FC2ブログ
アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


メタルとは、ヴァーチャル世界に意識を投影するシステムらしいです。だからその中では、脂ぎっしゅなハゲデブオヤジでも、たくさんの女性をはべらせた肌が真っ黒のマッチョマンになれる訳だ。

政府諮問委員会の依頼で、ブレインダウンしたそいつの救出をすることになったハル。その説明の中で、オー○ズ○なんて言葉が出るからちょっと驚いた。ホロンもさらっと口にするし、ミナモに至ってはソウタに「オー○ズ○ってなぁに?」とか聞いてるし。そりゃ~、兄として(男として異性に)は説明し辛いよな(笑)。

一般人の使う風俗メタルでは、快感を得るというメリットはあるものの、突如接続が絶たれると前回のダイバーみたいにブレインダウン(以下BD)する危険があるのがデメリットという事。一度BDしたら電脳世界から意識をサルベージするしか助かる方法は無いと。

ソウタは、電脳化していないがミナモをはハルを支援するのは無理だと言って、それを聞いた彼女がプンプン拗ねてみたり、彼にアッカンベ~をしたりと、ミナモはちょっとした仕草が可愛らしいな~。良い意味で15歳という年齢よりも幼く見えるよね。ハルが彼女をパートナーに選んだのは、ただ側に居て見守ってくれるだけで安らぎを得てダイブできるからなんだろうな。

前回ハルに救出されたアコムがメタル内で見た「エロイ姉ちゃん」とは多分、EDに出ているエロイ姉ちゃんのことだよね。確かにバインバインの立派なメロンだな(笑)。最初はホロンかと思ったけど違うみたい。

久島たちのハゲオヤジ救出の為メタル内を検証中、なぜ男が女性のアバターを使うのかについて。理由は、「女性アバターは、男性のそれより快感が長く持続し、それをダイレクトに男性の精神にフィードバック出来る為。しかもそれにより、通常の3倍の絶頂感を得られるbyホロン。オー○ズ○とか快感とか絶頂とか、なんという言葉責め(笑)。このセリフを言っている時のアフレコ現場を見てみたいな。

女性アバターに翻弄され抱きつかれ、体が侵食されるハル。完全に侵食されると、彼の意識がアバターの物に上書きされ自我を失う大ピンチの所で、三度ミナモの言葉で窮地を脱しハゲオヤジの意識回収に成功し生還。

一方ソウタは、臨死時のエネルギーすら快感に換えるプログラムを提供した輩を取り締り中にピンチを迎えるも、ホロンが駆けつけ犯人逮捕。その際、ホロンが太ももに被弾して流れる液体(オイル?)が、マタから流れるナニの汁みたいでエロかった・・・。政府諮問委員会の男が、「地球の未来はメタルにある」と言うけど、リスクも大きいから果たしてそう成り得るものなのかな?。

「あなたにリアルドライブ!」では用語集のことを紹介してたけど、これってほとんどがモバイルでしか見れないんだよね。安い携帯プランを組んでる自分としては、アクセスばかりしてパケ代がかさむのがネックだな・・・。今回はエロいホロンがナイス活躍でした(笑)。

Always in My HeartAlways in My Heart
(2008/04/16)
LAST ALLIANCE

商品詳細を見る
スポンサーサイト



気が付けばブログの来場者数が5桁万を越えていました!凄いな~。開始当初は1万も行くとは思っていませんでした。1年くらいは掛かりそうだな~、なんて程度で考えていましたよ。

感想が長めでつたない内容ですが、ここまで続けられたのはみな様の支えのお陰です!
ありがたいかぎりです!こんなブログでよろしければ、これからもひいきにしてやって下さいね。

