FC2ブログ
アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


2008年もあと僅かですが、今年一年、当ブログをご覧になって下さった皆様。誠にありがとうございました。来年も、アニメやゲームについてまったりだら~っとやって行こうと思いますので、よろしくお願いします!
スポンサーサイト



※長文です。先月末にワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガードをクリアしたのですが、マイナス印象が多過ぎてレビューになりそうになかったのでアップを見送っていました。年末でアニメの感想も無いのでアップします。

率直な感想としては「サブイベントは面白かった」ですかね。都会に憧れる少年が仲間と共に旅をする内に、人々を苦しめる悪の存在を知りそいつらと戦いながら世界の危機を救う、というのは最近のゲームにしては内容がベタだったかな。

■良かった所■
音楽
(西部劇っぽい曲がワイルドアームズの世界観に合っていたかと)
サブイベントが充実
(やりこみ要素が結構たくさんあり、ネットなどを参考にした方が良いと思えるくらいの充実ぶりでした。パズルゲームは一番面白かったかな)
戦闘に戦略性がある
(HEXと呼ばれるマス目には属性が設定されていて、そこを上手く利用することで大ダメージを与えたり、逆にピンチに陥ったりするので緊張感がある戦闘が楽しめた)

■悪かった所■
フルボイスではない
(ボイス有りのイベントがあまりにも少な過ぎること。ほとんどイベントはボイス無し。例えば、四天王の一人、エルヴィスは初登場時と決戦時しかボイスがありません。ラスボスのヴォルスングが世界に宣戦布告をするイベントや撃破後のイベントですら無し。今作がシリーズ10周年作で気合入りまくった物が出来た結果、ボイスを入れる余地が無くなったんですかねぇ)
・ロードが長い
(自分は「テイルズ オブ ジ アビス」で慣れていたので左程気になりませんでしたが、やはりここを指摘するユーザーは多いようですね。戦闘のロードはRPGとしては痛いかなと。ワープすると約10秒ロード。街やダンジョンの出入りにも約10秒。よって、ワープ→街・ダンジョンで約20数秒程待つことに・・・。)
主人公が子供過ぎる
(これが一番ダメポイントだったかな。特に気になったのが、ディーンが、四天王に家族を殺された仲間のグレッグに「復讐なんて何の意味があるんだ!?」みたいなセリフを言うシーンですね。ディーンにグレッグと同等の苦しみがあるならまだしも、そういうのが無いのでまったく説得力が無く、「お前は何様のつもりだ!?」と突っ込みたくなりましたよ。重い過去を持つ34歳に、安っぽい正義感で説得しようとする16歳の子供という感じ。後は、一指し指で鼻を擦ってシャー!シャー!言い過ぎ。)
・ゴーレムの存在意味がまったく無し
(途中からゴーレムという巨大ロボットが手に入るのですが、コイツがまったく役立たず。ゴーレム専用イベントがラスボス後のイベントバトルのみ(勝敗は関係無し)。動きが鈍いので移動手段には使えませんし、何より、戦闘はフルオートなのでプレーヤーは戦闘が終わるまで見てるだけ。唯一ありがたいのは、この間に休憩が取れることくらい・・・)


他にも、LVが上がり易いとかダンジョンが使いまわしが多いとか、レベッカがディーンを意識するシーンがたくさんあったのに結局その辺はあやふやなど・・・。悪い所ばかり目立ちましたが、本編よりサブイベントの方が大いに楽しめました。一週目でコンプできるイベントは全てクリアしましたので。詰まらなくはないけど面白くも無い、そんな印象のゲームですね。
ガンダム好きだしロボットのアクションフィギュアは大好きだけど、「もうオマエには興味の欠片もないぜ」などと思いつつレビューサイトを巡回。そして数分後、注文ボタンをポチっと押して届いたのがSDX 騎士ガンダム(烈伝版)
g1.jpg

興味無いなんて言ってスミマセン。これ凄く出来が良いです!格好良いです!BB戦士や元祖SDガンダムのナイトガンダムを知ってるだけに、感動大です!いろいろポーズを付けて遊んでます(笑)。ケンタウロス形態も再現できるとはさすがです。
g3.jpg
g4.jpg

来年の3月には三種の神器がセットの、原作版のナイトガンダムも発売されるようなので、そちらもチェックかな。サタンガンダムも出して欲しいな~。
SDX 騎士ガンダム(烈伝版)SDX 騎士ガンダム(烈伝版)
(2008/12/20)
不明

商品詳細を見る
■49時間目 ユビキリ
ある朝、リョータは幼稚園の時にチカと「大人になったら結婚する」と約束したことを思い出し、チカは上機嫌で登校。二人が同じ夢を見るなんてそうそうあるわけなく、リョータは「結婚」、チカは「リョータのおねしょ」のことを思い出してただけなんですよね。

カズミに、「昔のことを今でも気にしてるの?」とか「ひょっとして今でも?」と聞かれて肯定するリョータのずれた会話は、オチを知ってるだけに面白かったな~。物の弾みでカズミを押し倒すのはOVAと一緒だね。あと、アイキャッチの大人のチカは魔性の色気を感じました(笑)。これが将来のリョータの嫁ですか・・・。

お互いの話がずれてることに気付いて元気無くしてたリョータにチカが、「おねしょする人とは結婚しないの」と言われて、「もう治った」と返すのは、暗に結婚OKと言ってる様なものだよね。「もっと格好良い男になりなさい!」と言うのも、「私好みなれ」とも取れるし。お熱いですな(笑)。最後は転びそうになったチカを格好良くフォローし仲良く下校しておわり。

EDは5の2の風景と共に。乳歯を抜くのに、カズミに指を甘噛みされるリョータはチカのパンチを貰いつつも「ちょっと見直してたのにな~」と言われたり。他愛も無い約束でこうもケンカできる二人って、本当に仲が良いんだね。幼馴染なんて羨ましくなんてないゾ・・・。


放送前は作画で評価を落としていたTVシリーズでしたが、始まってみれば割と好評価でほのぼの感が良く表現されていたと思う。OVAとは違った良さがあるけど、見終えてみれば絵やキャスト、本編の雰囲気はTVシリーズの方が好みかな。OPとEDの歌も明るくテンポの良い曲でお気に入りでした。原作のストックを考えると二期は難しいだろうけど、オリジナル展開で続編が見たいですね。
ニセモノニセモノ
(2008/11/05)
Friends

商品詳細を見る
本編以外でも何かと話題が絶えなかったかんなぎですが、なかなか面白かったです。ざんげちゃんはCDデビューだそうですが、歌上手過ぎです(笑)。しりげやの歌と共にぜひCD化を!

終盤の三話は原作通りらししですが、それまではパロディーやギャグ、自虐ネタなどで笑いを取っていただけに、急にシリアスをするものだから最後の方は失速気味と思われても仕方ないのかな。なぎが居なくなったことで、つぐみに八つ当たりする仁は多くの視聴者を敵に回したと思うのナ!

