FC2ブログ
アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


のっけからオッサンのパンツ姿!船坂さんはてっきりメタボと思ってたけど、かなり引き締まった身体してたね。オッサンが戦う様はT&Bでいう所の牛角さんポジションかな。アルティメイドも格好良かったけど、アクティブレイドのアクションフィギュアが出たら面白そう。聖闘士聖衣神話みたいな装甲着脱式を希望!

今回は颯一郎とみほの話がメインでしたが、キャラの背景を掘り下げる話は面白い。みほが金の玉をキャッチしたのはちょっと笑ったな。事件を機に2人が寄りを戻すのかなと思ってたら、みほのウェアが暴走し、上官の代わり?にマスコミの袋叩きに遇うシーンを颯一郎が見つめるという、かなり湿っぽい終わり方。エリートは叩かれる定めなんですかねぇ・・・。颯一郎とみほの話はまたいずれやって寄り戻して欲しいわ。
スポンサーサイト



今回は前哨戦と認識してたから、大将のカルタ自ら出撃するとは正直思って無かった。ビスケットの戦死という重大な出来事に対するカルタ達の戦いが、あまりにも無様で「ギャグ」になってたのは、どうにかならなかったのかね。オルフェンズは戦闘にちょくちょく「笑い」を織り交ぜて来るのが、面白いけど個人的にはあまり歓迎出来ない。

敵を目の前にしてポーズ取って口上を述べるなんて、攻撃して下さいと言ってる様なモノだし。カルタのMSが剣を手を乗せる構え方が、ガンダムWのトールギスⅡみたいだった。ビスケットの妹と桜ちゃんの平穏なアバンが逆に不安を予感させるものだから、結構心臓バクバクしながら見てたよ。島を抜けたらオルガと話し合うのはフラグ以外の何物でもないし、パイロットをやる時点で先週の予告でビスケットの戦死は確信してた。

アインの件もあるし、モビルワーカーに下半身が押し潰されて・・・なんてエグい事を想像したけど、五体満足で死ねただけマシか。カルタの弱さには正直ガッカリだけど、死んで無いから恐らく捕虜かな?井上さんは今回のどの辺に落ち込んだんだろ(ラジオ情報)。鉄華団は軍隊じゃないから扱いはどうなるんだろね。素直に捕まるより絶対何かする事に期待してる。もしくは、マクギリスに無様な姿を見られて発狂とか?


■デュラララ!!×2 結 第32話「虎は死して皮を残す」
セルティの首が戻って来たましたが、当たり前だけど胴体と繋がる訳じゃないんだよね。彼女がデュラハンと言う事をすっかり忘れてた。新羅のセリフからして静雄と臨也のどちかかが死にそうな感じだけど、きっとそうはならないんだろうな。帝人が拳銃をどう扱うか。誰かを怪我させても射殺しても擁護出来ないし、そもそも所持してる時点でアウトだし。そこら辺はどう決着するかな。
OP映像が変わったけどこれが完成版?これまで前線で戦って来た3人以外の第八メンバーもウェアを着て戦うようで。しかし、現場指揮官の山吹さんと船坂さんは指揮車両で指揮するのが仕事だろうに、前に出ていいものなの?犯人のウェアは見た目も動きもパッと見ナイトメアフレームっぽいのは、監督が同じだからか。

犯人には犯罪に手を染めなければい行けない理由があって、それも分からなくもないし、説得する様子も盛り上がったと思う。でも、そのネタが、個人的には興味も知識も無い「鉄」なせいか、あまり共感出来なかったな。レールがどうのこうの言われてもマニアック過ぎるよ・・・。結局、都知事一人が「得」をする形で事件は解決し、対立候補は諸々の責任を負って自殺。先週に続き今週も死人オチ。しかも後味悪いから性質が悪い。

↓58秒辺りから、犯人ウェアに似たナイトメアフレームが出て来ます。
アインはやはり生きてたか。機体は爆発せずコックピットが射出されてたし、前回で戦死したならそういう演出は必要は無いからね。コックピットだけでなく内臓の多くも潰れてたというのが、セリフだけでもエグい・・・。阿頼耶識を処置して目覚めた時、人間の体(てい)を成してる否かが今後の見所か。

ただでさえ厄介なアインが目覚めて三日月以上になったら、まず最初に殺されるのは間違いなくシノだろうな。前回失敗した「復讐」が、2度失敗するのは映像的に面白くないから、次は必ず達せられるだろうね。