あと、またまた遅れて申し訳ないですが、
9000ジャストを踏まれた方9999のゾロ目を踏まれた方

そして10000ジャストを踏まれた方、おめでとうございます!!!
ジョセフ(XATの呼称はブルー)追跡に躍起のXAT。アマンダは前回の戦闘で、彼にゲルトと同じ「何か」を感じたみたい。ベアトリスは「進行(融合体の増殖?)が遅い」とか、「あの方の希望とは程遠い」と言っていたから、彼女の背後には融合体を生み出せる技術を持つ巨大な組織がある模様。

髪を下ろしたアマンダは印象が変わって結構魅力的だな~。そんな弟思いの彼女でもマレクの悲しみや置かれている状況を上辺しか見ていないようだね。彼がヨハンに渡そうとしていたゲームは「ニトロプラス」ですか。一体どんなサービスシーンがあるゲームなんでしょうね(笑)?で、そのゲームを貸して欲しいと電話してきたヨハンの頬は赤く腫れていたと・・・。

一方、融合体化の疑惑が晴れて開放されたジルも原因不明の容態悪化。ゲルト、ジル、マシューの共通点をアマンダが推測するには、どうやら血液感染するみたい。ジルはマシューの返り血を浴びてたからね。ベアトリスは死体安置所で融合体を目覚めさせ、ジョセフに罠を張っていました。

ブルー追跡の中、アマンダは再びジョセフと遭遇。彼のバイクは日本製みたいですが、この国にはあんな凄いマシンを作る技術があったのか。さすが日本だ(笑)。ジョセフの正体にあと一歩という所で融合体の情報が入り現場を離れてたけど、もっと早く身元確認をしていればな。暗いベンチで一人、彫刻をする男なんて怪しすぎるだろ・・・。

融合体との戦闘は表現は押さえ気味とはいえ、警官の腕が飛びまくったり床に叩きつけられて赤い液体が飛び散ったりしてたね。他は首が転がったり、下半身とおさらばしちゃった死体があったりと、ちょっとエグイかな?アマンダの推測通りで、血液感染するのであれば死体の数=融合体の数ってことになるな。

マレクはいじめっ子の罠で、そいつらの命令に屈した親友のヨハンにフルボッコ状態。彼の目には涙。辛いシーンだね。マレクも憤りを爆発させて、融合体化のレッドゾーン突入?。ジョセフは足元の死体の山を見られ、それを彼がやったものと勘違いされXATと交戦状態に入るも、一切反撃は無し。

そんなジョセフも狙撃を受け負傷。ふと彼女が現場を振り返るとそこには負傷した親子が居たわけですね。狙撃を避ければ彼らの命が、そうでなくても自分の返り血を浴びれば融合体化の危険が。それを考えての無抵抗では?と、彼の行動にアマンダの疑問は深まる一方。アマンダがいずれXATを抜けフラグかな。

ジョセフは強い。だけど人を思う人間的な部分があるし傷つけば倒れる。完璧なヒーローじゃない。前回から彼のそういう所が好きになったかも。フィギュアとか出たら買いそうだな~。結構ノリ気なんですよね。

マレクの自宅には学校からの不登校を心配する電話。それを仕事の忙しさで全く気付かないアマンダ。マレクは傷ついたジョセフと出合い、これが彼のターニングポイントとなるか?そしてラストにゲルト再登場。予告が彼の退場を予想させる言い方だったけど、大丈夫だよね?

ブラスレイター VOL.1ブラスレイター VOL.1
(2008/08/08)
松風雅也、伊藤静 他

商品詳細を見る
冒険の目的はドルアーガ打倒とブルークリスタルロッド入手なんだけど、ナレーションでそれが目的であると固く信じていジルであったと言っていましたが、「実は目的は違うんだぜ!」みたいなネタバレは自重してくれ。実際そうなんだろうけど、ばらすのが早すぎで楽しみが薄れるって・・・。

ニーバたちは順調な進軍。ジルたちは早くも大苦戦。そこで思ったアーメイの素朴な疑問、「塔をまともに登った経験のある者は?」という問いに返って来た答えは・・・。聞かずも分かりますよね?。百戦全敗の集まりのようなパーティーですから(笑)。

早くも全滅フラグが立った所で、アーメイによるドルアーガの塔のレッスンが始まりました。今さら何をしてるんだ、この方々は(笑)?。ジルたちが猛勉強に励んでいたころ頃、他方ではメスキアでギルガメス王暗殺を企てたパズズがモンスターや冒険者を皆殺しにしていたと。ヤツの暗殺騒動はうやむやのままに終わったけど、結局王が死ななかった理由は何だったのかな?

