FC2ブログ
アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


冒頭のパンツが無いってどういうことですか!?。今回は月音にカレーを食べてもらいたいみぞれが奮闘する話。男子が女子のカレーに浮かれまくってたけど、月音の場合はモカの裸エプロンが食べたいんだろ?

カレー話だからって、カレー先生のキャラがインドっぽいのは狙いすぎな気がするけど。声優は氷上さんでしたが、この人の声も先週の保健医に続いて久しぶりに聞いたかも。1期からのニャンコ先生、久川先生、2期になって胡夢・紫の母親、今回のカレー先生と、魅力的なベテランなお姉様方の出演が多いな(笑)

今回はパンツの描写はもとより、こうもりガードと相まってパンツがほとんど映ってなかったね。Aパートはパンツ無いまま終わるんじゃないかと思ったくらい。それはそうと、胡夢と紫は月音に「セイ」を付けさせてナニするつもりなんだか(笑)

瑠妃は最終回まで「いろいろギャグ」を引っ張るつもりなのかな。心愛は今回も出オチキャラかと思ったら、しっかり活躍してましたね・・・、お笑い要員だけど。彼女のパンツはクマさんガードで見えず。パンツを隠してばかりではこのアニメには何も残りませんよ?

A・Bパート間のアイキャッチはカット。心愛はカレー先生のカレーをバカにしたことでカレー妖怪にされてしまったと。モカに会いに来た心愛の姿は、メインキャラというよりサブキャラの扱いだね。ま、始めからメインではなかったのならあれで正解なんだろうけど・・・。

カレー先生は本性現しても微妙だった。もっとどくどくしくても良かったと思うな。衣装はパンツ部分はエロかったけど、頭に乗っけたカレーが残念すぎ(笑)。極上生徒会にこんなカレーキャラが居たな~。みぞれが頑張って作ったカレーを食べて、月音は元に戻ったけどカレーについて語りすぎだw

今回もモカのロザリオが外れて覚醒するシーンはカット。カレー先生は彼女の蹴りでKOしたけど、覚醒してもモカがカレーに侵されいてバンパイアとしての威厳ゼロ。今週は投げやりな終わり方だったかも。視聴者としてはカレーよりパンツを見せて欲しいんだけど、やっぱり規制を掛けられてるのかな。盛り上がりもイマイチ。次回は修学旅行だし、期待できる話だといいね。

ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング(5)白雪みぞれロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング(5)白雪みぞれ
(2008/11/26)
白雪みぞれ(釘宮理恵)

商品詳細を見る
スポンサーサイト



今週はヒャッコが放送休止なので、代わりに今年買った中古ゲーム(パソゲー含む)をリストアップ。評価はA「とても満足!」。B「そこそこ楽しめた」。C「イマイチ・・・」。RPGばっかだ。

■ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア- 1800円 B
■スーパーロボット大戦OG 1300円 A
■英雄伝説 空の軌跡the 3rd 4600円 A
■オーディンスフィア 2800円 C
■グローランサーⅥ プレキャリウスワールド 2800円 C
■アンリミテッド:サガ 1円 B
■ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード 1400円 プレイ中

ヴァルキリープロファイル2は、前作の出来が秀逸だっただけに、どうしても評価は低くなりがちですね。前作にあった戦闘の爽快感はあまり無く、音楽の盛り上がり感も感じられず。エインフェリアはアイテム取得の捨て駒と化し、ストーリーすら無しという劣化ぶり。前作をやり込んだファンには到底受け入れられない内容ですが、慣れてくるとそこそこ楽しめました。

セラフィックゲートは今作でも存在し、10週クリアで咎人の剣をゲット出来ますが、ヴァルキリープロファイル2では10週クリアはかなりのマゾプレイとなっています。1週クリアする毎に敵が強くなり、10週目には敵HPは6倍。ATKは3.6倍になりますが、プレーヤーキャラはL99で成長が止まるのでコンプするならプレイ開始から考えておかないと積むかもしれないですね。自分は1週目で止めました。マゾプレイはSO3で堪能しましたので(笑)

攻略本のスタッフの言葉どおり、エインフェリアはアイテム取得だけのキャラなので全員解放して効率的にステータスアップをしないとセラフィックゲート10週クリアは本気で難しいです。本編ストーリーは前作とは直接繋がりの無い、いわゆる「パラレルワールド」的モノになってます。前作を知っていれば尚更ですが、2単体でも十分楽しめると思います。

スーパーロボット大戦OGは、スパロボファンにとっては満足の行く内容でした。GBAをクリアして話を知っていても、声があり動きまくる戦闘は燃えましたね~。OG1は両ルートクリアしましたが、OG2はキョウスケルートの序盤まで進めて放置してます(笑)。GBAのスパロボDに登場するエクサランスのメンバーが妙に浮いていると思ったのは自分だけ?。とりあえず今年中にOG2をプレイ再開!・・・の予定。

英雄伝説 空の軌跡the 3rdアンリミテッド:サガは以前書いたので割愛。

オーディンスフィアは、ドット絵が綺麗でストーリーの評価も高かったのでプレイしてみました。確かにその通りだな~と思いましたが、肝心のゲーム部分が個人的にダメダメでした。壮大な物語の割りに、攻略ステージは大きく分けて5つだけ。主人公キャラがチャプター毎に変わりますが、マップ・登場キャラ(ザコやボスなど)は使いまわし。主人公が5人いるといっても攻撃方法が変わるだけで、成長のさせ方はみんな一緒で、2人目以降はほとんど作業。攻略サイトを参考にストーリーパネルは全部埋めましたが、難易度ヘルはパス。買った値段の割りにイマイチな内容だったので不満の残るゲームでした。

グローランサーⅥは、良くも悪くもグローランサーらしい内容でした。キャラがポリゴンになっただけで全体的に新鮮味は無し。いまだ中古が品不足気味で値段も3~4千円と高めなのが不思議なくらい(笑)。期待したムービーは、OPを含めて4つ(各キャラのEDを1つと数えて)だけという寂しさ。DVD-ROMで出す必要があったのか?。でもムービークオリティーは高いので、これでアニメを作ったら売れるだろうな(笑)。キャラ的な魅力も無いように思えたけど、唯一話題になるのはB120という爆ならぬ奇乳キャラ、アニータですね。会話では大体両腕を組んでいるのですが、それが重たくて抱えているように見えるんですよ。他の女性キャラと並ぶと、大きさの違いが段違い(笑)。Vは未プレイなので分かりませんが、今作はⅣまではあった好感度上昇によるステータス画面でのデレ顔は無しなので結構萎えましたね・・・。内容はイマイチでしたが、シリーズファンとしては完結するまで地獄まで付き合う覚悟です(笑)。クソゲーとして名高いⅡも買ってみるか???
■13時間目 ミズカケ
ぺったんこのスク水なんて何とも思いませんヨ?。リョータとユウキは水泳後に目を洗うのが苦手のようで、二人して目洗いに苦戦。リョータは彼女をだまして、「水着のオシリに穴が開いてるぞ!」と一言。カメラさん、アップはヤバイって。リョータ、オシリを覗くな(笑)。服に着替えたユウキがプールに落ち彼女はリョータの服で、リョータは罰として海パンで授業。アレ、何で服着てるの?

■14時間目 キセカエ
給食の時間シチューの代わりをしに行ったリョータは、転びそうになった拍子に牛乳パックを押し潰し牛乳をメグミにぶっかけ。その後ユウキが転んで、持っていた白いシチューが自分に降りかかりべチャべチャ。女の子と白いナニか。前の状況を見なければ誤解必死のシーンです(笑)

リョータは謝る為に保健室に行くと、そこには呼び出しで職員室に行く為にユウキとメグミに服を貸したナツミがスヤスヤとおねむ。それを知らないリョータが彼女を起こそうとすると、素っ裸のナツミを目撃(笑)。そこにユウキとメグミが戻ってきて、リョータがユウキを襲おうとしてると勘違いしフルボッコ。良いモノ見たんだから当然の代償だな。

■15時間目 ウエシタ
教室で「上だ!下だ!」と言い争うリョータとナツミ。やり易いだの女の子だからなのとか、口論はますます激しくなるし、カズミもリョータは上が好きとかワイルドだとか、更にベッドとか・・・まぁ、いやらしい!