なぎも良いけど、中盤辺りからつぐみの好感度はうなぎのぼりでしたよ(笑)。なぎはファンクラブによって発見。街をあるくだけで居場所がネットに書き込まれるって、怖いな・・・。仁と再会した時の、ぐしゃぐしゃ顔のなぎに不覚にも可愛さを感じちゃったよ。神様だって泣くけば出る汁だってありますよね(笑)

なぎのぐらまーな胸や良いオシリうが見れて満足です。最後はつぎみが美味しいところを持って行っちゃったけど、結局仁との仲が進展するわけでもなく終わったのが残念かな。いろいろと分ってない事もあるし、ここは二期を期待したいな。
宇宙仕様といっても所詮旧式。「性能が違い過ぎます!」って、地上の基地襲撃で何も学ばなかったのか?。前回、リボンズに引っ叩かれた王留美が何やらご立腹でしたが、彼には敵ながらよくぞやってくれたと言ってやりたいな。彼女は二期になって可愛いとか綺麗とかより、「汚い」よね。

ネーナには会話を盗聴され、留美に関するデータもどこかに送られていたようだし、確実に破滅へのフラグは進行中みたいですね。ついでに、メメントモリの情報があまりにも正確なものだから、アレルヤには怪しまれてるし。いずれ裏の行動がバレるのかな?

刹那の単機特攻はトレミーに目を向けさせない為のオトリだったんですね。相変わらずスメラギさんの作戦は強引だな。酒は・・・飲んでないよね?

メメントモリの攻撃でトレミーが沈んだか!?というシーンでほくそえむ王留美を見てると、こいつは悪女だなって思った。トレミーを沈める為に正確な情報を送って、スメラギさんならこういう作戦を練ると分ってたのかも。

ティエリアとニールの協力による一点集中攻撃はスピード感とか緊張感があってハラハラしたね。スメラギさんが、「どんな手段を使っても目標を撃破する」とか言うもんだから、トレミーやクルーもろ共心中するんじゃないかと、こっちの方はヒヤヒヤものでしたけど(汗)。あれを作戦と呼んで良いのやら・・・。

ニールの「狙い撃つぜ!」は格好良かった!ガンダムマイスターの真髄もしかと見せてもらった!作戦が成功し、アロウズのアーバ・リントはメメントモリの残骸に当たって情けない声を上げながら戦死。ヒリングはMSがやられだけで無事。ネーナの乗る機体はMAっぽい形状だけど、MSに変形して実はガンダムでした!とかありそう。留美に仕返しするにも、MSが無いと話にならないだろうから。

次週は特別編。たぶん総集編だと思うけど、TVKでは1月1日にファーストガンダムの劇場版三部作が一挙放送されるので、こちらを見た方が良い暇つぶしになるんじゃないかな。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)
(2009/02/20)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る
■天体戦士サンレッド FIGHT.13
OP映像シュール過ぎるって(笑)。普通の恋人同士なら注意出来そうなことでも、それが出来ないのがサンレッド。ヒモの身分じゃ文句は言えないもんな(笑)。かよ子のことをサンレッド以上に知ってる、フロシャイムの天井裏の怪人。ヤツな何者なんだよw

■地獄少女 三鼎 第13話「六文燈籠」
最後は衝撃の展開でしたね。秋恵がまさかの地獄送り。しかも親友のゆずきの目の前で。家庭教師の真山梓は、秋恵の父親に恨みを抱いていてそれを晴らす為に近付き、彼女を暴漢に襲わせるようとして失敗。父親を地獄送りにするのも失敗。あいとの契約は不履行のまま、今回は誰も地獄に送られないのかと思ったら、秋恵が・・・。

彼女は物語の傍観者的立場かと思っていただけに、予想外の最期でした。秋恵が、父親が梓を捕まえようとしたのを止めなければ、もう少し長生き出来ただろうにね。保健の先生も意味深な感じで、地獄の門が見えていたのが単に霊感が強いのか、それとも地獄側の存在なのか気になるところ。秋恵に代わる新キャラ登場で、ゆずきからあいが分離してそれぞれの今後の行動が楽しみですね。

■鉄のラインバレル #13「黒の執行者」
玲二によるJUDAへのクーデータとは急な展開でしたが、見逃してたのかもしれないけど、そういう伏線がどこかに張られてたのかな?。石神社長は玲二の銃で頭を撃ち抜かれてたけど、一命を取り留めそうな感じ。至近距離で撃たれても、あの性格だから何事もなく復活しそうだね。後遺症も無しだったら、奇跡以上の奇跡で助かったことになるけど・・・。

頭冒、浩一と理沙子のことは、絵美に浩一を強く意識させる伏線だったのは上手見せ方ですね。絵美もファクターでありラインバレルを操れるけど、可動時間に難ありというわけね。浩一が動かすより格好良かったんだけど(笑)。シャワーシーンやお笑い、シリアスありと、久しぶりに満足の内容だったので面白かったです。次週は休みですが、再来週が待ち遠しいですね。

■テイルズ オブ ジ アビス #13「開戦」
今回はナタリアの出生の秘密が明らかになり、彼女は使用人だったシルヴィアの娘であり、本名はメリルと判明。それじゃ父親は誰なのさ?に関しては、原作を知らない人でもさすがに察しがついてるんじゃないかな。次週はガイが女性嫌いになった理由が分かるようですが、彼の過去も中々重たいんです・・・。
前回からの続き。冬季の間、工事現場で働くことに決めたミナライは、自分に出来ることを探すため全力ダッシュ中!

次なる現場を求めて履歴書を書くことに。まず「長所」。うどん、ラーメン、餅きんちゃく・・・。長所=長いモノだもんな~って、オイ!違うだろ(笑)。現場が決まった報告を受けたオヤカタは嬉しそうだね。オジョウはミナライの為に腹巻作ってくれたし、みんなミナライが大好きなんだよね。

全力工務店からのせんべつを胸に住んでいた家にも別れを告げ、着いた新しい現場は総力工務店。モットーは「空気を読んで仕事します」。コワモテなヒトばかりだったけど、全力工務店で培った仕事ぶりとソウチョウ仕込みのあいさつで直ぐに馴染めて良かった。苦労は買ってでもしろってことのお手本ですな。

一ヶ月後には、仕事ではなく弁当を食う速さで人気者(笑)。全力工務店を離れて分ったことは、以前は一人ぼっちだったけど気が付けば回りは仲間でいっぱい。苦楽を共にした日々は大切なことだということ。そう思えるくらい成長したんだな~。

全力工務店の仲間のことを思うと心が温かくなるのも分るよ。今は離れ離れだけど、春が来れば再び一緒に働けるわけだし、今はせんべつのお守りの中にある仲間の写真と寄せ書きを糧に頑張ることを誓ったミナライは、声高らかに「ヨロシクぶっちぎり!」を叫びこれからも全力!!!


