FC2ブログ
アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


指揮車両が巨大ロボに変形合体する僅かな希望は潰えてしまった・・・。ミュトスのウェアはデザインとかバイクに変形するギミックは、ブラスレイターを思い出すな。当時は寝てばかりの主人公が詰まらなかったけど、また見たくなった。あさみは帰国子女だからとはいえ、日本語と英語をごちゃまぜで話す様が笑いにしか見えない。

八条の裏切りは突然だったな。ミュトスとのバトルは泣き落としで解決という、彼がこれまでして来た事を考えると、かなり拍子抜けだったな。もっと大暴れしてから逮捕されて欲しかった。テロの切っ掛けの家族崩壊の事も、大して重みが伝わって来なかったし。八条が次の強敵として活躍するのかな。2クール目の放送は7月だっけ?
スポンサーサイト



マクギリスの言う事は、正しいか否かは別として個人的には理解出来る。腐った組織の改革は綺麗事だけでは不可能。だから、命すら軽んじようとも親友を裏切ろうとも荒療治を行うしかない。三日月が可愛く思える程の鬼畜っぷり。マクギリスこそ、ここ何作かのガンダムでも居なかった「悪」だと思うな。彼にはもっともっとキチガイで鬼畜で血も涙も無い外道を歩んで欲しいね。その様は、Vガンダムのカテジナを超えてるんじゃないかな?

ガエリオの慟哭は見るに堪えん悲しさがあったけど、妹の将来を保障するというマクギリスの言葉がせめてもの救いだったか・・・。ただ、それがどういう形で保障されるのか逆に不安に感じたけど。ガエリオは普通に見れば非業の死を遂げた様に見えるけど、遺体が映って無かったのが少し気になるかな。彼も阿頼耶識システムで生き延びて、マクギリスに復讐をする・・・という展開があっても面白そう。

利用された挙句に戦死したアインには、お疲れさんと言いたい・・・。三日月はさすが主人公だけあって大した怪我はしなかったけど、平常時は右目と右腕が不自由なハンデを負ったのは「ぶっ壊れ」の代償か。シノは絶対に死ぬと思ってたのに、死ななかったのは意外だった。ラフタとアジーも前回のやられ方の割に「綺麗に」負傷してたのも意外で不満。

結局、終盤における激戦で、鉄華団側のメインキャラの犠牲者はビスケットだけだったな。第1期の終盤は怒とうの展開でしたが、何とかうまくまとまって安心した。早々に2期が確定的だったので、秋からの2期決定に驚きな無いです。4月からマクロスΔが始まるので、2期までの繋ぎに見るアニメとしては期待十分かな。

そうそう、4月からOVAをTV様に編集されたガンダムUCが放送されますが、、新作カットはあれど基本ストーリーは変わらないと思うので感想は書きません。ブログで感想を書くアニメは、今の所、上記のマクロスΔ一本の予定です。


■デュラララ!!×2 結 第36話「会うは別れの始め」
新羅とセルティが寄りを戻せただけでも良しとしますか。臨也は静雄の嫁が致命傷?を与えたし、帝人は隆志に4回滅多刺しされた事で、各方面に散々迷惑掛けた事は取り合えずチャラか。最終回だけどあまり感想という程の感想は無いな。

起・承・転・結。全5クール見て来たけど、その〆方としてはしっかりまとまった・・・のかな?承と転は中だるみしちゃってあまり熱心には見てなかったからぁ。4日前に円盤第2巻が発売されたけど、イベチケブーストが無い分どれだけ売り上げに影響したか、来週中盤くらいには分かるかな?
一切の通信が不能になったらアニメが見られない。アプリゲームのログインボーナスも貰えない。大問題だな!(笑)。あさみが「最年少の警部補」と初めて知った気がするけど、そういう説明あったっけ?長官の命令で、あさみの上司が彼女に言った言葉がブーメランしてたのは気持ちがスカッとして面白かったな。

自衛隊は、みほが初登場で活躍した事以外、良い所がまるで無いね。2度目の登場ではウェアが暴走。3度目の今回はダイハチをテロリストと誤認してみほ以外グッドスリーピングだし。次回で1クール目が終了。楽しみです!
※今週も感想長いです※