・・・そういう話ではなく、シャツの襟を持って上から脱ぐリョータと、裾を持って下から脱ぐナツミが言い争っていたと。言葉を選んで発言してくれ(笑)。納得の行かないナツミは、リョータに対抗してシャツを脱ごうとして、それを止めようようとするリョータをユウキが勘違い。ラリアットと足蹴りの嵐でリョータKO。

■16時間目 ダマシウチ
休み時間、リョータとチカが口げんか。コウジは二人の仲を勘ぐって、リョータはチカは単なる幼馴染だと断言。それをチカが廊下で聞いていて、強がって見せつつも不満顔・・・。チカが教室に戻ると、リョータがプールで目を洗わなかったから痒さに擦りつつ一人で宿題。

チカは目が痒くならなくなる方法をしてあげる為、リョータに目を閉じさせ頬を赤らめながら顔を近付け・・・。そこにみんなが帰ってきて、コウジの声にリョータはとっさに頭を動かしチカに頭突き!。リョータはチカの行動に気付かずだけど、事が未遂に終わったチカは文句言いつつもちょっと嬉しそう。


EDが変更。4話毎にカバー曲を流すらしいね。次回は3本立て。原作は全1刊だし、4本ペースだとネタ切れしそうだよね。予告にスク水を上だけはだけたメグミ。どういう状況なんだ(笑)

今日の5の2 (ヤングマガジンコミックス)今日の5の2 (ヤングマガジンコミックス)
(2003/11/06)
桜場 コハル

商品詳細を見る
まさか矢島が逝ってしまうとは・・・。しかも体がバラバラ・・・。せっかく浩一と腹割って本音をさらけ出して理解し合えたのにな。鉄柱が刺さっただけで死ねたらまだ感動はあったろうに、敵アルマの銃撃を直で喰らって、「ア~!・・・」な最期。矢島の腕だけを抱きかかえる浩一には、ちょっとゾクッとしたかも。

初めての犠牲者が子供で、しかもあんな最期を迎えたということね。今後敵・味方のいずれかに退場者が出るときは、矢島みたいな死に方もあると思って良いのかな?。鬱な予感がする・・・。九条さんと絵美は無事にいて欲しい。浩一は・・・、ラインバレルが健在のうちは死にそうにないな。

浩一が力と大きなオモチャを手にして大暴れし、自己中な暴言をしまくって、コイツは誰かがボコボコにしてやった方がいい!と思ったら、ファンが待ち望んだ萌えワードで撃沈。親友の死を経験して、早くオトナになれよ。テイルズのルークの場合はまだ先だけど・・・。

絵美の1話はゴチャゴチャしたキャラデザインだったけど、3、4話を見て少し変わった印象。顔の線が減ってすっきりした感じかな。次回、浩一の開チン(笑)


とらドラ!は2クールらしいけど、4話まで見ても微妙な内容としか言えないんだよな~。OPの曲は良いと思うけどさ。ヒャッコの場合、作画は不安定だけど話は面白いかな。A・Bパートで話を区切ってる分、あまりだらだらせず見えるね。そこら辺を楽しむアニメなんだろうな。
アレルヤやソーマの精神会話はガンダムの伝統なのかな。マリナは相変わらずジャージが良く似合う(笑)。アザディスタンは連邦に参加しなかった事で、世界から孤立したと。聖者マスード・ラフマディが帰還しても国内情勢は変化無しか・・・。

ミレイナの刹那とマリナは恋人?という質問を、二人して即答で否定したのは笑えた。否定しても息ピッタリの反応じゃないか(笑)。ニールがフェルトにキス、してやがりましたな。コイツは逝って良し!だけど、兄と比較されるニールの気持ちは理解できるかな。フェルトがニール厚生に関係する?

今回、ようやく謎のマスクマンが登場。いったいだれなんだろうなー(棒読み)。それにしても、ミスターブシドーという名前はもう少しどうにかならなかったのかね。センス無さ過ぎだって。MSも武士っぽいし、典型的な日本かぶれだな。

マネキンはスメラギさんの戦術から、どうやら彼女と浅からぬ関係にありそう。この二人がいずれ、戦場で女同士の頭脳戦を見せてくれそうだね。

シーリンがマリナの元を去ったのは決して彼女を嫌ってではなく、世界情勢はアザディスタン一国だけの問題ではなくなったと判断したからだろうね。でもマリナを心配する様子から、心はまだ彼女の元にあるみたい。その姫は刹那を国に招こうとしてたけど、沙慈同様、今度は彼女が世界を広く見る立場かな。

その沙慈はイアンのお手伝い。C・Bクルーの過去を聞かせることで、彼にとって何かプラスに働くと良いけど。スメラギさんと酒を飲むアレルヤの目の色は左右違うんだね。今さら気付いた・・・。アロウズの襲撃でトレミーが揺れた時、一瞬スメラギさんの胸も揺れた(笑)

敵の攻撃を逆手に取って戦況を分析する姿は良いですね~。酒を飲んだくれてふて寝してるより断然好み。アレルヤはやっぱりソーマ相手では力を発揮出来そうに無いのか?。アリオスがやられまくってたし、そんなことで「迎えに行く!」という誓いを果たせるか心配・・・。

カタロンのシーリンにマリナを返しちゃって、これで貧乏姫のジャージ姿も見納めか。スメラギさんも復活したけど、パッツンパツンなスーツは替えないで欲しいね。三十路オーバーのヘソ出しのエロスーツは色気の無いガンダムでは貴重だしw

ビリーは復隊したようだけど、その動機がスメラギさんに裏切られた腹いせというのが情けないな。男の嫉妬は醜いだけだ。新型MSを開発するようだけど、それがガンダムだったら面白いね。

儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
(2008/11/19)
UVERworld

商品詳細を見る
冒頭は紫のパンツと胡夢の巨乳が活躍(笑)。胡夢のムネの揺れは尋常じゃないような。あそこだけ別の生き物みたいで少し引くかも。「デカければ良いってもんじゃない!」と紫は言うけど、無いよりあった方がナニかと有利だったり・・・。紫の場合、小さいというより無いという方が正しいか???

モカと月音のラヴラブっぷりはもはやギャグですね。この二人、すっかりバカップルになってるじゃないか(笑)。面白いからもっとバカバカやって欲しいw

ムネにコンプレックスのある紫は、保健医の麻子の力で大人の体になっちゃったと。麻子の中の人の声、久しぶりに聴いたけど今は何してるんだろ?。紫は体だけ大きくなったものだから、クマさんパンツが全開でこんにちは(笑)。あんな格好で校内をうろつかれたら、男だったら振り向かざるを得ないじゃないかw。エロさは当社比200%アップ!

モカとのお風呂シーンはさすがに湯気ガードでしたが、DVDでは確実に取れそうな感じ。コウモリガードがあったけど、胡夢や紫のクマさんパンツなら分かるとして、モカの下着は隠すほど露出もエロも少なかったと思う。パンツを見せられる割合みたいなのが決められてるとか?

瑠妃は今回セリフ無しかと思ったら、身体計測の手伝いで登場。彼女が毎回口にする、「いろいろあったのよ・・・」というのがストーリーの伏線になってる・・・なんて事はないだろうな。一方心愛はというと、すっかり出オチキャラに成り下がってるし(涙)。まさか最後までこんな感じじゃないよね?

バスト測定でヒロインのサイズが分かる!と期待したけど、分かったのは胡夢のB92!だけ。紫が負けたということは彼女のサイズはそれ以下ってことね。三桁は行かなかったようで・・・。それしても、身体計測のシーンはコウモリだらけでほとんど見えませんでしたが!