一年見続けてきた全力ウサギが終わるのは寂しいですね。一話十二分と短いながらも笑いあり涙ありといろいろなストーリーがあり、最後は大きな感動もあってとても満足でした。またアニメ化されることを期待したいです。今回で最終回ですが、TVKではリピート放送してますし(現在36話)、次回から一話からの再放送も開始されますので興味のある方はぜひどうぞ。

全力ウサギ (メディアファクトリーのキャラクターブック)全力ウサギ (メディアファクトリーのキャラクターブック)
(2006/05/19)
イケダ ケイ

商品詳細を見る
月音を止めに来た心愛は、つららの縞パンアタックで退場(笑)。「つららちゃんと呼んで」とか、ちょっとは歳を考えて自重して下さい。みぞれパパは雪男の着ぐるみじゃないと戦えないの?。紫ママの必殺攻撃も樽でしたが、この親子は樽に思い入れでもあるんですかね。

アゲハの月音の頭を胸で挟んだのが、防寒の耳当てに見えたよ。ずいぶん暖かそうでしたが(笑)。パンツは赤と黒のアダルティーな色でした。モカのことを気にしつつも月音を送り出す胡夢は、BGMの歌もマッチしてちょっと切なかったな。最終回ということで?パンツガードは無し!

ロザリオを作った大妖怪というのはモカと心愛の父親であり、表モカの人格は父親が仕立てたモノでしたと。バトルではモカに貰った力で覚醒してたけど、ナゼに上半身裸?脱ぐ必然性が分りません(笑)

バトルは鼻から勝敗は関係無く、月音のモカへの本気を試してたってことみたい。結構強かったし、モカをモノにするには高い壁だね。表を取り戻して裏を封印したら、どちらも本物のモカだ!というのをどう示すつもりなんだろ。「今は誰も選べない」と、誰を恋人にするかも先送り。アニメ的には三期とかに繋げやすい答えだけどさ。

裏モカの「カプチュー」が棒過ぎて全然萌えませんでしたが(笑)。表モカに戻って、裏モカに嫉妬して拗ねるモカが可愛かったな。一連の騒動は心愛が原因ということで、父親にバシバシ叩かれて真っ赤に腫れてパンツが食い込んだオシリが妙にエロかった・・・。

最後はレギュラーキャラ総登場のドタバタで締めて終り。二期は一期以上に見応えがあったね。特にパンツ(笑)月音が答えを出さなかった裏モカとの話を中心に三期も出来そうだし、またぜひやって欲しいですね。

ロザリオとバンパイア CAPU2 1 [DVD]ロザリオとバンパイア CAPU2 1 [DVD]
(2008/12/21)
岸尾だいすけ水樹奈々

商品詳細を見る
入学式前日の話。歩巳はソワソワ、冬馬は学校見学時に虎子に借りた髪留めを見つめめ、上下家では鬼百合と狐の様子が。この二人は一二話を見た後だとちょっと見方変わるね。そして虎子はというと、雀と一緒にバス停の野宿!しかも四日目って・・・。

祈には妹いたんだね。さすがに妹は貞子じゃなかったけど、姉の薄ら笑いははタジタジ・・・。独楽には小さな弟と妹がいて、いいお姉ちゃんをしてるようだね。湊兎はネクタイの結び方を間違えて涙目。結び直して涙目。三度目はグチャグチャになって涙目。体は大きいのによく泣く子だ(笑)。潮は実家が酒屋で兄が居ると。

入学式当日。子々はバイの血が騒ぐのか、同級生見て大興奮し、鬼百合を見て鼻血を垂らすな(笑)。歩巳を見て「か~わいぃ~~!」じゃないだろ!

独楽に撮られた「記念写真」が、裏で高値で取引されてる商品だとは写ってるやつらも気が付いてないんだよね。虎子はやっと入学式に気付いてって、遅いよ(笑)。しかも、決意新たな家出は止めよう宣言は早速守らてないし・・・。

虎子と雀は温泉に来て金欠で野宿し学校までヒッチハイク龍姫は母親の車の調子が悪いのと交通渋滞歩巳だけ間に合って。これが、それぞれが出会うまでの一コマであり、ここからあの微妙な第一話に繋がるわけですね(笑)。一度、一コメから順々に見てみたいかも。DVDレンタル始まったら借りてこようかな。


ヒャッコもこの十三話で最終回。放送開始当初から、内容がつまらない、OPとEDが未完成、声優に棒が居る、作画に波がある、雀が空気だとかいろいろ突っ込まれてましたが、個人的にはそこそこ満足でした。周囲の評価はあまり良くないけど何だか気になるアニメで、秋に始まって自分が見てるアニメの中では上位に入れてもいいくらいですね。原作の一巻でも買ってみるか。

ヒャッコ 第1巻 [DVD]ヒャッコ 第1巻 [DVD]
(2009/01/23)
平野綾折笠富美子

商品詳細を見る
■18コメ「一姫二太郎、三虎子」
アポ無しで訪ねてきた虎子を家に泊める潮って、見かけより面倒見が良いんだね。しかし子々のやつ、二人のお泊りが羨ましいからって血の涙を流さなくても良いじゃないか(笑)。一緒に風呂入ったかとか、布団で寝たのかとか一体彼女はナニを気にしてるんだ?

虎子は顔が青ざめるくらい鬼百合が苦手のようだけど、ナゼに彼女の足はキラキラしてるんですか(汗)。虎子に姉が居ると知った時の龍姫のリアクションは驚き過ぎだって。一応お嬢様なんだから、もっとエレガントに驚きましょうよ(笑)

鬼百合との口論で、つい口走った家庭の事で引っ叩かれて、走り去るときのセリフが「ハゲちまえ!」って・・・。高校生らしからぬお言葉ですな。龍姫や歩巳ではなく、冬馬が虎子の後を追うのはちょっと意外だったかな。

■19コメ「虎子故に迷う鬼心」
虎子は父親が再婚した時の連れ子で、再婚相手(鬼百合と狐の母親)と一緒に住む際、父親が虎子の事を伝えてなかったものだから二人して虎子の前で大ゲンカ。それが原因で両親とは冷えた関係になってしまったと。家に帰りたくない訳だ。鬼百合の過保護は、そんな虎子を想いが強くなりすぎたってことか。心配を素直に表せない不器用な人なんだね。

にしても、急に狐から重い家庭の事情を聞かされれば、龍姫も歩巳もどう反応していいか困るよね・・・。落ち込む虎子を真っ先に追いかけて、ぎこちなく慰めようとする冬馬の行動が、前回のお友達アタックの答えなのかな。冬馬って友達思いなんだね。

鬼百合が虎子を優しく許して和解する場面は良かった。虎子を想って、クラスメイトが校門で待ってる場面はちょっとホロッと来たよ。狐が家庭の事情を話したのも、意識しないで出た心配の裏返しだと思う。昔は一緒になってイタズラしたり遊んだりする仲だったようだし。友情・姉妹愛もあって上手くまとまった良い話でした。

ヒャッコ 2(Flex Comix) (Flex Comix)ヒャッコ 2(Flex Comix) (Flex Comix)
(2007/11/12)
カトウ ハルアキ

商品詳細を見る
もやしもんの第七巻を買ってきました。限定版はナノブロック(nano bkock)付属ということで、ちょっとシャレを利かせてるようですね。ブロックで作ったオリゼーと一枚。サイズは菌糸の部分を含めて6センチくらいかな。
my01.jpg
しかしこのオリゼー、作るのが難しかった・・・。説明書は付いてますが、ブロックの配置の微妙な部分が分り辛かったです(汗)。ガンプラのパーフェクトグレードの方がよっぽど簡単だよ!(言い過ぎ)。ダイアブロックのHPに補足があるので、これから作る人はそちらを参照した方が分かりやすいですね。

