたので、もしかしたらブログの文章が見辛くなってるかもしれませんがご了承ください(汗)
スポンサーサイト



OPは無しか。今回で半分過ぎたから変わると思ってたけど次回かな?ウィンダミアに勝つ為なら仲間と市民が犠牲になっても構わないとか、統合軍もゲスい事するねぇ。反応弾を使わるまでに戦いが決着すると思ったら、即行使われてて笑った。早すぎ!

裸喰娘娘の女性は波にさらわれて生死不明たけど、ラグナ人だから溺れ死ぬ事は無いと思う・・・。ハヤテがメッサーの機体で出撃したのは胸熱な展開でしたし、フレイアがメインのOPテーマもとても良かった。けど、ラグナを放棄、遺跡は奪われ、キースに痛手を与えたものの止めは刺せず、騎士団も全員健在。逃げるだけで手一杯で実質的に統合軍の負け。

フレイアの覚醒は良かったけど、負けっぱなしの話ばかりで、正直かなりウンザリしてます。ロイドが次期王に就いたけど、先代が遺言を残した訳じゃないから、これからウィンダミア内でも対立とかありそう。ワルキューレの歌に一人感銘を受けてたしね。三角関係に多少動きありでしたが、ミンメイやランカ、一般人出身のアイドルは負けばかりだからフレイアもそうなる!?
ミラージュが中尉に昇進した事で実質的に隊のリーダーになった訳だけど、腕はあるが大して実績の無い彼女が指揮する事に不安しか感じない。昇進を告げられたミラージュの驚きの表情=視聴者の率直な感想だと思う。ロイドとキースで戦いに対する考えが違うのは、後々影響あるんですかねぇ。

以前も艦長が口に出した「レディM」というのは、過去作のキャラ?ミラージュが、ハヤテとフレイアの会話を隠れて聞いていたのは単に顔を出すタイミングを逃しただけと思うけど、他意がありそうな無さそうな微妙な感じだったな。

悩むミラージュに「俺達がついてる!」と言って励ましたけど、それもミラージュの昇進同様に不安を覚えたわ・・・。生きて帰って訓練時の雪辱を果たす!だなんて、ミラージュがフラグ立ててたけど、さすがに三角関係の一角が死ぬワケないか。

テロップにもあったけど、今の戦いが前半のクライマックスだそうなので、見応えのある戦いを期待したいですな。最近は戦闘に迫力はあるものの、話が全体的に落ち着いてヌルく感じてたのでね。
メッサーが「帰って来た」事に驚いたけど、心臓のみをピンポイントで撃たれたから、遺体は残ってたワケか。キースはメッサーを殺した。でも、何度も交戦し死線を潜り抜けた敵なだからこそ、彼を侮辱したボーグに怒りを露わにしたんだろうな。敵とはいえ、そう思ってくれたのならメッサーの死も全く無駄ではなかったか。ちょっとキースを見直した。

メッサーが仲間の戦いの癖を分析してデータに残してくれていた行為には、思わず目頭が熱くなった。ハヤテがヤル気になったのはいいけど、急にメッサー以上の戦いが出来るとは思えない。隠された力の覚醒とか奇跡とか主人公補正とかあるんですかね?

カナメがメッサーの為に泣いてくれた事にちょっと安心した。最後まで涙しないままなのは気丈に振舞い過ぎかなと思ってたのでね。メッサーを送るシーンで終わっていれば良い余韻で浸ったまま終われたろうに、Cパートがやや蛇足に感じたな。ウィンダミアの王自ら出陣したということで、ここらが前半の山場になるのかね。
「クラゲ音頭」はフロンティアの「ニンジン」に通じるモノがあるな。この曲もCDに収録されるのかね。ファンと交流したり歌を歌ったりするフレイアを見て、スパイ疑惑はどうなったんだろうと思ったら、いつの間にか解消されてた。カップルのディープキスをみて照れるミラージュがウブでしたな。勝負下着の意味を知ってるからには、そっち方面の知識はちゃんとあるんだ(笑)

海を漂う美雲の上半身に黒いモヤが掛かってたけど、円盤では「解禁」ですか?メッサーとキースの一騎打ちは、メッサーの壮絶な戦死で幕切れになったけど、予告からしてそうなる気はしてた。サブタイトルに「閃光」。一瞬の煌めき。散る光=散る命と想像出来るし。メッサーが正常なら互角引き分けもあったかもだけど、無理を押しての出撃と流れる走馬灯。これだけフラグ立てて死なないのはさすがに無いと思った。

メッサーが戦死した事で、Δ小隊と空中騎士団との戦力差が増々広がりそう。ここまでやられっぱなしのΔ小隊だけど、そろそろ挽回のターンになって欲しいし、バランス的に空中騎士団にも退場者が出ても良いように思うけどね。今回が10話という事で、もう2、3話すればOPが変わるかな?

※昨日書き忘れた感想を追加で。
メッサーはコックピットを撃ち抜かれて死んだけど、ビーム兵器で撃たれた遺体の状態を想像したらゾッとした・・・。マクロスにグロ要素は無いから、さすがに次回「描写」は無いと思うけど・・・。機動戦士Vガンダムを観ているから余計に気になった・・・。
リンゴ+水=猛毒というのは、よく考えると変な組み合わせだよね。現実でも馴染みの飲食物がバール化の原因と言われてもピンと来ないし。Δ特有の物が原因じゃ駄目だったのかね。バール化は発症初期なら治るけど、完全にバール化した経験があると治療法は無く再発の可能性もある。メッサーは後者だから常に爆弾を抱えた状態なのか。

カナメは22歳の割に落ち着き払ってるというか、ソファーに腰掛ける時の「どっこいしょ」と言う辺り、妙にババ臭い所はあるね。年齢設定はもう2、3上でも良かった気がする。メッサーがカナメの曲を聴いてるのは、恩人という以外に少し気があるから・・・と思ってたけどそうでは無いようで。アラドとカナメが関係こそまだ恋人未満だけど半ば両想い的な所があるし、そこにメッサーが入り込む余地は無いしな。

もう一つの三角関係になると思ったんだけど。一方、ハヤテとミラージュも同僚以上の関係ではないけど、外野が2人を恋人みたく見始めた事で、恋人関係になるよう外堀が埋まりつつあるね。今回は勘違いで終わったけど、フレイアがハヤテを異性として見るのが、その勘違いからだとしたらちょっと動機が弱いかな。それだと普通の恋愛だし。

戦闘はスピード感こそあったけど、ただそれだけという感じ。メッサーの件は解決せず。次回はサブタイトルからしてカナメの過去でもやるとか?