麻子は紫のコンプレックスを利用して絶望の気持ちを味あわせていたと。捕らわれた紫を助けるモカたちの戦いは、BGMとしてスル~。オマケとはいえ、お決まりのバトルまでカットすることは無いでしょ。その代わり、紫の心理描写を中心に描くことで彼女が精神的に少し成長し最後は上手くまとまったけど。締めのカプチュ~!も紫に取られ、モカ涙目w

ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング4ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング4
(2008/10/29)
仙童紫(こやまきみこ)

商品詳細を見る
ある夜、エイギョウに一通のメールが。相手は彼のばあちゃんからでしたが、変換ミス多すぎというか漢字は全てミス。「原器買い?」、「佐無垢なって」。風邪は引くけど、風は弾かないし(笑)。というかエイギョウ、家に帰ってまでまた始末書書いてたのか・・・。

エイギョウはばあちゃんに普段の自分を偽って様子を伝えてたらしいね。やり手の指揮官(発注ミス多いけど)。職場一の人気者(社内の使い走りとして)。次期社長(出世の道は自分で蹴ったけど)。全て現実と逆じゃないか(笑)。見得張り過ぎ・・・。

ばあちゃんにウソがばれそうになった時、オヤカタは空気を読んで一芝居打つことに。部下思いの出来る上司ですな~。でも今時リーダーを「若大将」と呼ぶのは時代遅れの気がしないでもないけど。

婚約者もいると言ったエイギョウは、代役をべっぴんのネエサンにお願い。口ではイヤイヤ言っても、化粧をバンバンしながら言っていては説得力ありませんて(笑)。ばあちゃんには、ネエサンをマイスィートハニーでフィアンセの見た目の若いと紹介。本音が出たな(笑)

そこにエリートさんがやって来て、またウソがばれそうになったけど、彼をロープで縛り口を塞いで車のトランクに押し込んで、「おつかれした~!」とご挨拶。さすがエリート。自分の役回りは意図せずしっかりこなしてるな(笑)

最後までウソをやり切って、ばあちゃんは満足しながら帰ったけどエイギョウへにメールには、全て分かっていたとか。人生の先輩は簡単には騙せないってことだな。ばあちゃんにとって、エイギョウは時満の馬子!

次回、「全力すごろく!」

全力ウサギ (メディアファクトリーのキャラクターブック)全力ウサギ (メディアファクトリーのキャラクターブック)
(2006/05/19)
イケダ ケイ

商品詳細を見る
■3コメ「鯨飲馬食 虎食」
相変わらずナレーションは息継ぎ下手だな。龍姫は良いトコのお嬢様なのに昼ご飯は学食なんだ。虎子が彼女を友達と思ってるのは、やっぱ美味しい友達だからか?。今回は冒頭から、ギャグではないシーンで作画の崩れがチラホラ・・・。前回より質が落ちてるかと。

混雑してる所で人を後ろに並ばせながら物を買うのは、確かに落ち着かないけどミナトは焦り過ぎだ(笑)。そしてナゼ泣くw。オドオドした所が面白いね。

虎子が歩巳のソバに「大盛り」のコンボカードボタンを押すのは、分かってた展開だけど敢えてそれをやるのが面白かったな~。で、龍姫へのコンボカード発動は案の定阻止してた(笑)。ソフトクリームを舌でちょろっと舐める仕草は、色気の無いヒャッコなのにちょっとキタ・・・

歩巳のソバを大盛りにしておいて、自分も小食だから食えねぇ~とか言ってもお菓子は入るのか。甘いものは別腹ってか?。雀は歩巳が食べ過ぎて脂肪が付いて困るというのは、ムネの脂肪じゃねぇ~って、揉むな!(笑)。龍姫は無いを気にしてるようだけど、小さいのも強力な「武器」ですw

■6コメ「虎は虎連れ」
美術の時間に人物デッサンの話。ミナトとペアを組んだネネが、構図に困ったところでミナトの大きな谷間を見て、「芸術の神降臨!」とか興奮しながら言うな(笑)。ちなみに彼女はバイなので、女の子でも十分イケル口ですw。こういうキャラは好きだな~。

虎子はコマと歩巳と三人でデッサン。でもどうしてセクシーポーズが必要なんだ?。服はだけさせてリボン取って、レフ板使って写真撮影。どこのエロ写真撮影会だ(笑)。コマは写真を売って生計を立ててるらとか(主に男子)。いろいろな用途に使われる歩巳が可哀相だ(笑)

虎子も写真でモテたいらしいけど、行き着く所はおか・・・。そんな虎子に欲情したネネが馬乗りになって大興奮!。ル○ンネタで笑いを誘ったつもりだろうけど、ちょっと外した感があったね。というか、虎子の指の作画はヤバイだろ。あれは崩し過ぎ。

教室の外ではOPを歌ってる人が声優やってたけど、棒ブームは確実に進行中・・・。キャラだけは可愛いけど中が、ね・・・。出番は少なめでお願いします。虎子が龍姫の特徴をよ~く捉えた「鬼の絵」は上手いじゃないか。コマの写真を買ってる客はホクホク顔のネネ。ナニに使うんだか(笑)。1枚300円。10枚売れば3000円。良い商売だw

ヒャッコ 第1巻ヒャッコ 第1巻
(2009/01/23)
平野綾折笠富美子

商品詳細を見る
旅行先で見つけたコイツ。どう見ても北海道で人気の土産物のアイツにしか見えないんだけど・・・。いかにもあやかり商品っぽいけど、まりもっこりオフィシャルブログを見たら公認のキャラだそうです。
mokkori.jpg
ネタとして買っていこうと思ったら売り切れ。だから店の中に逃走中なのねって、違っ(笑)

とらドラ!の第4話に出てきた青髪の女の子が、OPにも出ているキャラだと思ったら別人でした。EDのキャスト見て「あれ?」と思ったよ。二つの顔を使い分けてる小悪魔みたいな娘なら面白そうだけど、声が違うから外れてるね。その辺は来週分かるみたい。
今週は火曜日から旅行中に尽きアニメを見れないので、ヒャッコとロザリオとバンパイアの感想は無し!

・・・とはなりませんが、いつもよりずれ込むと思います(汗)。それにしても、関東圏と違って旅行先の宿には民放がたった二局だけしか入らず、しかも水曜日はアニメが朝から一本も無し・・・。「アニメの地方格差」ってモノを実感しました・・・。

明日帰ります。いつも読んでもらっている方には申し訳ないですが、感想は少し待っていて下さいね。

ネットをうろうろしていたらでこんな漫画を見つけました。姫の特徴をよ~く捕らえた傑作です(笑)

第1話 貧・乏・姫
第2話 ここは三食昼寝付き
ご飯!

どちらも中々の良い出来で、甲乙付け難いな~。でも、これを書いている作者名もサイト名もそのサイトでは紹介されていなかったので、続きは見られないのが残念だったり・・・。誰が書いてるんだろ?。ちなみに一番下は漫画とは無関係だけど、これもイイ!
■9時間目 サコツ
グラビアを見て興奮気味の5の2男子。それで喜べるってのはまだまだ子供ってことだ(笑)。リョータはグラビアの良さはどこか?と突っ込まれ、とっさに鎖骨フェチを告白w。女子は鎖骨の良さが分からず公園で話し合いしてたけど、足フェチだのうなじフェチだの、まだその良さが分からないか~。

公園でリョータと水を飲みに来たユウキがばったり会ってというシーン。ユウキの水飲む絵が、ちょっと萌えを越えていてコメントに困るんだけど(汗)。グラビアアイドルのアイキャッチを見ると、やっぱり鎖骨よりムネだな(爆)

■10時間目 トショシツ
ツバサの付き合いで図書室に来たリョータたち。一方、読みたい本が高い所にあって取れないチカは、リョータに肩車をお願い。スカート・ハイソックス・生の太ももの女の子を肩車・・・。リョータは恵まれ過ぎだ(笑)。チカが騒いで倒れて、気が付くと目の前は布に包まれ真っ暗。パンツを見られた事に気付かないチカはリョータと口論!図書室に響くは二人の夫婦ケンカ・・・。

■11時間目 メクリ
スカートめくりがメインなのに、肝心なモノが見えない不思議な話。「何才までめくってた?」と男子に行くのは、クラスでの立場を危めるアブナイ質問だゾ。リョータはスカートめくりをした事が無いという答えに納得行かないコウジは、リョータと取っ組み合い。その拍子にリョータがイスから子転げ落ち、伝説の技・オーバードライブスカートめくりを達成(笑)。リョータもスカートめくりのステータスをゲット!。副賞はチカとユウキのダブルパンチ。