もやしもん繋がりで、長谷川さんとも一枚。七巻を読んで思ったんだけど、長谷川さんのフィギュアって重要なオプションが付いてないよね。「ムチ」という女王様には必須のものが(笑)
my02.jpg


もやしもん 7  限定版  ~nano~もやしもん 7 限定版 ~nano~
(2008/12/22)
石川 雅之

商品詳細を見る
単なるグロアニメではなく、ストーリーがしっかりしていて最後まで見応えのある内容でした。三話からコメディーチックな内容になったときは正直、「このアニメ、ハズレだったかも」と思ったけど、黄泉と神楽の普通の日常をしっかり描くことで、最後の二人の対決がより大きな意味と感動を呼んだんだと思う。

死んだと思ってた室長と桐が生きてたのは良かったよ。あの室長が地べたを這って助けを請うはずがないし。でも、桐ショックで幼児退行した姿は結構重いな。黄泉との戦いから二年経ってもあの様子では、相当心の傷が深かっただろうね・・・。

それよか、最終話での紀之の変わり様の方がショックですよ。クールなイケメンが占いのチャラ男になってしまうなんて・・・。髪を伸ばした神楽はなかなか可愛いかったね。秋に始まったアニメの中では一番盛り上がったと思う。全十二話を見て満足でしたが、三途河カズヒロとの決着が付かずに終わったので、これはぜひとも第二期やってその辺りを描いて欲しいですね。
■44時間目 ヤキイモ
学校帰り、駄菓子屋の焼き芋のサイズをめぐって駆け引きするチカとメグミとユウキは。そこにリョータたちも加わり、おおっぴらに特大サイズをゲットすることに躊躇する女子三人。女の子が男の子前でデカイ芋を頬張るのは、確かに恥ずかしいよね。そんな中、突如アノ音が炸裂(笑)。誰がしたのか疑心暗鬼のチカたちは、リョータのせいにして一件落着を図った一方、ニンマリ顔のナツミの側で二発目が爆発。発生元はお前か!

■45時間目 コンコン
雪遊びをしようとしたリョータたちは、「雪やコンコン」の「コンコン」に疑問を感じ話し合うことに。ナツミはというとブルマに着替え臨戦態勢。寒いのによく見せてくれた(笑)。みんなが悩む中、カズミがコンコンはコンコが正しいと言って疑問解決し、みんな外で行き遊び。それにしても、コンコンじゃなかったのか・・・。

■46時間目 フクビキ
商店街で福引をするリョータは惨敗。コウジは華麗なテクニックを披露するぜ!と言って惨敗(笑)。そこにメグミとカズミとユウキがやってきて、カズミは四等の洗剤一年分。メグミは二等の特大ケーキ引換券をゲット。良い商品をゲットするに必要なのはテクでも無心でも無欲でもなく、食欲!体重を気にするメグミは赤っ恥(笑)

■47時間目 アマアマ
チョークが食べられるうんぬんで盛り上がるチカたち。チカがリョータに、「今のチョークは安全性と健康面を考えて甘くてカロリーオフなのよ」と騙すとあっさり引っ掛かってパクッ。オイオイ・・・。騙されて、「チカのクッキーよりマシだ!」と言ってしまったことでチカが不機嫌に。女の子の料理は褒めるものだぞ。見ろ、コウジはユウキのクッキーに顔を真っ青に輝かせつつ震えてるじゃないか(笑)

リョータを許す条件としてチカは、「キス」をせがまれ軽く口にキスして仲直り。OVAより短いキスの時間は短かったかな。なかなかこの話が回ってこないから、TVではやらないのかと思ってたよ。でもやっぱりキスはオトナの方が(爆

■48時間目 メリクリ
みんなのクリスマス風景。メグミは、福引で当てたケーキを頬張りつつ体重計を封印。コウジはユウキからプレゼントに顔は引きつり・・・。リョータとチカは部屋で二人きりのプレゼント交換とは、子供にしてはませてるな。


最終回は、リョータとチカが小さい頃に交わした「結婚の約束」の話。OVAより多く時間が取れる分、どう話を膨らませてまとめるか楽しみですね。

今日の5の2“Friends”アルバム今日の5の2“Friends”アルバム
(2009/01/07)
Friends

商品詳細を見る
のらみみ第二期も終了。普通に終わっちゃったので、どのエピソードが良かったか?と聞かれれば答えに悩みますけど(笑)

あえて言えば、たぬきキャラのシガラキさんが、かつてプロゴルフを目指していてたけど力及ばずキャディーになってくさり気味だった女の子にアドバイスする話が良かったかな。セリフは無かったけど、最終話でちょこっとだけ魔女っ子メリィーが登場していたし。

ギャグコメディーも、最終回が近付くにすれてどんよりと重い展開になりがちな中、のらみみは最後までごく普通にこれまで通りの流れで締め。終わった感じがしないかったけど、普通に始まり普通に終わる。これが一番面白いよ。

これは面白い!という話はあまり無い分、安定しただら~んぶりを提供してくれて深く考えずに見れて満足です。三期はどうかな?個人的には期待したいけどねw
ダブルオーライザーでガラッゾとガデッサを撃破。コーラサワーのケルディムを追い詰めた作戦は、他の戦闘のとばっちりで失敗。きっと、彼が戦果を挙げるほど強くなってる時は戦争が終わってる時でしょう(笑)

オーライザーのお陰でイノベーターと互角でしたが、敵の通信が聞けて機体を粒子化出来たりと、もう何でも有りになってきたような・・・。ルイスは沙慈が当初からC・Bの一員と思い込んじゃったし、この誤解を解くには相当厳しい道になりそうだね。何の犠牲もなくってのは無理かな。あるとすればアンドレイが候補?

戦闘が終わって沙慈はヘタレに逆戻り・・・。刹那の「お前が出来ることで戦え」という助言を、穿った考えで捉えて彼を殴りつけたり。ルイスの親族のことは、刹那もトリニティーも同じC・Bという点では「悪」なんだろうけど、何も行動に起こさず文句ばかり垂れるその態度がいい加減鼻に付くんだよね。嫌いになりたくないからあまり失望させないで欲しいな。

マリナ姫もガンダムWのリリーナみたいに、世界中から非難され孤立しても対話を続けるといういうくらい強く前に出ても良いんじゃないかな。そうすればシーリンも協力してくれると思う。

オーライザーでルイスを助けに行こうとした沙慈だけど、カタロン襲撃後のティエリアの言葉が相当利いてたみたいで、同じ過ちを犯す前に脱走を踏み留まったね。「僕たちには(戦争は)関係ない」とか、「戦闘はやりたい奴だけやればいい」という自分だけ被害者発言はうんざりです。

ルイスとの思い出を引きずり過去にすがる沙慈と、彼との思い出の写真を完全消去したルイス。二人の決意の違いが戦場でどの様に交わされるのか気になるところ。次回は「メメントモリ攻略戦」ということでガンダムマイスターの真髄が見られるようです。こちらも大いに楽しみですね。

機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 3機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 3
(2008/12/24)
TVサントラthe brilliant green

商品詳細を見る
一話は正直微妙だったけど、途中からおバカっぷりが面白くて毎回が楽しみだったのに、最終話がまる投げ的ENDだったのには拍子抜けした感じ。あと、三平太の肌の色は慣れなかったです。