ファティナが泉で出会った女性は、ドルアーガ配下の悪魔・サキュバス。ニーバとは面識があって深い関係があるようだし、ニーバのパーティー編成では登頂出来ないと言ってる辺り、ジルを外した事が後々影響するのっぽいな。一応勇者だし当然か。

クーパの料理、ローパーの触手汁。メルトは吐いたけど、カーヤは平然とウマウマのご様子。電波系少女は食わず嫌いナシか。今の所電波的な様子は無いけど、これから兆候が現れるのかな?。天然系のままで行って欲しいけどな。あの顔で電波は憤りを感じるゼ・・・。

でも、見張りのジルの耳に息を吹きかけたる大胆なことをしたり、登頂の理由が「病気の弟の為」だと嘘かホントか分からない事を言ったりと、まだキャラの読めない部分があるかな。

そんな団らんなお食事シーンを、パズズにしっかりロックオンされてモンスターを送り込まれ、今度はマジで全滅の大ピンチ!ニーバも助太刀するべく急ぐも、ジルの提案でそれを迎え撃ち、見事な連携攻撃で撃破!彼の心配は徒労に終わったけど、まだ最下層なのに一戦であれほどヘトヘトになるようでは、この先大丈夫なのか?

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮
(2008/06/27)
KENN、折笠富美子 他

商品詳細を見る
工事がはかどったご褒美に、エイギョウから超豪華な幕の内弁当が支給され大喜びの工員たち。それよりも、何も無いジャングルみたいな山奥に高層ビルを建てる意味がサッパリ分かりません(笑)。

しかし彼らを狙う妖しい瞳が光り、突如彼らの弁当が消えて行く盗難事件が発生!食い意地の張ったミナライが疑われるも、実は犯人はカンフー修行で山篭りをしていたアチョーさん(ミナライが命名)でした。安直なネーミングだな~。ま、実際「アチョ~!」しか喋ってないけどね(笑)。

何故弁当を盗んだかというと、山篭りは自給自足だと知らなかったそうな・・・。弁当をたらふく食って仕舞いにはハシでハエを掴み、そのままお口へイン!工員たちは何食わぬ様子で仕事へ。誰か突っ込めって!宮本武蔵もハエは食わなかったと思うゾ。

弁当を貰ったお礼に工務店で働き始めたアチョーさん。しかし、鍛えた体で大活躍をするには程遠い、材木を壊したり水道管に穴を開けたりとミナライ以下の使えなさっぷり。そして日は暮れアチョーさんは山に帰って行きました・・・。彼がもたらしたのは、工期の遅れだけでした・・・。

翌日、クレーン車が操縦不能になり吊るしていた鉄筋がビルに当たり、瓦礫がミナライの頭上に!という時、アチョーさんが駆けつけ強力な蹴りでそれを粉砕!ミナライは無事。オヤカタは、彼の能力を認め工務店勤務を持ちかけるも、アチョーさんはカンフー修行の為さようならをしましたとさ。

良かったな、ミナライ。彼が工務店入りすれば、働き初めてそれなり経つのに今だミス連発の自身と、数日で工務店の中核に上り詰めたアチョーさんでは、ミナライの立場が無くなるからね(笑)。でも最近はミナライが活躍する話が少なくなった様な気が・・・。

次回、「全力遺跡!」

全力ウサギ【キャラクタ-ブック1巻~3巻+マスコット「ミナライ」】Amazon.co.jp限定セット全力ウサギ【キャラクタ-ブック1巻~3巻+マスコット「ミナライ」】Amazon.co.jp限定セット
(2008/04/30)
イケダケイ

商品詳細を見る
今日もララの裸体を照らす朝日が眩しすぎるぞ(笑)。裸のララが寝ていても春菜への思いを貫くリトって一途というか、奥手というか・・・。普通の男子なら寝てる間にちょっとはちょっかい出しそうだけど?(←ヘンタイがここにいます!