■12時間目 ジッケン
チカが教室にスカートを忘れ、戻ってみるとコウジがそれを見てお悩み中~。真面目に持ち主を探したコウジはヘナチョコというこということで、今度はリョータにもコウジと同じ実験をしてみることに。スカートに大混乱したリョータはとっさに机に隠してしたけど、そのままTake Outがしてしまえ・・・ってさすがにそれはヤバイか(笑)

チカのおふざけと分かってケンカする二人だけど、仕返しにスカートを履くリョータが分からんですw。翌日、ツバサにも試してみると、彼は宇宙の本に夢中で目の前のスカートに無関心。スカートが宇宙に負けた瞬間(笑)

ニセモノニセモノ
(2008/11/05)
Friends

商品詳細を見る
マリナ姫は刹那たちC・Bと接触したことが原因で連れ去られた訳だね。でも彼女を捕まえても、国が貧乏だから何も得るものはないんじゃない?。取調べ受ける彼女は不幸オーラ出まくりですw

姫の囚人服が貧乏に拍車を掛けてるように見えた・・・。でも似合ってもいた・・・。

リボンズはイノベーターという存在らしいけど、時が経っても成長しないのは人工的に造られた人間とかだったり。スメラギさんは部屋にこもって酒びたりか。寝転がりながらワインの瓶を持ってる姿がちょっと可愛かった(笑)

沙慈は、本当の敵が分かっただろうにまだ彼らとスローネを同じ敵と思ってるのか。沙慈の言う「平和」というのは世界の表面だけを見たものであって、不幸になりたくないと言って我関せずというのはちょっと卑怯かも。ルイスは不幸の中でも行動している訳だし。彼もそろそろ現実に目を向けないと、文句ばかりの「イタイヤツ」になっちゃうな。

そのルイスは失った左手首を義手にしてたようで。4年経って技術が進歩しても細胞破損までは治せなかったか。スメラギさんは、自分の戦術予報が外れてることを自覚してたみたいだけど、それでも彼女を信じてくれるクルー。良いヤツらだ。でもスメラギさんの服は、前期の胸元が開いた物の方が好みかな。後期の服装はおばさんチックだし・・・。それとムネも若干後退した?

ようやくヤル気出してくれたけど、酒飲みながら練ったプランで大丈夫なのか心配でした。部屋に酒専用冷蔵庫あったし(汗)。フェルトがアロウズの捕虜収容所からマリナ姫の名前を発見。後半の全25話でどこまで仲が進むかな。

スメラギさんが練った、プトレマイオス2で収容所に直接乗り込んで海に潜った波で敵をかく乱というのは、ムチャクチャな作戦だ。これもアルコールの力か(笑)。ニールの「狙い撃つぜ!」は本家のセリフじゃいないから燃えないんだよな~。今はカタロンのスパイだけど、いずれ目覚めてくれる?

やっとアレルヤが解放され、戦場に戻るシーンは良いね~。アリオス・ガンダムもよりシャープなデザインになってるし。変形するとイカみたいに細長い格好なるんだよな~。ソーマに言った、「マリー・パーファシー」が彼女の本名であり、今のソーマには別の記憶が植えつけられてるみたい。

今回でガンダムも4機揃い、マリナ姫も救出。スメラギさんも自信を取り戻した模様。4年ぶりに刹那とマリナ姫が再会したわけだけど、彼女が刹那の支えになってくれると良いけどね。次回予告でニールがフェルトにキスしてたゾ。まったく、多方面に波紋を投げかける困ったヤツだ・・・。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)
(2009/02/20)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る
ジュンは昔は陰湿なイジメで昌子を苦しめてたけど、歌手として女優として花開いたことで自らの行いを気付く事ができた、という所までは良い話だったんだけどね。

地獄送りに例外は無いから、昌子に藁人形の糸を解かれちゃいましたね。ま、恨みはそう簡単には消えませんよってことを言いたいんだろうな。このアニメに「救い」は無いですから。

でも昌子は、手切れ金300万を受け取って取引しておきながら糸を解くってのは、それは同情に値しない最低な行動だってこなんだよ。3期目のお仕置きシーンは、もうコントと言っても良いくらい笑えるんだよな~。地獄少女が歌を歌おうとしたら、判定の金がチ~ン。不合格(笑)

次週は思いっ切りBL臭がするんだけど(汗)。男同士でキスして男子生徒が裸で木に縛られて、男に彼女が出来たことで元々の恋人である男子生徒は捨てられてという話?。更にタイトルは「兄貴」。もう狙っているとしか思えないんだよ(笑)。
地上波だと、看板のPLANETARIUMの両一文字が見切れてた・・・。ある日、老朽化したプラネタリウムの解体を任された全力工務店。みんな何かしら思い出があるようで寂しそうな様子。ソウチョウも昔はピュアでデリケートな心でワクワクしたんだとか。・・・時の流れって残酷

お決まりな展開ですが、ミナライはプラネタリウムを知りませんでした(笑)。ソウチョウがハンマーで解体しようとした所に、館長のじいちゃんがやって来て孫に最後の上映を見せたいからと、解体猶予をお願い。工期をごねるエイギョウをパンチで言い聞かせ、オヤカタはOKを(笑)

館長が連れて来た孫は、ゲームしか興味の無い現代っ子でしたと。手に持ってるゲーム機は任○堂のD○だな。横暴な孫を見てソウチョウは、ミナライの頭をゴリゴリ・・・。酷いとばっちりだ(笑)

孫もさすがにプラネタリウムの壮大さに感動して良い雰囲気じゃん?と思ったら、機械が煙だして炎上!続きが見れないと分かる孫はさっさと帰り一人寂しげな館長。このお子ちゃまには教育的指導が必要ダナ。

でもオヤカタが何も策を練っていないはずが無く、天井をぶち抜いて天然のプラネタリウムを制作!と思ったら、夜空に瞬くお星様は無数のミクロさんたちでした(笑)。二人目以降は普段はどこにいらっしゃるんですか???

みんなで星を解説するのは分かるとしてネエサン、弁当座って何なんだ(笑)。館長は嬉しそうだから良かったものの、適当過ぎるw。ウサギ座もやっつけ星座かと思ったら実際にあるみたい。でもブッチギリ座は無いですよね?

即席プラネタリウムに感動する孫を見て、ソウチョウはも昔を思い出したように笑顔。館長も嬉しそうに孫と帰って行きましたとさ・・・。ミナライはアクロバット流れ星をムリヤリやらされて、一人ガクガク震えてましたけど(笑)

次回、「全力ばあちゃん!」。コンピュータおばぁちゃんのお友達?(←古過ぎ)。エリートさんはえ~と、何度目の登場だ?

全力ウサギ【キャラクタ-ブック1巻~3巻+マスコット「ミナライ」】Amazon.co.jp限定セット全力ウサギ【キャラクタ-ブック1巻~3巻+マスコット「ミナライ」】Amazon.co.jp限定セット
(2008/04/30)
イケダケイ

商品詳細を見る
今回は胡夢とみぞれの母親が登場する授業参観の話ですね。いつもの通り冒頭からモカのパンツが見られたのに、どうして心愛のはこうもりガードで隠れてるんだ?。今までもろ見えだったのに。お偉い所からクレームでも来た?。その後は普通に見えてたりするんだけど、隠す基準は何だろ。でもムネタッチは多かった(笑)

みぞれの母親のつららって親も親なら子も子というのか、二人揃ってストーカーですか。娘より親の方が可愛くみえるんだけど(笑)。月音を取られて嫉妬するモカの怒り顔はもはやギャグだね。2期は、ラブコメというよりギャグコメと言う方が合ってるような・・・。

胡夢の母親のアゲハは、胡夢以上にデカメロン(笑)。相当柔らかいらしい(by月音君の体感レポートより)。イタイケな生徒を誘惑する人づま。どんな昼のメロドラマなんですかw

紫の母親はというと・・・、普通。ホント、何も言う事無いくらい普通でした。そしてアゲハのパンツはムラサキ色と。瑠妃はとえいば、チョイ出だけで今回の出番は終了・・・。

アゲハは月音をモノにする為に胡夢に「ヤッチャいなさい!」、ツララはみぞれに「凍らせてしまいなさい!」とけしかけて、月音の操ピンチ(笑)。でも前者はオイシイですな。凍らされた月音を心配する胡夢、ナニ擦ってんですか???