エムエムがどうして父親を殺したのか(濡れ衣っぽいけどエムエムが何も話さなかったので不明)、三平太の隠された力が何なのか、イズミとエムエムとの三角関係などがほぼ未解決。そしてエンディングでの新キャラ登場に、ヴァニラが口にした「社長」はどんなヤツなのかetc・・・。分ったことと言えば、エムエムの正体と三島との関係くらい。

謎やら登場キャラが多いから2クールやるかと思ったら1クールでした。原作にのっとって話を作ると、どうしても外せないエピソードがあるだろうし、どっち付かずな締め方は仕方ないかも知れないけど、もろもろの答えが原作を読んでるのが前提に思えて不完全燃焼でした。

せめてもの救いは、最後までサブキャラがおバカやって楽しませてくれたことかな。ネコ耳未亡人の美宇羅は良かったな(笑)。エムエムと三平太の関係は、もう少し進展させて欲しかったかも。二期は期待してないけど、もしあるとすれば最初からフルスロットルで行かないと一期の伏線やら謎が回収できずに終わりそうだね。もう1クールやればある程度話がまとまりそうなんだけどな~。
■地獄少女 三鼎 第12話「真夏のグラフ」
これまでも「おふざけ」はあったけど、今回は悪い意味でくだらなくてつまらない話だったかな。見ててすごく寒かったし。もっと乃村のねちっこくて陰湿な性格でドロドロさせて欲しかったな。嫌味なおっさん、おばさんとか完全に「釣りキャラ」じゃん。

パッと見、乃村がドルアーガの塔のジルに見えたけど、こいつも災難だったね。好きだった子の失恋話を聞かされただけで地獄送り。理由は「乃村に失恋話したのが屈辱だった」。飛び降りジサツを助けてもらっておいてそう来ますか・・・。

で、お仕置きシーンはシリーズ初の実写(笑)。地獄少女の実写化は今回で二度目だけど、そっちの方もまぁまぁ面白かったな。最近は、あいがお仕置きシーンでしか登場しなってたけど、次回はあいに関する話みたいですね。そろそろそちらの話も進展させて欲しいね。

■鉄のラインバレル #12「南海より愛をこめて」
感想が、胸と触手と素っ裸と、野郎の可憐な乙女発言とJUDAの胸の三巨頭がバウンドし過ぎなのと、少年がオトナの階段登っちゃたとか理沙子が浩一とキスして絵美にライバル宣言か?だけになりそうなのでその辺はスルーということで(笑)

ラインバレルはロボット物ではなくて、エッチなラブコメにした方が良いんじゃない?。加藤機関の連中のあのオチャメな所を見てしまうと、彼らを敵として見れなくなっちゃうじゃないか(笑)。ユリアンにオトナにされたイズナが羨ましいなんて、ちっともオモッテマセン。

面白かったけど、地獄少女を見た後だけに今回の乗りの軽い展開に、話がしっかりまとまるか早くも不安になって来たよ。そうならない為にも活躍頼むよ、世界の英雄さん。

■天体戦士サンレッド FIGHT.12
ヴァンプ将軍、意図せずして合コンを盛り上げるとはさすが悪の組織・フロシャイムの幹部(笑)。部下の合コンを横取りしてはイケマセンな。しかし怪人ギョウ、今時小島よしおネタをするっててどうよ・・・。それから、自分も柴犬は好きですよw
大雪の中、全力電気止められ中で布団にくるまりこもりっきりのミナライは、このままじゃいけないということで、家をしばらく空けて雪山をさ迷い、見つけた避難先は閉鎖した工事現場跡でしたと。

工事用具を見て思い出すは、全力工務店の仲間との楽しい思い出ばかり。工務店はミナライにとって「家」みたいなものなんですよね。そこを追い出されたのだから、そら泣きますって。街へ行く子供たちに連れられた近道は断崖絶壁・・・。それ、道じゃないよ(汗)

子供たちの為にトンネルを掘ろうと一人で作業することにしたミナライは、眉を書いて全力パワー全開でいつものミナライキタ~!と思ったら、天井が崩れて生き埋め・・・

何とか光差す方へたどり着き、ツルハシで崩した岩の先にあったのが・・・、オヤカタを始めとする全力工務店の仲間の姿が!。このシーンはヤバかった。見てて本気で泣きそうになったからね。全力ウサギでこんな感動が見られるとは思わなかったな~。ミナライは良い仲間に恵まれたね。

「一人でトンネル掘ろうとするんじゃね!」と、オヤカタからグーパンチをもらったミナライ。ごもっともです。オヤカタには殴られたけど、他の仲間はすごく心配してくれたようですね。

工務店が現場に駆けつけて来られたのはエリートさんの計らいもあったと。工事の事よりミナライの事を本気で心配してくれてたし、彼の机には工務店で撮った写真を飾っていたり。エリートさんって、口では文句ばかり無茶振りばかりだけど、実は情に厚いヒトだったんですね。

ケガをしたミナライは工事には参加できなかったけど、仲間の優しさに触れて、この先仲間と別れるような辛いことがあっても工事の仕事頑張ると決意し、完成したトンネルの前で記念写真を一枚。工事が即日完成とか、トンネルが豪華過ぎというツッコミは無しでお願いします(笑)

次回、感動?の最終回!「その先の全力!」

全力ウサギ【キャラクタ-ブック1巻~3巻+マスコット「ミナライ」】Amazon.co.jp限定セット全力ウサギ【キャラクタ-ブック1巻~3巻+マスコット「ミナライ」】Amazon.co.jp限定セット
(2008/04/30)
イケダケイ

商品詳細を見る
大結界の崩壊はモカがロザリオを外して犠牲になることで修復。崩壊による混乱があっさり片付いたけど、メインはその後の話だから、結界話は引っ張る所じゃないんだろうけど。結界が直った代わりに、表モカがいなくなり裏モカにみんなオドオド。

胡夢たちのチチアタックは見慣れたけど、クールビューティー、裏モカのムネスリスリは妙にイヤらしいんだよね(笑)。月音がモカのいいようにやられるマ○ロにしか見えなかったゾ。裏モカが、表モカが月音にしてたのと同じ事をして構ってもらおうとするのがは可愛らしかったかも。

バカップル時は笑いのネタになってたけど、裏モカの「カプちゅ~」も見てみたかったな。学園の結界はモカのロザリオと同じ物で維持されていて、それが壊されて前回の騒動が起こったと。瑠妃に、その秘密を誰にも話すなと言う理事長がワルっぽく見えたけど、ラスボスとかじゃないだろうな。

そして胡夢たちのママさんたちが、まさかの三度目の登場。三回も出すとは、スタッフにはジュクジョ好きでもいるのか(笑)。アゲハのたまたま来ちゃって」というセリフに、「はしたない!」と突っ込むつららの方がはしたないと思ナ。紫ママ口パクのみでセリフ無し・・・。

表モカに戻す方法が分って学園を後にするシーンで、中森明菜のDESIRE-情熱ーのカバーを流すのは、曲は古いけど場を結構盛り上げるには良い曲だね。月音の行動を阻止するべく心愛もマジモードになって、表と裏のモカとも最終話でどうまとめるか期待したいですね。今回は笑いが少なめで全体的にシリアスだったけど十分楽しめて満足でした。