デビルークの王になると星間戦争をしないとイケナイみたいだけど、王自ら最前線に出るってことは無いんじゃない。だってザスティンがしっかり守ってくれるさ!と思いたいが、ヤツが側に居てもまったく役に立ちそうにないな。せめて悲しみの涙を流すくらいか(笑)。攻めるも死。守るも死。こんな人生嫌すぎるゾ!すき焼き文化が無いデビルーク星になんて行きたくもない(切実

ザスティンは見た目は格好良いけど、食事の席にはちゃっかりオジャマする辺り結構セコイな(笑)。
ララの料理を食すと、赤く綺麗なお花が咲き、白く逝けてる服を着て、立派な船で一方通行の川渡りが出来るみたいです。

リトに料理の下手な娘とは結婚しない!と言われて家を飛び出したララ。女の子の料理は多少味がアレでも良いと思うしあんな言われ様は可愛そうだけど、食事の度に三途の川を渡るのは勘弁だ・・・。

家出はリトの為の食材探しをしていただけだったわけね。料理といえばエプロンということで、コスチュームチェンジで、男なら一度くらいは憧れるであろう裸エプロンに早変わり!え?違うって(笑)?。でもそれがお気に召さないらしく、ララに水着を着させるリト。そうじゃないだろ・・・。

二人を連れ戻しに来た春菜。ララとリトが二人っきりで居る状況より先に、ララの格好を突っ込むべきだろ(笑)。巨大タコ・イカ・エビの怪獣大決戦のシーンではコイツらだけ3Dなんだけど、2Dの作画にはちょっと浮いてる感があるね。3Dは扱いが難しいから。

タコにしっぽを触られてフニャ~となるララですが、前回そうだと面白いな~と書いたけど、ホントにそこが弱かったんですね。やっぱり、しっぽ付きの女子キャラはそうでなくっちゃね(笑)。もっとしっぽネタ見たいけど、原作だとそういう話があるのかな?。助けに入るザスティンも巨大生物の前にまったくの役立たず・・・。一方のララと春菜はタコによるヌメヌメ触手プレイ。春菜の頬が少し赤かったですがマッタクキニナリマセンデシタヨ。ナニかに反応していた?

最後はモンスターのドタバタで学校崩壊で締め。次回はドリルヘアーのタカビー女の子が出てくるようですね。清純派の春菜やせくし~で天真爛漫なララより、そういう娘の方が好みかも。良い活躍を期待!というか予告で全裸でしたので抜かりナシか(笑)。

ToLOVEる ララ・サタリン・デビルーク (1/8スケールPVC塗装済み完成品)ToLOVEる ララ・サタリン・デビルーク (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
(2008/08/25)
不明

商品詳細を見る
OPの裸の映像はインパクトあるよね、ハル爺のだけど・・・。久島の電理研の連行されたハルとミナモ。前回のメタルダイブが法に触れたみたいですが、メタル内の事は説明不足気味だからどういう法に抵触したのか良く分かりませんが。

50年前は未踏の地であった深海へ進出し始めた人類と、50年経っても海が「赤く燃える現象」を予知しか出来ない事に久島は懸念と苛立ちを感じてるようですね。そこで、その先の段階に進む為にもハルの高い潜水能力が必要だから、法に触れたという名目で連れて来たわけだ。

ハルは昔の勘で試験ダイブするも、歳は80を越えた身。80Mまで潜った所で意識がブラックアウトし、度重なるダイブも全てトライ失敗。能力をフルに発揮するには他に要因がありそうだけど、それがミナモなのかな?