つららとアゲハは陽海学園の同級生で犬猿の仲でしたと。月音を娘のモノにする為にバトル始めて、アゲハは「おっぱいミサイル!」。なんてお下品な攻撃(笑)。月音は覚醒モカの蹴りで吹っ飛んで、アゲハの胸揉んでつららのVゾーンに顔埋めてハァハァ。さすがのモカもタジタジ。

母親二人は今回限りの登場かな。あれだけキャラが濃いと、そうそう登場させる訳には行かないだろうね。メインキャラの立場を取っちゃいそうだし。今回は、お色気と母親役で定評のある本多さんと皆口さんの掛け合いが見れてとても面白かったです。こういうのをハマリ役って言うのかな。

心愛はモカたちの仲間になった翌週なのに、登場は冒頭の少しだけ。瑠妃の時もそうだったけど、新キャラの扱いはちょっと残念なところがありますね。次回は身体計測みたいですが、出番はどれ程あるのかな?。それと、中途半端なパンツガードも掛かったりする?

ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング3ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング3
(2008/10/29)
黒乃胡夢(福圓美里)

商品詳細を見る
■4コメ「前門の虎、校門も虎」
1話で学校探検している間に、勝手に委員を決められていた虎子は、クラスメイトで生徒会会長を目指す安藤子々(ねね)と校門で服装チェックをすることに。

しかし子々は、人の様の服装を見る前に首のふぁっさ~なアクセを着けて登校すんなw。でもスカートを短くしたいという野望には賛同だ(笑)。ぜひこの人に清き一票を。潮(うしお)を注意すればあっさり撃沈。子々って見た目の強気な雰囲気と違って、案外小者だな~。

独楽(こま)を注意すれば食堂年間パスというワイロもらってし・・・。会長候補は既に汚職まみれだな(笑)。湊兎(みなと)は嘗め回すようにチェックしてパス。後で喰うつもりか?

で雀は体操着姿で登校(笑)。しっかりブルマも装備。子々にはスマッシュヒットな姿らしいけど、次の歩巳はスカート捲って中の服装チェックし鼻血ブ~!。百合っ子なのかと思ったら、バイセクシャルをカミングアウト。そっち系はちょっと、ねぇ・・・。

■9コメ「張子の虎」
手を怪我して保健室を捜す虎子と龍姫。保健室って捜して見つけるものじゃないってのは、突っ込んじゃイケナイんだろうな。でも、キレた龍姫は相変わらず面白いキャラだね(笑)。崩れた表情が総じてお気に入りかな。

廊下に現れた、顔がペ○ちゃんでメイド・イン・N△S△のロボットは、ロボット研究会でクラスメイトの涼ヶ崎 知恵が作ったものでしたと。彼女の持つコントローラーが某28号のに似てるからって、正太郎君キター!とか言うな(笑)

大企業E-lectraの説明に話題の米樽PCやア○ボ、歩くヒトが必要なのか分かりませんが、龍姫が社長令嬢と判明。虎子じゃないけど、こういう子にはぜひたかりたいお友達になりたいな(笑)。友達が金持ちなら知恵の就職は安泰かw

虎子もロボットを作って、ロボ虎子発進!・・・似てないけど。それにしてもCGでロボットを表現するとは、そこに力を入れるより他の部分を充実して欲しいけどね!。翌日、今度はロボ雀発進!。担任の叶一狼は血の涙を流して発狂(笑)。そんな雀は廊下で「大気中」。←誤植じゃないですよ。


1話は正直つまらなかったけど、2話、3話は割りと持ち直した印象ですね。個人的には今回も面白かったかな。メインキャラがほぼ出揃って、しかもクセの強そうなキャラばかりで、これからが楽しみな感じです。コメ数が続いていないということは、ストーリーの時間は前後したりするのかな?

涙 NAMIDA ナミダヒャッコED 涙 NAMIDA ナミダ
(2008/10/08)
平野綾

商品詳細を見る
多くのサイトで第1話の感想がもの凄いことになっているので、録画したまま見ていなかった1話、2話をまとめて見てみました。率直な感想は、「すげぇ~!グロッ!ワケ分からん!」ですか。ナニかがゴロン・・・のシーンは「うわぁ~・・・」しか言えませんよ。ちなみに原作は未読。

今秋のアニメでシリアス系はガンダム00とラインバレルしかなくて、考えてみると物足りなさはあるかなと思っていたので(両方とも十分面白いですよ)、喰霊―零―のハードでバイオレンスなアニメは良い刺激でした。

1話の主人公とヒロイン以下、仲間全員死亡ENDには驚いたけど(汗)。ヒロインのナツメなんて首と胴体がサヨウナラしちゃってるし・・・。首落ちシーンをコマ送りで見ても確認できないと思ったら、地上波は修正されてました。こういうグロ系アニメはクレイモア以来で、テレサの斬首のシーンはキツかったけど、喰霊―零―は遙かにその上行っている気がする。

2話も結構緊張感があって面白かったですね。自分が見ているのは地上波なんですが、AT-X版の無修正版の感想を書かれているブログがありましたので、興味ある人がどうぞ。※グロいので耐性無い人は注意!

でも驚いたのが、殺戮のヒロイン・黄泉の声を充てているのが、らき☆すたの日下部みさおを演じていた人だってことかな。あまりにも違う印象の声だから、最初は全く気が付かなかった・・・。
■5時間目 ネコノテ
道で見かけた猫の話で盛り上がるユウキたちだけど、リョータは肉球の良さが分からないらしく、何に例えて伝えるか考えてユウキの「耳たぶ」を触らせることに。みんな、寄ってたかってフニフニ。なるほど、ユウキはそこが弱いのか(笑)。お尻や胸が肉球と同じ感触かは不明・・・。

■6時間目 マケナシ
リョータとナツメが体育倉庫から用具を運ぶ為に入ったら、誤って扉を閉められ暗い中二人っきり。PK対決で負けっぱなしだったリョータはイタズラで仕返しすると、ナツメは怖さの余りリョータのズボンを掴んでパンツオープン。男のパンツなんて見たかないんだが・・・。

怖がるナツメは更にパンツも掴んで・・・。そんなやり取りをしてる中、やっと扉が開いて担任が駆けつけると、パンツ姿のリョータの前部分に、顔をうずめて大泣きするナツメの場面とご対面(笑)。ま、端から見ればリョータがナツメにナニしてる様にしか見えないよな。げんこつ喰らうリョータ。合掌・・・。

■7時間目 ボールアライ
教室で着替え中の5の2女子。メグミのプリンの大きさにクラスメイトは釘付け。注目するほどぷりんぷりんらしい(笑)。何だかイケナイものを見てる感じでしたヨ。そこに、リョータが入って来て着替え所と鉢合わせ。もうね、ヘソが良いアクセント(笑)。リョータは顔がパンパンに腫れるほどフルボッコ。再び合掌w

■8時間目 ヌレギヌ
下校時、メグミがある物が無いと大騒ぎ。そのある物というのが・・・ブルマ。絵のブルマはちょこっとリアル(汗)。クラス中が疑心暗鬼の中リョータが、「そんな物盗んでどうするんだ?」と一言。それを友達に言わせるのか???。ブルマを捜すメグミのスカートをナツメが捲ってターゲット発見。スカート、ブルマ、ヘソの3コンボ達成!ナツメ、GJ!