ロザリオとバンパイア CAPU2 1 [DVD]ロザリオとバンパイア CAPU2 1 [DVD]
(2008/12/21)
岸尾だいすけ水樹奈々

商品詳細を見る
叶一狼の聞く音楽が全て「犬のしっぽ」って。犬好きなのか?。というか、教師が校内で携帯音楽を聞くなよ(笑)。龍姫が、携帯のゲームで遊ぶ虎子と盛り上がってたのはちょっと意外かな。英語の授業が自習となって、叶一狼が代わって体育館で運動することに。

クツが羽上手くはけず棚にぶつかり、物が頭に落ち、階段の段差につまづく湊兎のドジッ子コンボは和みますな~。

チーム別けを下着の色でするとは、子々は良いアイデア出すじゃないか。男子のパンツの色まで把握してるとは、さすが両刃使い(笑)。ちなみに湊兎はウサギ、雀はヒヨコのパンツらしいです。結局、内容はドッジボールで、チームは今朝のご飯は米かパンかで分けることに。

プレイ前のあだ名決めを、龍姫がドラゴンプリンセス。虎子はタイガーキッズ。湊兎はハーバーバニーというのは安直すぎだ(笑)。たまに有名選手の名前でプレイしたりするけど、ドッジボールの有名選手って知らないもんな。

ノーコン虎子のボールが歩巳の顔面に当たって鼻血ボタボタ。知恵はメガネが割れる程強烈なボールを受け死亡。龍姫は鼻血が噴き出すほどのダメージで鼻血ブシュ~!(笑)。祈はデスマッチを恐れて自然ダウン。コート脇に死亡者四人。しかし鼻の穴にティッシュを詰め込む女の子って・・・。最後は雀と叶一狼で一騎打となり、結果は顔面ボコボコで叶一狼の負け!

次回は、12話と13話同日放送の最終回。12話は狐や鬼百合も出てきて、虎子の複雑な家庭の事情が分るみたい。どんな内容か楽しみですね。


藤原さんMCのヒャッコのラジオ(全六回)があるということで聞いてみたけど、面白かったな~。第二回の根谷さん回はグダグダ感一杯だし、第四回は15歳小川真奈と後藤夕貴コンビに対する、44歳藤原さんのアヤシイ雰囲気が堪らなかったです(笑)。興味がある方はぜひどうぞ。

ヒャッコ 1巻 Flex Comixヒャッコ 1巻 Flex Comix
(2007/05/10)
カトウ ハルアキ

商品詳細を見る
■40時間目 ヌキウチ
リョータが教室の寒さにグチる一方、保健室の暖房でぬくぬくなチカたち。そこではユウキによる抜き打ち身体検査が。秋に入って以降久しぶりのお楽しみタイム(笑)。じゃれ合うチカたちを見て、「どんぐりの背比べ」とおっしゃる保健の先生。その通りということで先生も参加をだね(爆)。女子の剥き剥き現場を目撃したリョータは言うまでもなく撃沈。風邪を引いた身なのにあんまりだ・・・。

■41時間目 カモ
学校の帰り校内のプールで一羽の鴨を見つけたチカたち。その鴨の名前は「コバヤシ」byカズミ。コバヤシ帰還作戦がことごとく失敗し意気消沈していると、突然飛び立って大空へ・・・。チカたちの思いが通じたんだな~とちょっと感動していたら、コバヤシが降り立ったのは「アイガモ農場」・・・。

■42時間目 カミガタ
オシャレに無頓着そうなカズミが突然、髪型を変えたことであっと言う間に人気者に。そして、5の2女子に髪型激動期が到来(笑)。ユウキがカズミの可愛さに焦りを感じてたのは、自分が一番だと思ってたからなんだろうね。一週間後、行き過ぎた髪型競争は可愛さを通り越して笑える域に。カズミが髪型を変えたのはアセモ対策だったと。5の2男子のファッションリーダー・コウジもイメチェンで登校するも、既にブームが去り一人笑いもの!

■43時間目 コオリ
寒い冬の朝、水溜りが凍って表面には氷が張り、それを踏んで遊ぶリョータたち。その氷をチカの背中に入れるとは、なかなか悪どいことするな。直ぐにカズミにリベンジされたけど(笑)。学校の帰り、チカが公園で見つけた氷を踏むと靴とくつ下がグショグショ・・・。片足ハイソックスか・・・。文句言いながらもしっかりとチカを負ぶるリョータって優しいんだな。チカも嬉しそうな顔してたな~。

今日の5の2 (ヤングマガジンコミックス)今日の5の2 (ヤングマガジンコミックス)
(2003/11/06)
桜場 コハル

商品詳細を見る
マリナ姫は保母のバイト中。王留美の驚きって、メメントモリの威力なのかリボンズの大胆な行動に対してのどちらだろう。ネーナの気持ちを逆撫でするようなこと言ったり、逆にネーナも留美に完全に従っているわけではないんだね。セルゲイは無事でした。

新兵器のオーライザーのGN粒子が超兵やイノベーターに影響を与えるということは、GNアーチャーを使うアレルヤはちょっとヤバイ?。ラッセの健康が気になるけど、治療しないと先が長くないのが気がかりかな。ティエリアからイノベーターの告白は、あっさり流された感があったね・・・。

アニューがプトレマイオスに残ったのがC・Bの破壊工作なのが、リヴァイヴとの精神通信でもろバレ。もしかしたら本当に味方とか、実はイノベーターでは無いとのでは?思ったけど直ぐに正体判明。あまり引っ張らなかった。今さらだけど、ガンダム00は改造人間とか異能者が多いな

アニューの手引きでC・Bのアジトが見付かって大苦戦。一方的にやられる様は、一期のガンダム鹵獲作戦を思い出したよ。イアンの頼みで出撃する沙慈はちょっと格好良かったな。ダブルオーとオーライザーの合体シーンは久々にゾクッとした!。やっぱ追い込まれてからの大逆転はグッっとくるよ。

ダブルオー・オーライザーがどこまで活躍出来るか見所だけど、せっかく強くなったのだからイノベータの一人くらい倒して欲しいな。Cパートの刹那と沙慈、ルイスの裸はサービスのつもりだろけど、どうしてもヤロウ二人のあの部分に目が行ってしまうw。コラで使われそうな画だ。ルイスの胸の先はDVDとBDでは追加される事を期待(笑)

ダブルオーの声というのは、GN粒子でその場にいる者の声が響きあってのものなのかな。沙慈とルイスがクロスしてお互いを知ってしまって、せっかく格好良かった沙慈が再びヘタレに戻らないか心配ですが。予告でアンドレイにルイス取られそうになってるゾ。最近ブログ表示が重いな・・・。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
(2009/02/20)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る
■鉄のラインバレル #11「SUPER NOVA」
良い最終回でした!。浩一が世界を救って英雄にもなれたしさ(笑)。兵隊の前でライト浴びる彼が何だかお笑いのヒーローに見えたし。あと、どうして骨付き肉を食べるヤツには下品なのが多いだろうね。ま、2話だけの活躍おつかれさん。