しかしなんだ、電理研の書記長は登場シーンがエロ過ぎる!。1話は胸元が開いた服を着てのご登場。今回はベッドに横たわった素っ裸ですか!さすがにタオルを掛けていたから、ストレートな部分は見えませんでしたけどね。それだけでなく、側にはシャワーを浴び終えてバスから戻ってきた男が居たり。どうせナニかした後の朝なんだろ?。あの魅惑のボディーとは裏腹に、書記長も久島みたいにスゴイ歳だったら発狂するゼ!

一方ミナモは、サヤカとユキノのムッチリフレンズとお茶。ユキノはただせさえ、かわムッチリとデ○の微妙な体型なのに、あんなデカイフルーツパフェを食べて大丈夫なのか(笑)。メタル内の事は難しくてややこしい所があるけど、乙女の語らいはほのぼのしてて良いな~。

ハルがダイブを失敗した事を悩むミナモは、その打開策を見つけ彼に伝えた時、ブレインダウン(メタル内にダイバーの意識が溶け込む現象?)を起こしたダイバーの情報が入り、ハルが救出へ向かうことに・・・。

若い姿でダイブをしないのは、それが意識して出来ないからか?前回はミナモの声や風を読む能力と連携してシステム復旧をしたけど、今回はそういったことが無いし。途中、海流に翻弄されるもミナモの打開策の言葉を思い出し、体勢を立て直してターゲットのダイバーを発見し確保。

今回もミナモに助けられた部分もあるということは、やはり彼女はストーリーで重要な存在なのかな?まだ電脳化していないのもいずれ意味を持つのかな。単にムッチリして際どいパンチラを見せるキャラじゃないとは思うけどね(笑)。

ミッションを無事成功させ、当然、久島の試験には合格。ハルは久島から与えられた専用ルームでメタル調査員としてメタルダイブに新たな道を見出し、サポート役にミナモを抜擢。他のお世話役にはホロンを配備。羨ましい環境だ・・・。ホロンにお世話されたいです(爆

そして最近楽しみになってきた、本編の「あなたにリアルドライブ!」。コーナーの締めに、沖さんが片目ウインクをして、その横に横チョキをしたポーズが昔のアイドルっぽくて好きですね(笑)。

Always in My HeartAlways in My Heart
(2008/04/16)
LAST ALLIANCE

商品詳細を見る
ゲルトの事故現場の調査の結果、見付かったのは死体ではなく体組織の欠片のみ。これで彼の生存の可能性は高くなったね。彼と行動を共にしたヘルマンは謹慎3日の処分。チームオーナーのマシューとジルはゲルトと接触した事で感染を疑われ、48時間の施設への収監・観察処分に。

XATの長官・ヴィクターは「ヤツが動き出したか」と言っていたその口振りから、どうやらジョセフの事で何かを知っている様子。でも黒幕って訳じゃなさそう。それにしても、アゴ髭とモミ上げが一体化した立派な髭をお持ちですね。まるでお山のボス猿みたいだな(笑)。

マレクはデモニックが多数出ている国の出身だからという理由でイジメの対象に。その事を姉のアマンダに黙っていたり、怪我のことを聞かれても無視したりと、いつか不満が爆発しなければ良いけど。早くも融合体化フラグが立ちそうなんだよな、この子は。いずれ姉弟対決とかありそうですね。

その頃、収監されていたマシューはゲルトの幻覚に襲われ精神錯乱気味。一方ジルは、感染の疑いが晴れ開放され悲劇のヒロインとしてマスコミの前でゲルトを激しく批判。

彼は英雄とは程遠い男」と言うけど、マシューとゲルトを貶める計画を企てた時の醜態と、殺されそうになった時の醜い顔の方がよっぽど「ヒロイン」とは程遠い気がするけどな(画像は2話の感想に載せてます)。ヘルマンがブチ切れるのも当然。