にしても、マクギリスがしっかり本職を全うしてるのを見て安心したわ(笑)。蒔苗東護ノ介は祝いには、ヒラメじゃなくて鯛を寄こせ!むしろ本マグロ!!死に物狂いで地球に来たら、目的の人物はただのおじーちゃんになってたよ!・・・酷い!逆転ホームランと聞くと、あずまんが大王の大阪さんを思い出す(笑)

クーデリアは鉄華団に無理はさせられないからと、後は自分のすべき事をしろと言うけど、16歳の少女一人で何が出来る訳でもないから、結局彼らを頼るのは分かり切ってるんだけどね。ビスケットの兄貴は早まったな。クーデリアを確保出来ず、仲間の多くが死亡。状況的に難しいとはいえ、もう少し冷静になっていれば死なずに済んだのにね。

オルガは家族を守る為、将来の為「デカく」出る事に意味があると言うけど、総てを守れる訳もなく戦いが起これば犠牲はつきものだしな。次回で和解はするっぽいけど、ビスケットはパイロットをやるのかね。こんな分かり易いのが、まさか死亡フラグじゃないよね?残り5話でどこまで話が進むかな。麻呂毛とは決着するか?


■デュラララ!!×2 結 第31話「犬猿もただならず」
いやいやいやいやちょっと待て!!いくら静雄が人間離れした人間だからって、屋上から落ちて来たクレーン車を肩で跳ね返すとはあり得ないから!!!しかし、今回の静雄には女だけでなく男でも惚れる程の「男」を見せてくれましたね。人気があるもは納得です。静雄を殺そうとした臨也は永遠に退場して欲しいけど、このアニメは誰かを殺してハッピーエンドみたいな内容じゃないから、最後まで見逃せないな。
監督は数々のロボットアニメに関わって来ただけあって、ロボットの魅せ方、ロボット好きの心のツボの突き方を分かってるなと思った。ロボットのデザイン、動き、演出とか凄く良かったです。主に犯罪が話のメインですが、Aパートの様なちょっと考えさせられる話も良いなって思いました。

夢破れたかつての仲間達が仲間と協力して悪に立ち向かうというのはベタだけど、くどくなかったから素直に楽しめたし。おじーちゃんさっきご飯食べたでしょ的な博士が昔の情熱を取り戻して復活するも、事件解決後に程無く死去。穏やかな死に顔が少しグッと来たな・・・。ちなみに、監督が関わったロボットアニメでは、ガサラキ、ガンXソード、コードギアスが好きです。ガサラキは今もDVD持ってます。

自分の手は血で汚れている。そう思えるのはクーデリアにとって進歩かと。麻呂毛はマクギリスに惚れてたか。ちょこちょこ乙女を出してたのを可愛いと取るかkmt悪いと取るかは人それぞれ!しかし、ライバルが9歳の幼女では、大人なBBAな麻呂毛に勝てる要素は皆無だろ。誰だって可愛い子が好きですしね!

ガエリオと幼馴染だからいう程歳は食ってないんだろうけど。「捻り潰しちゃうぞ❤」とか、顔に似合わず可愛い声出す麻呂毛に、ちょっとグッと来たのはナイショだ。井上さんは17歳だけど、さすがに子供役は厳しいか。2人の会話を見ててますますガエリオが好きになった。敵陣をつっ走るというのはガンダム00のメメントモリ攻略でもあったな。男になりたいからと格好付けるユージンもだけど、少々ギャグっぽくなってたのが残念。

ガエリオとの戦いで、三日月の目が怪しく光ってたのは何かの目覚めの予兆ですかね?ガエリオの子供時代の回想は微笑ましかったけど、それは「フラグ」と確信して嫌な感じはしてたのに、まさかアインが彼のフラグクラッシャーだったとはなぁ。シノを討ち果たすか道連れに死ぬと思ってたら、単独の戦死。血走った目が印象的でした。

明確に死んだ姿は無かったけど、さすがに生きてはいないか。いずれ死ぬにしても、ガエリオが死ぬのは今ここでは無かったという事だね。大気圏突入は、ガンダムの名物であり見せ場でもあるよな。バルバトスには大気圏突入機能は無かったようで。挿入歌がいい感じで場を盛り上げてくれたと思う。19話にしてやっと地球に降り立った・・・。残り放送話数が6話だけど、不確定の1期はどうまとまるかね。