道明寺って素性は明かさないのかなと思ったら、案外あっさり正体バラしちゃったね。浩一はさんざん供だガキだのお子ちゃまだの言われてたけど、自分が厨房だと自覚してたんだな。

しかし、女性陣のムネが無駄に揺れてたね。緒川さんは振り向いただけでブルン。理沙子はこたつから立ち上がってと、浩一を迎え行ってブルン。あなた方はどれだけ大きいんですか(笑)。浩一は忘れずに矢島追悼パーティーに顔を出して良かった。

ラインバレルはまだ十分に面白いよ。でも、見てるガンXソードのDVD後だと、浩一の小ささが際立っちゃうな。一概には比べられないけどさ。

■テイルズ オブ ジ アビス #11「雪の降る街」
まだまだ仲間からチクチク言われるルークだけど、あれだけ過保護に育てられれば高慢ちきになっちゃうって。今回はジェイドの罪とディストとの関係が明らかになって、二人の師・ネビリムも出てきましたね。既に故人なので回想のみの登場でしたが、原作では厄介な人でした・・・。

次回の舞台、マルクト帝国では可愛い脇キャラブウサギが登場です(笑)。こいつ関係のイベントがあったな。原作だとここで温泉に入れるんだけど、ストーリーの流れ的に水着姿は難しいか?

■天体戦士サンレッド FIGHT.11
ウサコッツはやっぱ可愛いな~。声がハム太郎だし。というかアニマルソルジャーはぬいぐるみ出せば売れるんじゃないか?。ちょうどウサコッツはぬいぐるみだし、彼自身を貰ってやってもいいぞ(笑)
ある日ミナライが全力で作業をしているとオヤカタから「話がある」と呼び出され、言い渡されたのが、クビ!。オヤカタ曰く、冬の間は大雪で仕事はほとんど無いから、この時期は工務店を一旦解散させてるんだとか。なので、ミナライだけでなくみんなも春まで期間限定の解雇という訳ね。このアニメでリアルなバイトの苦しさを見るとは思わなかったけどね・・・。

突然のことに、さすがのミナライも飯が上手く喉を通らないようで・・・。去年までは路上でダンボール生活だっかたから、その時の辛い記憶が蘇ったみたい。失職期間はオヤカタとソウチョウは雪かきと住宅の修理。エイギョウは本社に戻って仕事。ネエサンは重機のインストラクター。オジョウは鍛冶。ミクロさんは・・・謎!

ミナライはオヤカタが工務店に連れて来た手前、何か仕事をあっせんしてあげてとソウチョウが言ったけど、「自分の人生、自分で考えろ」とオヤカタ。・・・これまでで一番胸に響くお言葉です・・・。

翌日、もう仕事が無いことに気付いて涙のミナライ。見てるこっちが泣けてくるって・・・。レストランのバイトもミスの連発でクビ。完全失職で幻を見たりお金落としたり・・・。見ててイタイな・・・。

二週間後、ミナライの貯蓄残高1万6000円「働きたいのに働けない・・・」のセリフはグサッと来たよ。ストレス性現実逃避オーラ全開。不憫過ぎる(涙)。現実で有り得る事だから笑うに笑えないんだよね。ミナライが工事現場へ行くと、オジョウに見付かり大カミナリ!オジョウなりの愛のムチなんだろうけど、いたたまれないシーンだったな。

そして、誰もいない雪振る公園のジャングルジムで寂しげにたたずむミナライがポツン・・・。

次回、「全力前進!」。全力ウサギも残り二話で終了。最後はミナライに春が来るといいな。

全力ウサギ【キャラクタ-ブック1巻~3巻+マスコット「ミナライ」】Amazon.co.jp限定セット全力ウサギ【キャラクタ-ブック1巻~3巻+マスコット「ミナライ」】Amazon.co.jp限定セット
(2008/04/30)
イケダケイ

商品詳細を見る
響子はTV的には一発キャラっぽい感じだったから再び登場するとは思わなかったな。心愛とぶつかって土産のおはぎとリリスの鏡が入れ替わっちゃったと。陽海学園へはバスに乗らなくても普通に行けるの?。陽海学園が怪しからって、風俗学校は酷いな(笑)。そんな学校あれば喜んで行きま(爆

リリスの鏡がラストへ向けての第一歩ってこみたい。リリスの声が川村さんというのは、重戦機エルガイムで同名キャラを演じたからなんて事は無いよね。・・・また古いネタでスミマセン(汗)

今回もクマさんガードは大活躍でした。部室で月音に覆いかぶさるモカへのダブルクマさんガードがジャマだって・・・。アングルは良い感じなんだけどガードが固すぎだ!。校内ではモカの裏ビデオが出回ってるらしいけど、それは欲しいな(笑)

鏡を覗くと本性むき出しのはずなのに、関係を強要してきたり、やたら服を脱いだりと、本性むき出しどころか普段のまんまじゃないか(笑)。月音の顔に胡夢の「未知のモノ」が当たるくらいだから、DVDでは胡夢のガード解禁は期待出来るかもね。紫の無いムネをもむ姿は何となく泣けます・・・。

響子が学校やモカたちの秘密に驚いてたけど、前回のドタバタで気付けって・・・。バトルがあっさり終わりそうだったけど、鏡の力で表と裏のモカが分離して大苦戦も、起死回生の胡夢発案の目隠しプレイで大逆転。それと、リリスのクマさんガードは要らないだろ。あんなちっこいパンチラ見て誰が喜ぶんだよ(笑)

リリスを封印して一件落着かと思ったら、大結界が崩壊し始め人間界との境が無くなりかけて・・・。分離したことで、表モカが裏モカも月音の事が好きと気付いて、三角関係?を最後でどの様に締めるか楽しみですね。

ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング1ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング1
(2008/10/29)
赤夜萌香(水樹奈々)

商品詳細を見る
今回は風茉莉 冬馬(かざまつり とうま)と何とかして友達になろうとする虎子の話。

虎子がグズッってたのは、冬馬が消しゴム貸してくれなくて、尚且つスキンシップを拒否されたからとか。冬馬へのお友達アタックを「ちょっかい」と言ってる時点で、そら拒否されるわな。

虎子の「変な友達」が気に入らないみたいだけね。バイセクシャル全力恩返し娘とうさつ屋貞子メカフェチというこのメンツなら分るけど、龍姫も変な友達リスト入りかい(笑)。冬馬的には「変なお嬢様」らしいけど、龍姫も虎子と会う前までは普通のお嬢様だったのに・・・。

冬馬は一人で過ごすのが好きだから、他人と接することを避けているらしい。でも、やたら絡んでくる虎子だけは気になっていると。

その理由は、冬馬が入学前の校内見学で迷っていたら偶然虎子と出会い少し打ち解けて、それが迷っていた上園学園への入学を決めるきっかけになったと。入学したら友達になろうとも約束したけど、いざ同じクラスになると、現在のようなはっちゃけ娘だったから戸惑ってるのかな。