OVAを見た事のある自分が見ても、やっぱり違和感のある作画ですね。擁護する訳じゃないけど、キャラデザインの変更なんて珍しくないし、割り切って見れればそこそこ面白いかと。むしろTVシリーズデザインの方が子供っぽい感じがするかな。それと、EDはどこかで聴いたことのあるんだけど、サビの部分はすごく聴き覚えがあるな~。

ニセモノニセモノ
(2008/11/05)
Friends

商品詳細を見る
ビリーのヤツ、スメラギさんと2年も同棲してたのか(怒)。でも、刹那が迎えに来たことで、外すのが得意な戦術予報士、スメラギ・李・ノリエガは再び戦場へ。これでまたみんなのスメラギさんに戻って安心(笑)。刹那にいろいろ愚痴ってましたが、彼女ならのんべぇでも全然OKですw

イアンの娘のミレイナが語尾に付ける「~ですぅ」が微妙に気になるんだけどね。ぶりっ子してる訳じゃないんだけどさ。

沙慈はまだ心変わりするのは早いと思うけど、イレイナが渡したハロからルイスを苦しめたガンダムが刹那達ではないことが分かり、「本来の敵」が見えて来た感じ。C・Bから解放されてもアロウズに狙われてるし、彼一人で戦うのも無理あるらこのままC・Bに残ってもいいかと。エクシアはGNドライヴこそ無くなったけど、通常エンジンなら動きそうだし。もしくはシーリンの属する反政府組織・カタロンに入るとか。

そのシーリンも単にマリナに見切りを付けたのではなく、彼女なりに連邦を正す為に動いたんだよね。C・Bと相容れるのは難しいだろうけど、行動目的は同じ方向を向いているようだから、いずれ共闘とかあるのかな。

マリナはアロウズに拉致されてましたが、救出は刹那がしてくれると二人の距離が縮まりそうだし、2期ではその辺をもっと描いて欲しいな。29歳のマリナ姫と20歳の刹那。ちょっと羨ましい・・・。

アロウズとの戦闘は、スメラギさんの戦術プログラムで対応してたけど大丈夫なのかが心配でした。だってほら、あまり当てにはならなし・・・。後は王留美。この子はC・Bのエージェントどころかリボンズにも情報流してるし。こういう黒いキャラは、大抵ろくな最期を迎えないんだけど。

セラヴィーのフェイスバーストモードは今回も使ってましたが、合体はしないみたい。かといってヴァーチェと同じキャストオフでは能がないし。合体とも装甲パージとも違う能力があるようだけど。00ガンダムの発進シーンは盛り上がったな~。やっと主役MSの登場ですからね。「刹那、再びガンダムになる」と予告で言って欲しかった(笑)

ライルのロックオンを見て動揺気味だったフェルトと彼の仲はどうなるのかな?。そのライルはカタロンのスパイのようだし、単純にロックオンのアニキ復活も喜べそうにない雰囲気も・・・。そしてビリーはというと、酒に溺れていたと。ま、2年も同棲してた女性が恩師や仲間を殺した組織の一員だったのだから無理もないね。そのまま飲んだくれて退場・・・なんてのはさすがにないか。

次回はアレルヤ救出。早くアリオスガンダムで活躍する姿を見せ欲しいですね。でも、姫の救出を優先でお願いします。

機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ 特典 トランザムDVD付き機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ 特典 トランザムDVD付き
(2008/10/16)
PlayStation2

商品詳細を見る
発売したら買おうと思っていた、HG 00ガンダムを買って来ました。素組みですが、アンテナの黄色部分だけガンダムマーカーで塗ってます。GNシールド、ビームサーベルの刀身は付属せず、腰のビームサーベルの柄の展開は、位置の差し替えになっています。
DSCN0424.jpg
背中の穴には、まだアニメ本編では登場していませんが、支援メカの「オーライザ」と合体するのがHCM-Proシリーズで分かってますね。
DSCN0425.jpg
組み上げみて感じたのは、「コイツ、動くぞ!」ですか(笑)。実際、ホントに良く動くのでガンダムエクシア以降も、技術って進歩してるんだなと思ったよ。
DSCN0426.jpg
エクシアでは問題だった二の腕パーツの磨耗によるヘタレも、00ガンダムではポリキャップが仕込んであるのでその心配も減っていますし、足首も写真の通り動くのでポーズも決まります。明日は待望の00ガンダム登場なので、活躍が楽しみですね~。
DSCN0427.jpg
このアニメ面白すぎる!。いや~、もう面白くて3回も見直しちゃったよ(笑)。一人で見てるとどうしてもニヤけてしまって困ってしまうなw

こういうシュールなギャグアニメって大好きなんですよね。OPは昔のヒーローチックな曲調で、妙に燃えます。芸人が声優やってるので、正直「どうよ?」と思ったけど、あまり気にならなかったです。

カップラーメンで仲間割れするカーメンマンとメダリオ。オマエら、可愛すぎるゾw。サンレッドの自宅に呼び出されて何されるんだと思ったら、引越しの手伝いという名目のパシリ。それが正義のやることなのかよ(笑)

放送はTVKの他、ニコニコ動画の公式アニメチャンネル、キッズステーションでも放送されいるので、シュールなものが好きな人は一度見るとハマるかもしれないですね(笑)


鉄のラインバレルのOPはALI PROJECTなんだけど、嫌いじゃないけどロボット物には合わない気がするかな?。でもアニメ自体は結構面白くて、ガンダム共々満足!
ある日、エイギョウがカレンダーを見ると、本社指定の健康診断が最終日と分かりビックリ!。ミナライが健康診断を知らないからってソウチョウ、脅かすような言い方は良くないです(笑)。駆け込みで行った全力病院は、今にも崩れそうなオンボロ病院でしたと。

フチョウさんに絶対安静を言われ落ち着かないオヤカタは、ラジカセ持ち出しロック全開!そして大目玉!。ションボリ姿のオヤカタがちょっと可愛かったり(笑)。オジョウとソウチョウはケンカをおっぱじめ、当然フチョウさんのカミナリ!さすがの二人もタジタジ・・・。

売店に行こうとしたけミナライは、診断終了まで絶食を言い渡され撃沈。胃カメラやる時って、朝から何も食えないから冗談抜きでキツイんだよね・・・。ミクロさんはというと、目を開けたままご就寝。まったくナゾなヒトだ。

オジョウがソウチョウにあれくれと言われ渡したのが、尿瓶(笑)。普通さ、女の子が男に尿瓶くれなんて言わないだろw

フチョウさんがピリピリ態度なのは、老朽化した病院をろくに修理が出来ず患者からのクレームが多いからだとか。「修理」という言葉にピーン!と来たオヤカタたちが院内を見て回ると、どこもかしこもボロッボロ。それが気になって、ミナライを除いたみんなは落ち着いて休めず。

そして我慢も限界に達し、工事開始!。ミナライはフチョウさんの監視を任されたけど、患者のお菓子に釣られ、即任務放棄。何という意思の弱さ(笑)。戻った直後、今度は子供に絡まれ再び任務放棄。そしてフチョウさんは見回りへ。監視の意味無し・・・。

言い付け破って修理してた所を、フチョウさんに見付かって大激怒・・・だったけど、直った院内でくつろぐ患者と、満足気なオヤカタたちを見てニッコリ。まったく、良い仕事するな~。

次回、「全力プラネタリウム!」

全力ウサギ  第3工事 全力道草編 (メディアファクトリーのキャラクターブック)全力ウサギ 第3工事 全力道草編 (メディアファクトリーのキャラクターブック)
(2008/04/16)
イケダケイ

商品詳細を見る
前回のEDはやっぱりOPでしたが、みんなノリノリで良く動く面白いOPですね。今回もパンツから始まる良い出だし(笑)。紫はこーもりナレーションしてたとか裏の事情を喋っちゃダメですって。心愛の攻撃喰らって月音が口にした「もっこす、もっこす・・・」というのは、あの邪神モッコス

パンツより心愛が月音の傷口をペロっとする仕草の方がエロいような・・・。瑠妃はレギュラーキャラだけど出演はスポットっぽいね。前回は売店の店員で今回は事務仕事。悶えながらの身の上話は今回もスルー。不憫すぎる・・・。

モカと心愛は小さい頃はケンカばかりしていたらしいけど、オノとか剣を持ち出すのは、ケンカじゃなくて死合いですから。人間界に行ってしまったモカを追いかけて、チェーンソーとか呪いの人形とか鍵爪とか、追いかけられるモカお姉ちゃんは大変だ。

こーもりの2度目の変身は「エスカリボルグ」ですか。後で瑠妃に返すんだよ(笑)。苦戦するモカの前に現れた頼もしい援軍はプリティーウィッチーズ。可愛いよ、胡夢と紫のおバカウィッチーズ!。胡夢のスカートから尻尾がニョキッと出てくるのは良かったな。

瑠妃と銀影が満を持して登場し、ビシッ!と決めてくれると思ったらこの二人、撮影会始めてるし(笑)。銀影ともかく、2期の瑠妃はおバカキャラになってるね。他の4人とは扱いが違うのが気になるけど、面白いから良い・・・のかな?