そして新たなヒロイン・エレア登場。終始ホロスコープの姿だったのは実態が無いからか?実はバイクの妖精さんだったり(笑)。ちっこくて可愛いし耳がそれっぽい形をしてたな~。声優は干し芋をこよなく愛する花澤香菜さん。この人の声を最近よく聞くきますね。

アマンダ達XATがジルを護衛している中、ついにマシューが融合体に変異し脱走。それを追うジョセフは、XATのミサイル攻撃で被弾。街中でミサイルな無いだろ・・・。それと、彼のバイクは空を飛べる仕様なんですね。そういうメカニックにはあまり興味は無いのですが、あれは素直に格好良いと思いました。

ジルの自宅に逃げ込んだマシューを、アルがライフルで心臓を撃ち抜いたけどトドメはさせず逃亡。そこにジョセフが乱入し、大迫力のCGバトルが展開!途中、ヘルマンの「ゲルトがおかしくなった原因はお前だ」みたいな誤解で妨害が入るも、マシューを頭から真っ二つに切断し撃破。ちょっと脳の断面が見えました・・・。

最後にジョセフが、「アイツなら救えるかも・・・」と言った相手はゲルトだろうね。次回は彼が再び登場するようだから。マレクもちょっとヤバイ雰囲気ですが、このアニメは2クール作品だから、彼が融合体になったりしてストーリーに重大局面が訪れるのはまだ先かな?ゲルトは好きなタイプのキャラだからレギュラーで活躍して欲しいな。

ブラスレイター VOL.1ブラスレイター VOL.1
(2008/08/08)
松風雅也、伊藤静 他

商品詳細を見る
ニャンニャン飯店名物のマグロまんが、思いっきりおぱ~いの形そのものなんだが(笑)。見た目ヨシ!味もヨシ!の名物を売ってるみたいですね。一度食ってみたいものですよ。もちろん、食品の方ですよ。

自分の兄が危険なバルキリーのパイロットをしていて、しかも負傷しての帰還だと知って取り乱すランカのシーンは、セリフが棒的でちょっと盛り上がりに欠ける印象でした。そのシーン自体は悪くないんだけどね。やっぱり中島さんがまったくの新人で、演技力もまださほど無いからかな。歌は上手いが演技に「?」なところも初代マクロスと同じですか・・・。早く良い演技力を身に付けて欲しいですね。応援してますよ!

今回はキャシーとレオンの、上官と部下というオトナのラブがありましたね。「勤務時間を30秒過ぎたから、もうプライベートだよ」なんて歯に浮くセリフをサラッと言ったりしちゃってさ~!ディープキスした後はデスクの上でセ○スですか!?こういうストレートに描かない見せ方は妄想想像が膨らむ良さがあるね。

それから、シェリルの裸を見たアルトにそれを思い出して「夜の○○○に使ってもいいわよ」みたいな発言には彼女の品位を疑いたいゾ(笑)。これかも問題発言に期待(爆

ランカが早くもアイドル(果ては歌姫?)を目指していますが、彼女も「シェリル側の人間」になるのかな?アルト側のヒロインが居なくなったりしないのかな?マクロスFの格好良いバトルを見ると、機神大戦ギガンティック・フォーミュラの残念なCGと比較しちゃうよ・・・。

ランカのアイドルストーリーや恒例のラブに、アルトも次回からやっとバルキリーに乗るみたいだからこちらも活躍に期待大です。最近のロボットアニメだとガンダム00が面白かったですが、マクロスFはそれ以上に絵も綺麗だしストーリーも良いので毎回が楽しみですね!
OPは1話とは一部変更されてますよね。ファティナが棒高跳びのスタイルで電車に駆け込むシーンで、1話は劇中の衣装だけど、2話以降は体操着姿で背中に「堀江」と書かれたゼッケンが貼ってあるから。そこ以外は変わってないかな?