多数の死傷者を出してる鉄華団は壊滅不可避という感じ。これが、鉄華団の一連の戦争のそもそもの切っ掛けであるクーデリアと、ビスケットの敵討ちので狂ったオルガと三日月が選んだ道なんだよな。オルガの最後の演説は、多分、鉄華団の結束がより固まったのを見て胸打たれるシーンなんだろうけど、個人的にはメイリビットと同じ気持ちだった。感動する所か逆に異様な光景に映った。

おやっさんはやはり、彼らが狂ってると分かってても何も言わなかったな。メリビットの慟哭が印象的でしたが、彼女は「良心」を表すキャラだと思う。現在のオルフェンズにまともなキャラは居ない上に、メリビットも狂ってしまえば、視聴者が気持ちを落ち着ける部分が無くなるしね。

そして、遂にある意味「真打」とも言うべきアインが登場!早速、無双振りを発揮して、アジーとラフタが生死不明。ラフタはドリルでエグられた様なシーンがあったけど・・・。この2人もこの戦闘での戦死すると思ってたんだけどね。

シノは予想通りのフルボッコでしたが、止めは刺されず。あの場でアインに討たれても良かったと思ったけど、かろうじて生きてるか。アトラもクーデリアと庇って死ぬ位の悲惨さがあったら、三日月の人間的な感情の爆発があったかなと思ってより場が盛り上がったろうに。三日月×アイン、ガエリオ×マクギリス。それぞれの勝負は「1期」の最終回でか。ガエリオは敵が親友と知った果てに絶望を抱いて戦死かな・・・。

SEEDで散々見た不殺の戦いは、主人公の戦闘技術の高さと強さを見せ付けるには良いんだろうけど面白味が無い。かと言って、前回の三日月みたいな血も涙も無い冷酷な戦いが面白いかと聞かれれば、良いとも悪いとも言い難い。

一つ言えるのは、批評なり喧嘩なりどんな形であれ、視聴者がいろんな意見をぶつけ合ってるオルフェンズは、製作側の思惑が上手く反映されてるのかなと思う。前回は失望したけど最終回には大いに期待してます!


■デュラララ!!×2 結 第35話「水の流れと人の行末」
長く見て来たアニメでも面白ければ最終回が辛いけど、このアニメは逆に最終回が待ち遠しかった。やっと終わってくれると思うと悲しい所か逆に嬉しいくらいだし。最終回でどう落し前付けるんだろうな。帝人は腕に小型の銃を隠して親友を撃つしで、臨也同様、これまでして来た事に対する相応の決着を期待してる。最後に、鯨木さんを振ったのは惜しい事をしたなと・・・。
第8の解散と日本崩壊の危機。1クール目が残り2話という所で話が大きく動きましたね。この流れで12話まで行くかな?会長が正体を明かして逮捕されたのは囮だろうけど、山吹妹に告白した理由は何だろ。話に何かしら影響あるのかね。ミュトスが連れてた女の子は、昔の事件で亡くなった大切な子の代わりか。それが一連の事件の動機かも。会長とは馬が合ってたし、薄い本も若干捗りそう(笑)
静雄と臨也の決着は最終回までお預けか・・・。引っ張り過ぎてウンザリした。皆が杏里怖がらないのは、彼女以上の怪物が多いから。慣れって怖いね・・・。最後、新羅と話をしてた元自殺志願者の女の子の口が、喋っているのに動いてなかったのは作画ミス?
※かなり長い感想なので注意※

アインの変わり果てた姿は吐き気を催すレベルだな・・・。MSと一体化させる事で助かったとはいえ、その為に残った人間の部分は頭と胴体だけ。「接続」されたコックピット内を想像するのもおぞましい。カルタに与えられた最後のチャンスだったけど、それは、マクギリスが彼女の女心を利用し、勝てないと分かった上で鉄華団に始末させる魂胆が見え見え。マクギリスは汚い男だ・・・。

メリビットがオルガを危惧するのは当然か。ビスケットの敵討ちという大義で、立ち塞がる全てを殺し壊すというのを少年が言うんだからな。今の鉄華団一行の中にまともな精神を持ってるのは、恐らくメリビットくらいだろ。テイワズの2人は言動からして「破壊」には肯定的だし、アトラは子供だし三日月に好意を寄せてる以上反対するとは思えない。おやっさんはただ諭すしかしないだろうから。