姉妹対決はモカが降参して終了。心愛は本当はモカが大好きで、自分を置いて人間界に行ってしまった事が寂しかったようで。これまでの騒動は寂しさ・愛情の裏返しだったと。お姉ちゃん想いの感動の終わり方でした。泣けるな~。

・・・というのは笑いのオチで、本当は本気でモカを殺そうとしてた訳ね。さっきまでの感動台無し(笑)。モカの変身シーンは巻き巻きの大幅カット。まだ2話目なのに。心愛も覚醒しやっと本気バトルが!?思ったら、急にラブラブし出してモカに抱き付き!。普段のモカは嫌いだけど覚醒モカは大好きってことね。色々忙しい展開だったな~。モカに蹴られて悦ぶ心愛は、Mなシスコン決定(笑)。EDはモカの裸マントw

ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング1ロザリオとバンパイアCapu2 キャラクターソング1
(2008/10/29)
赤夜萌香(水樹奈々)

商品詳細を見る
1話の眠い展開とは変わって、2話はパロディーを織り交ぜつつ、テンポ良く話が進んで結構面白かったです。OP映像は1話同様、1話の映像を繋げたモノですけど。OPと予告の棒ナレーションは、あれも「味」なんですかね?

今回は龍姫スペシャルと言っていいくらい輝いていました・・・やられ役として(笑)。虎子に意見をスルーされまくりで、冒頭からまじめキャラが崩壊。カゲムゲ4は見てみたいな~。完全に蚊帳の外でげんなり顔の龍姫には受けた。それと、担任の叶一狼は甲斐性ナシと・・・。

部活決めで悩む4人だけど、100以上も部活があればそら迷うわな。その中に「現代視覚文化研究会」には胸の大きなコスプレ好きがいそうだし、黒・白・青・赤魔術研究会はまるで某有名RPGみたいだ(笑)。赤魔術はやっぱり中途半端ですか?

最初の体験入部は野球部なんだけど、気合入りまくりな龍姫の「バッチコ~~~イ!!!」には笑った。やる気満々の彼女に対し、虎子のボールは龍姫の腰にデッドボール。酷い・・・。男子野球部だから硬球だよ、あれ・・・。

テニス部ではエー○をねらえ!のパロディー。嫌よ嫌よと言う割りにノリノリな龍姫は面白いね。気分はすっかりおちょ~婦人ですか(笑)。虎子のグレートタイガーショットは空振りし、ボールの代わりに飛んで来行ったラケットが龍姫の顔にクリーンヒット!。硬球よか痛いだろうな。

バスケットボールではフリースロー対決。ゴリは多分あのバスケマンガだろうけど、勝平のネタは分からなかったですが、元ネタは何だろ?。虎子のプレイを何食わぬ顔で妨害する龍姫の、デフォルメキャラは可愛かったかな。でも最後は、彼女のお腹にボールがヒットして、本日3コンボ達成(笑)

ド○フネタを短く一発入れつつ部活対決を続け、最後はサッカー。龍姫VS虎子の最終バトルはPK戦へ。でもまじめな展開なんてある訳なく、虎子が偶然足を滑らせてファイナルコンボは龍姫にスライディング。どうしたら足が滑るのか教えて頂きたいものだ(笑)。4重苦も味わえば龍姫も壊れるはずだわ。翌日、彼女だけ早々に下校。そりゃそーだ。次も面白ければ続けて感想かこうかな。


■ヒャッコ 第1話 1コメ「虎子相まみえる」

第1話、なんというダンジョン型スクールライフなんだ(笑)。GPS必須というか、無いと行方不明決定な学校ってどんなだよ。いきなり歩巳の迷子で話が始まったって、10年通っている龍姫も澄ました顔して迷子だし。時折くずれた表情をするキャラが面白いね。

冒頭、虎子が窓から飛び降りるシーンでパンツが黒影で見えなかったのはテレ東だから仕方ないか。たぶんDVDでは見られるのかな。でもそヒャッコはそういう色気とは無縁な感じがするけど、この先どうだろう。最後の方、なんでテロ屋のサーシェスが出てるんだ?(笑)

1話をほぼ学校探索で終わったときは、このアニメは漂流教室モノかと思ったよ、ホント(笑)。で、EDの絵はいつ頃完成するんですか?ラフ画のまま行くわけじゃないですよね?。内容は悪くは無いと思うけど、見ていて眠てしいそうになったよ。2話を見るかは微妙な感じ。でも、まだキャラが出揃ってないから切るには早いかな。

一番気になった所は、歩巳と龍姫の中の人の年齢差。ほぼダブルスコ・・・(爆)
ヒャッコ 1巻 Flex Comixヒャッコ 1巻 Flex Comix
(2007/05/10)
カトウ ハルアキ

商品詳細を見る
■鉄のラインバレル #01「クロガネと少年」

ある日少年が、巨大な力を手に入れロボットに乗ることなりそこには謎の美少女が、というよくシチュエーションだけど1話を見る限りは結構面白そうな出来ですね。CGロボットももっさり感や軽過ぎ感も気にならず、迫力のある良いバトルでした。

CGロボと言えば、「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」でショボンな気持ちにり、キャラデザインでは「銀色のオリンシス」で撃沈な作品もあったので、ラインバレルもその辺気にしてたけどその心配は無かったかな。

キャラの顔は少々線が多くてクドイ印象だったけど、悪いとう訳ではないので特に触れることじゃないかな。絵美の裸で鼻血を出す浩一って、初だな(笑)。戦い終わって絵美から、「あなたは既に死んでいます」という発言からどうストーリーが展開するか、大好きなロボット物だけに大いに楽しみですね。予告の、「あなた、最低です!」が噂の萌えワードなんですね(笑)

■のらみみ2 第1話「キャラバス出発進行」、「ちるちるさくら」

OP・EDは1期と同じでしたが、それが良いですよね。特に、OPのゆる~い曲は聴けば聴くほどクセになるような曲ですから。内容は安定した出来で、2期だから何か特別なこともなくほのぼのペースでした。

カッパキャラのカパユキは相変わらず捜索願い出されてるし(笑)。居候先に帰れるのか?。1期で登場したキャラがちょこっと再登場してたけど、ドッタリ君はキモイのであまり出て欲しくないな(笑)。しつこいようですが、魔女っ子メリーをお願いしたい!。そして居候させたいけど、キャラと一緒に居られるのは小学生までなんだよね・・・。

そういう点を考えると、Bパートのエピソードはしんみりでした。勉強漬けの男の子の元に、10年振りに居候先が見付かったのらみみが過ごせたのは、たった1日だけ。それを知らずにのらみみは大ハシャギ。最後は中学校になった男の子と校門でお別れ・・・。期待の1作なので毎回が楽しみです。
1時間目 グラグラ
カズミと居残りすることになったリョータ。OVAにもある話。カズミは唇付近にシャーペンを押し当てカチカチしてっばかり・・・。乳歯が抜けそうで抜けないもどかしさでそうしてるんだけど、みなみけ同様、時折カットインされるリアルが良い味だしてるかと。紙で切った指を女子にはむはむされるのは、結構オイシイ状況だと思うけど(笑)。ま、リョータは子供だから嫌がって当然か。

2時間目 スーパーボール
リョータとコウジが、駄菓子屋で当てたスーパーボールで遊ぶ話。これもOVAと同じ。スーパーボール、子供の頃は流行ってたな~。幾つ失くしたことか・・・。バウンドさせたボールが、たまたま近くにいたチカとユウキのスカートをめくってしまうんだけど、局が局だけにパンチラは無し。やっぱ無理か。

チカはボールを踏んで転んだ拍子に、リョータの金的をオーバードライブシュート!。これはキツイ(笑)。「蹴ったのはたまたまなの!」。スーパーボールだけに、玉とタマを掛けたのか。うまい!