■デュラララ!!×2 結 第30話「乗りかかった舟」
殴って蹴ってるだけならアクションおもしれーで済む話だけど、拳銃を受け取ってた時点で帝人は正式に犯罪者になっちまったな。且つ、驚きもせず平然と世間話を始めたとか、基地外にも程があるわ・・・。
前回に続いて今回も飲み会から始まったね。近未来っぽい設定もあるとはいえ、日本でミサイルというのはイマイチピンと来ないな。第八係は基本負け戦からの大逆転が定番の流れだけど、今回も円が登場するまで見事な負けっぷりだったなぁ。20万負けてるヤツがギャンブルで勝負かよ!と思った(笑)。円が伝説のギャンブラーだったというのを隠す気は無かったとはいえ、もうちょい話に深みが欲しかったかも。

アバンで声は無くとも髪型と色で正体分かったし、まだ5話なのに円が組織内スパイなんていう重たい話をやるワケないしね。ブラフをわざとやってたり、勝利後みんなが円にヘコヘコしてたのは面白かった。ただ、2クールだからまた何かしらやるかもだけど、円の過去が思いの外あっさり終わったのが残念かな。ロゴスは騒動は起こすけど人に危害を加えるのは本意では無いと言われても、何か説得力が無い。でも、別のロゴスに比べれば断然面白いのは変わらないけど。
ガンダムWだったら間違い無く、クーデリアはロームフェラ財団の代表になってたろうな。彼女の言動は毅然として勇敢に思えるけど、個人的には首を傾げて「んん!?!?」という気持ち。フミタンの死もクーデリアの決意も少しばかり急に思えて、今ひとつ共感し辛いのが正直な所。これまで起こった事総てを「責任」という言葉で背負うとしてる感じ。

火星人は人間にあらず。純地球人こそが人間である。スペースノイドVSアースノイド。ナチュラルVSコーディネーターみたいな対立の構図だな。前回のデモ弾圧を憎む事といい、今回のアインの話をしっかり聞いてやる事といい、ガエリオの好感度がウナギ登りですわ。その彼を味噌っかす呼ばわりする麻呂毛の新キャラ来たけど、存在自体が濃過ぎて笑っちゃうな(笑)。部下が全員YESマンの美青年なのは、そういう趣味なのか?

クランクが良い軍人だったのはアインの話から分かったけど、やっぱり死なすのが早過ぎたよなぁ。今回、遂に仮面の男の正体が判明!いやぁ、まさかロリコンのマクギリスがそうだったとは気付かなかったわー(すっとぼけ)。組織改革は恐らく本心だろうけど、クーデリアだけでなく鉄華団すら利用しようとしてるのが怪しさ200%。腹の中黒そう。

クーデリアが三日月の優しさで涙するのは、多分感動するシーンなんだろうけど、気負って失敗して挫折して、そこを優しさで包む方が自然だと思うんだよね。話にぼちぼち残念な所があるな。今回も話に展開があったけど、残り7話ではどうみてもまとまりそうにないし、クーデリアが地球に降りる辺りで一旦終わって、サントラの情報通り、今放送してるのが「1期」で、間を開けて「2期」という流れ?


■デュラララ!!×2 結 第29話「闇に惑う」
デュラララ見てたつもりが何故かスパイダーマンを見ていた(笑)。結では自転車壊されてビビってた子供みたいな臨也を見てみたい。正臣の怪我した右手は何か「露出」してる様に見えたけど、骨じゃないよね?セルティの馬が自転車に変化したのは、個人的に今回一番面白かった。このアニメは総ての決着が大抵エピソードの最後だから、最終回までモヤモヤした気持ちで視聴するのかな。
OP&EDの発売記念のニコ生をタイムシフトで見ましたが、AKINO with bless4のお兄ちゃんはキャラ濃いな(笑)。ハイジャックで爆弾事件はよくあるネタだけど、今回はこれまでより緊張感があって面白かった。あさみは出動出来ない事に不満を露わにしてたけど、ピンチになるとパニックになる人が、爆弾処理や空の活動という不安定な現場で動くのは怖いよなぁ。議員が人身事故で死人が一人で助かったという発言は何気に重いと思う。

颯一郎は別れた彼女た居たか。大雑把な性格も良し悪しだけど細か過ぎる男も大概だよな。釣り銭の2円は自分なら受け取らないかも。勤務中の警察官は飴すら受け取ったら賄賂になるの?現場の2人が反発し合いながらというのは各々の性格を考えれば分かるものの、指揮車両の上官2人にあまり緊張を感じられなかったのが一つ不満かな。ウェア導入に関してちょっと意味深な事があったけど、それはいずれやるんだろうね。