今回最も不快だったのは、三日月の態度とカルタ扱い。敵ながら正々堂々と決闘を申し込んだカルタの言葉を全く意に介さず不意打ちをした挙句、一方的になぶり殺し。決闘を受ける義理は無いとはいえ、カルタは最後の出撃なのに、鳩が豆鉄砲を食らったかの様に慌てて、ただ殺されて行くカルタと部下の様は、見ていてただただ不快でした。

更に、三日月の戦いを嬉々として、さも正当である様に見守る少年たちも異様に見えた。あんなの見たら、メリビットでなくても心が痛くなる・・・。

三日月は空気を読めないキャラなのは分かっていても、カルタに不意打ちをしたり、殺人マシーンに仕立て、最期に笑い何故笑いを含めるのか、脚本家の意図が全く理解出来ない。今までは、三日月の「ぶっ壊れ」も結構寛容的見て来たけど、今回は無理だったわ。個人的にはシン・アスカ以上の下衆で不快なキチガイキャラだと思う。狂気、暴走をいさめる事が出来る大人が居ないのは問題だよね。

最後の出撃だったにも関わらず、まともに戦うことすら出来ず、声でマクギリスとガエリオを判別出来ず瞳から光が消えて息絶えたカルタの遺体が、不憫で仕方なかった・・・。

共感出来るキャラの居なくなった鉄華団は、一度「リセット」されるべきだと思うな。ガンダムは好きだから、大抵の事は好意的見ちゃうんだけど、今回の話でオルフェンズの全てに対して気持ちが冷めて行くのがハッキリと分かった。残り2話は失望させない話であって欲しい、少しは三日月に人間らしい部分も見せて欲しい。
船坂さんはリーダーではないからいいとして、やっぱりボスである山吹さんが現場に出るのはあまり納得出来ないわ。現に、ドック相手に舐めプしてたら、ウェアの電池切れしてあわや冷凍弾で氷漬けされて意識不明の重体になる所だったし。で、まだまだ都知事の話は続くよ!都知事が「大物」ならそれも有りだけど、秘書共々小物でキャラ自体面白くないから1クール目で決着して欲しい。

関係無いけど、フィッシャーマンといえば、FF8のフィッシャーマンズホライズンが良い曲ですね。

マクギリスのカルタへの態度は酷いものだけど、正論とは言わないまでも納得は出来る。宇宙では防衛線を易々と突破され、地球でも作戦に失敗して部隊を壊滅させたのだからな。後見人のイズナリオが「役立たず」と罵るのも理解出来るわ。カルタに関して予告を見る限り、次回で戦死っぽいけど。

彼女は予想されている第2期まで生き残るキャラではないし、そろそろ退場の頃合いかと。しかし、三日月にMSを押さえられた状況からどうやって助け出されたんだ?

イズナリオの暗躍が気になる所だけど、そこはマクギリスが良い感じで潰してくれる事を期待!フミタンが死んだ時大いに悲しんだのはクーデリアくらいな気がしたけど、ビスケットの死には多くのクルーが悲しんでた、その「差」は一体何なんだろと思った。仲間が死んで落ち込む男を元気付けるには、メリビットさんの「大人の包容力で慰める」のが一番じゃないかなーと思ったけど、夕方にそれヤっちゃったら確実に怒られるよな(笑)

オルガをけしかける三日月には人間味の無い機械的な怖さを感じたけど、如何にも男の問題の解決方法みたいだった。オルガも立ち直ったというよりヤケになり、ギャラルホルンを「殺す」事で生きる目的を見出しか感じ。2人からは「狂気」しか感じなかった。目的の為なら何者も潰すというオルガはSEEDのシンみたいだし、後何人殺せばいいという三日月はガンダムWのヒイロみたい。2人をクールと思うか、基地外と思うか別れる所か。


■デュラララ!!×2 結 第33話「薄氷を踏む」
静雄と臨也の殺し合いは決着せんのかーい!!!結のBD/DVD第1巻の売り上げの数字が出ましたな。転よりは多く売れたけど、イベチケブーストで4420枚は寂しい限り。内訳はBD2007(DVD2413) 。DVDは転と比べて約3倍売れたのに対し、BDは500枚程しか差が無い。売り上げは声優効果であって、アニメの人気じゃないだろうな。2巻以降はイベチケ無いからお察し・・・。