3時間目 ノリノリ
掃除の時間、ほうきをギターに見立てて遊ぶリョータとコウジ。チカが注意して止めさせるかと思ったら、ボーカルを志願し一緒になってノリノリ。一人まじめなカズミも足でリズム取ってノリノリだったというオチ。TVオリジナルの話だけど、ちょっとオチが弱いかと。もうちょいドタバタしても良かったかな。

4時間目 アメフリ
下校時間、傘を忘れたリョータたちがチカたちに傘を借りて下校する話。TVオリジナル。チカとカズミと三人で相合傘して帰るのは、男子にとっては羨ましい状況だよね。傘を掛ける比率で二人にサンドイッチされるリョータだけど、もう一歩何か笑えるオチがあっても良かったかな。ほのぼのさはあったけどね。


OVAを見たことがあるだけに、作画の違いは大きなマイナス要素に感じたかな。ダメという訳じゃないけど、パッと見の印象でキャラの違いが分かりづらいし、インパクトも弱いかと。話もOVAと同タイトルのものは安定した笑いがあるけど、TVオリジナルはオチが弱いかな。ダラッと見るには良いと思うので視聴継続。批判的な出来上がりのアニメですが感想を書こうと思います。あえていばらの道を進んでみようかな~と、ね

今日の5の2 (ヤングマガジンコミックス)今日の5の2 (ヤングマガジンコミックス)
(2003/11/06)
桜場 コハル

商品詳細を見る
■かんなぎ 第一幕 「神籬(ひもろぎ)の娘」

これはまったく視聴候補には入れてなかったんだけど、試しに見てみたら結構面白かったです。1話は「つかみはOK」な内容だったので、ナギと仁の些細なボケツッコミが良く、楽しくかったこともあって飽きずに最後まで見れました。OP映像良い感じw

初対面の仁にいきなり膝蹴りを食らわす神様ってどんなだ(笑)。ナギが某5歳児みたいな顔したのにはちょっと受けた。流されて藍蘭島やら、スケッチブックのように下野さんには、仁みたいヒロインに振り回される役って合ってるな~(褒め言葉ですよ、念のため)

とらドラ!とヒャッコ見るより、かんなぎの方が好みな内容でした。監督がらき☆すたで降板させられた山本寛だけど、普通に面白かったよ。でもさ、地震速報でL字画面になったときはドン引き・・・。テロップでいいじゃん・・・。それと、絶対可憐チルドレンにはサヨウナラしました。前回分は録画したけど結局見ないで消しました。

■ケメコデラックス! 第1話「鋼鉄の花嫁」

これも、かんなぎ同様良い出だしだったかと。内容は良かったけど、それより三平太のオレンジ掛かった肌の色の方が気になって今ひとつ集中出来なかったですね。最初は風邪引いて赤いのかと思ったけど、あれって着色ミスじゃないの?

面白かったけど、同じ雰囲気で狂乱家族日記の件もあるし、もう少し様子見かな。エムエムのぴっちりスーツがエロチックですね(笑)。十分可愛いキャラだよ。しかし、いずみはいくら三平太と幼馴染だからって、男のズボンのチャックを閉めてあげるって、何という羞恥プレイw

EDの曲は歌詞がすごいね。特に出だしのところ。あれじゃ本人が、「親には聞かせられない!」と言うのも納得(笑)。2クールなので、笑いとシリアスのバランスをどう取るか気になるところです。
1stシーズンから1年。やっぱりガンダムは良い!。久々のロボット物だけに、テンション上がるわ~。それと、これから半年はネットでは賞賛とバッシングの嵐だろうな。大作とはそういうもんだよね。

本編の感想としては、1話から良い戦闘が見れて良かったです。まぁ、ほとんどセラヴィーガンダムがオイシイ所を持って行っちゃいましたけど。あの格好からして、コイツもキャストオフするのかね。でも背中にガンダムの顔があるということは、「脱ぐ」ではなく「変形」ですか。来るか!?4体合体(笑)

しかしエクシア、たった5年でアヘッドに苦戦するほどスペックが下がってたって・・・。まるでパソコンみたいなガンダムだな。真打00ガンダムは次回の登場のようで。

前回の戦いから4年経って、みんな大人になったな。一番気になったのがスメラギさんと同居してる男ですか。ベッドで眠たそうにする仕草って・・・、事後なのか?。みんなのスメラギさんに男が出来ちゃったヨ(涙)

新勢力アロウズにルイスが居たのは、ガンダム打倒をエサに引きこまれたとかだったり。薬を飲まないと常態を維持出来ないというのは、強化人間みたいな体になったのかも。失った左手首は再生出来たのか?

セルゲイが疎ソーマに話した「あの件」というのは、養子うんぬんとかかもね。今回は沙慈が痛いヤツに見えたけど、それは刹那たちソレスタル・ビーイングや連邦の面々が新しい道に進んでいるのに、彼だけ戦争に目を向けぬまま、「平和に」暮らしていたからだろうな。刹那への不満を聞けばそう思えてくるし。だからティエリアに「外に目を向けろ!」と言われたんだな。

最後に出てきたロックオン。監督の話を聞いて、「そうだったのか!」とちょっと驚いた。他にはマスクマンことグラハムやら怪しい行動の王留美やら出てきてたけど、コーラ君は出番無し。貧乏姫ことマリナはシーリンが居なくなって大丈夫か?。来週も楽しみですね。

機動戦士ガンダム00 7機動戦士ガンダム00 7
(2008/07/25)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る
■テイルズオブジアビス 第1話「予言(スコア)の世界」

原作ではプレーヤーを「ロード地獄」で血管ピリピリにさせた今作。細かい違いはあるものの、1話はほぼ原作通りの展開でした。ティアの目つきがちょっと鋭過ぎかな?

1話だからまだ、そうでもないけど、主人公のルークはあまりにも世間知らずで、到底同情出来ないもの凄くムカつくヤツです。OPにも映っていたけど、原作通りならルークが髪を短くすることが物語のターニングポイントになり、そこからが盛り上がる展開なんですよね。アニメ版がどう進むかは分かりませんが、髪切りまで見られればアニメの方も楽しめるかと。

プレイしたテイルズシリーズの中でも評価の高いアビスですが、結構面白かったですよ。ティアが行商に渡したペンダントが、重要アイテムとして扱われるかがちょっと気になるところですが、次回はネクロマンサーのジェイド、腹黒アニス、ファイヤ~!なミュウが登場ですね。ティアのツンデレも早くみたいな(笑)

■天体戦士サンレッド

内容があまりにも下らなくバカ過ぎて笑いが止まらないですよ。まさか神奈川県川崎市であんなおバカな戦いが繰り広げられているとは(笑)。しかもサンレッド、正義の味方なのに黒すぎるよ。悪の組織を懲らしめて公園に正座させて、食い損なった牛丼を恐喝まがいに買わせるなんてさ。更にコイツは彼女の「ヒモ」だし(笑)。緩すぎる敵対関係というか、悪党の腰が低すぎるだろ。久々こんな下らなくて笑えるアニメを見た気がする。1度見て切るつもりだったけど、継続視聴決定です(笑)

■地獄少女 三鼎 #1「奪われた少女」

閻魔あいが地獄に流され、輪入道、一目連、骨女の三人も人間世界に紛れ散り散りになって終わった、ホラー物にしては上手くまとめた第2期から、どう3期に繋げてくる気になっていましたけど、あいが戻ってきた理由が語られなかったのは後ほどってことか。気になるな。

きくりは相変わらずやんちゃ少女だけど、あの子は実体がなかったんですね。新キャラの山童が単なる手下ではないだろうけど、見せ場はあると期待したいですね。輪入道は工事現場、一目連はホテル、骨女はBARでママさん。みんな苦労してそうだな。あいがさくらんぼを舐めるシーンがちょっとエロかったり(笑)。ゆずきを寄り代としたのは、現時点ではあいも実体が無いのかも。

今回の地獄送りのターゲットの教師が、メモ帳に何も書いていないのは直ぐに分かったけどね。イタズラ書き程度で内申書を下げるのは無理あるし。本当は生徒思いの教師なんだけど、極端過ぎる接し方が恨みを買い、本当の姿を知らないままあいと契約して、藁人形に糸を解いてしまった逸子は同情できないほど哀れだな。この陰鬱な雰囲気がとても面白かったので、次回も楽しみですね。