結局、虎子と冬馬は友達になれた描かずに終わったのは残念。残り3話(放送は2回)で冬馬との絡みも少ないだろうからしっかり見せて欲しかったね。せっかく、虎子たちと昼飯食べたりして良いムードになりかけてたのに。中盤がまぁ良かっただけに中途半端な終わり方かな。子々と棒パートは挟まず虎子と冬馬に尺を割いた方が良かったかもね。あ、でも子々の活躍は必要ですよ(笑)

一番気になったこと。最新携帯をぶっ壊されたのはふびんだけど、それを生徒の親が作った弁当で許す叶一狼。お前はヒモか(笑)


関係無いけど、とらドラ!の先生、良いキャラしてるな~。男の三十路はどうってことないけど、女性にとっては大きな山場なんだろうな・・・。「だれか私を貰ってください」だって?喜んで(笑)
涙 NAMIDA ナミダ涙 NAMIDA ナミダ
(2008/10/08)
平野綾

商品詳細を見る
■36時間目 アタタメテ
寒さで冷えた体を温めようと、ホッカホカのナツミで暖をとろうとする5の2女子。寒い時はよくやったけど、冷たい手で触られる方は堪ったもんじゃないって。そんな女子のお戯れに文句を言ったリョータは報復として、女子総出で「お触り」されるハメに(笑)。寒さなんてどうってことない!と言ったリョータだけど、カズミの不意なタッチでビビってクラスの笑い者w

■37時間目 メルヘン
各学年、ケガしたり困った時は唾付けたりキスすれば治るという迷信?が流行。左目を痛がリョータにユウキは、「姫がキスすれば治る!」と言い出すからチカは動揺。カズミまで動揺するとは思わなかったな~。目が痛い原因はまつ毛だったけど、あれって少し目に触れただけでも結構痛いんだよね。チカのキスを断固拒否したリョータは、チカの見事なアッパーで沈黙(笑)

■38時間目 メルヘンⅡ
王子リョータは自身に掛けられた呪いを解くため、姫のキスを求めて旅の途中。その呪いとは、「単脚」(笑)。オオカミのユウキや不思議な妖精を仲間にし、同じ短脚の呪いを受けた騎士・コウジと低レベルな試練を乗り越えようやくチカ姫の元へ。キスしようとしたら、リョータの文句に腹を立てたチカにハリセンでフルボッコされ二人の夫婦漫才は大うけ!・・・というカズミの創作童話(笑)

■39時間目 ヒトハ(一葉)
休み時間、校庭の隅で大泣きのナツミ。ユウキの、「あの最後の一枚の葉が落ちたら私は死ぬ」というお約束の話で泣いてたんだとか。リョータが側にあった木を見上げると本当に最後の一枚があって、それ見てナツミが泣き出さないようにしたけど結局見付かり・・・。でも、「最後の一枚まで頑張ってありがとう」と木に言ってナツミは元気なりましたと。

EDは冬バージョンに変更。初めて聞くけど、この曲も誰かのカバー?

今日の5の2 BGM集 音祭り~春夏秋冬~今日の5の2 BGM集 音祭り~春夏秋冬~
(2008/12/10)
TVサントラFriends

商品詳細を見る
16年前の名前は「九条」だったけど、シャツの「S」の文字と服のセンスの悪さが気になったな。年頃の女子がS字のシャツって・・・。それと、16年も経つと出るとこ出ますね(笑)

マリナは現在の戦況を見ても尚、話し合いで戦争解決をしようなんて何を今さらって感じだね。それじゃ現実を見ようとしない沙慈と一緒だって。種の歌姫も最初はそうだったけど最後は力押で平和を得たんだし、そこは見習わないまでも、そういう気持ちで姫も立ち上がって欲しいな。にしても、名探偵コ○ンに戦争回避の方法を尋ねないで下さい(笑)

シーリンは「戦うことを選ぶわ!」とか、なんかフラグ立ちそうで危なっかしいな。ダブルオーと戦ったMSは機体カラーからブシドー?。セリフ無かったけど。GNソードを折られたりとツインドライブも大した性能ではないね。

イアンに妻がいたのは以外だったね。てっきり逃げられて男で一つでミレイナを育てたのかと思った。若す過ぎるとか犯罪だとかアレルヤと沙慈は言いたい放題だけど、歳のことはスメラギさんと姫の前では禁句だからな(笑)。沙慈はマリーとの会話で自分が出来る事への答えが出そうな感じだけど、もうストーリーも半分近いぞ。

アシュー・リターナは性格はともかく雰囲気がイノベーターと似てるし、王留美の紹介という時点で怪しさ200%なんだけど、どうなんだろ。ダブルオーとアリオス用の支援メカのガン・アーチャーとオーライザー。特に初戦以降活躍の無いアリオスには支援メカでの活躍を期待したいな。

コンピュータにアクセスしてたネーナは何かデータを盗んでたとか?。リボンズも巨大レーザーで人間を国ごと焼き払うとはエグイことするな。とばっちりでスミルノフ大佐は安否不明と、裏アレルヤ復活。次回の「ダブルオーの声」というのは、ガンダムが喋り出すか刹那が遂にガンダムになるとか?


★今週のコーラサワー★
1:大佐の部屋に無断で入って1つ目のカミナリをゲット!
2:大佐に新型MSをおねだりして2つ目のカミナリをゲット!

儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)
(2008/11/19)
UVERworld

商品詳細を見る
■鉄のラインバレル #10「OVER DRIVE」
現実がクリスマスシーズンということで、ラインバレルの世界もクリスマスですか。今回もサービスカットがあって良かったんじゃないかな。コメディーやお色気部分は面白いけど、シリアス部分がやや軽く感じるかな。

美海のは大きいとは思ってたけど、緒川さんのが更に大きいのに拍手(笑)。一部残念な方々がいらっしゃったけどね!。せくしーサンタを見ただけで鼻血を出すとは、浩一はまだまだ子供だな。もっと多くのハダカを見て目を慣らすんだw

ストーリー的には大した影響は無かった亡き矢島の存在が、今週と来週で一つにキーとなっているようだけど浩一はパーティーには間に合うのかね?。予告を見て改めて思ったのは、矢島って子供の頃から濃い顔してたんだね。次回も期待!

■テイルズ オブ ジ アビス #10「償いの帰還」
ルークは「変わる!」と言ったけど、変わり過ぎだろ(笑)。ドラ王子がナリを潜めて短髪のお坊ちゃまになっちゃったよ。アクゼリュス崩壊は2000年前の予言に記されてたからって、何千何万の人を助けず律儀に死んでもらうとは、ティアのじいちゃんはキチクだな。崩壊は予言通りだったので結果、ルークの責任ではなかったわけだけど。

今回、ジェイドのルークへの嫌味は彼の決意やら覚悟を試してただけなんだよね。逆に、アニスの嫌味は本当に嫌味なんです(汗)。原作では強いキャラだったようだけど、個人的にはその部分がどうも好きになれなくて一度しか使わなかったですね。ガイはルークを深く信頼してるけど、ルークの家とのあの話はやるかな?

ナタリアはルークが助けに来て一瞬眉をひそめたことを否定したけど、あの表情はそう思われても仕方ないかと。次回はジェイドの罪が明かされる模様。アビスは毎回見るたびに、原作をプレイしたことが思い出されて楽しいですね。次回の舞台、雪の街ケテルブルクのこともよく覚えてるな~。