前回死んだと思っていたギルガメス王は生きていましたね。王の命を狙うやからの存在を確かめる芝居だったわけだ。ニーバは王の命令で動いていると思ったけど、軍の内情を知る為だけの行動だというからには、何かと黒い部分がありそうな気がするな。

暗殺者だと勘違いされた事を城に行って身の潔白を示す!と意気込んでいたジルを魔法で眠らせ宿にご帰宅。風呂に入るジルのマタ付近は光で覆われ見えませんでした。さすがにココはDVD版でも解禁にはならないだろうな(笑)。

街中に落ちてきたスライムの中に取り込まれた少女を助けるのに、果敢にも家財道具で意気揚々と戦いを挑む勇者・ジル。スライムの体内で溺れる姿は弁解の余地が無いほどオマヌケでした・・・。アーメイの大活躍で少女を救出し、その娘がクーパでしたと。それにしても、春になるとモンスターがウジャウジャ落ちてくるメスキアって嫌な街だな・・・。

クーパは裏1話ではあまり気にならなかったけど、改めて声を聴くとやや甲高い声がちょっとイメージとは違う印象かも。ここは慣れだね。メルトと同じく、仲間に入れるならマヌケなヤロウより美人なお姉さんに限るよね。でもメルトのようなオヤジキャラにハーレムパーティー組まれると、無性にムカツキますが(笑)。

そんなやり取りしている所に王国軍が現れ、ジル御一行は拘束されてしまいました。カーヤだけは別に呼ばれギルガメス王と対面。二人の面識あるのは、カーヤがカイの末裔だから当然だね。でも公式HPの紹介で「天然系」は分かるとして、「電波系」というのは如何なものかと。天然の可愛い娘は好きだけど、電波で可愛い娘は嫌だな~。

そこで託されたジルへの剣。これは冒頭の80年前の回想で王が使っていた物かも。王に見込まれるほどの秘密がジルにあると面白いけど、どうだろうね?単なる熱血ガーディアンということは無いだろうけど、戦い方があの有様ですからね・・・。

メルトとクーパを正式に仲間に加え、パーティーの準備が揃ったところでいざ、ドルアーガの頂を目指し登頂開始!次回から勇者・ジルの大活躍が見られるんですよね???あと、このアニメの予告はハローワークだの職場の新人での苦労だの、キャラの愚痴が現実に通じるシュールさがあって好きだな~。

「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING
(2008/05/28)
ムラマサ☆

商品詳細を見る
いつもの全力ラーメンで、40分で4杯を完食すればタダという挑戦するオジョウ。みごと38分24秒で食べ切り記録更新でヤッホ~!な気分でしたがネエサンの心配を受け、祝いのラーメン一杯追加を断り店を飛び出しガラスに映った自分を見ると、立派なメタボ腹に・・・。

美を気にするのはネエサンの担当だと思ってたけど、オジョウも気にする辺り一応女の子だったんですな。体重計でに計ってみて、一体何キロだったんだろう。いくつか分からなかったけど、真っ青なお顔で血の気も引くほどの重さだったようですね。

ダイエットを決意したオジョウは、タイヤ3個を引き全力ダッシュで元気に出勤!全力で仕事に励むオジョウって格好良いな~。出来るオンナだね。その姿を見て、ミナライも見習うぞ!と言った側でオヤカタがしっかり止めさせていました(笑)。

減量の為、飯抜きで作業に没頭するのは分からなくもないけど、食わないとさすがにヘタレるだろ・・・、と思いきや目の前で弁当をほおばるミナライを見て、何かがプッツンした様にオジョウが大暴走!でもすぐにEN切れでヘナヘナ状態に・・・。

鉄柱を素手で持てないほど有様で(常人は持ちません)、ついにダウン。事務所に運ばれ仲間に介抱され安静にしている横で、オヤカタはオジョウに早食いの記録更新をけしかけた事、ネエサンはオジョウのお腹の事を指摘し無用に心配を掛けたことを反省。オヤカタはともかくネエサンは体を心配した上での事だからな~。親切が仇となったかな?

そんな仲間の心配、作業には欠かせない人材だと思う優しさに触れ、オジョウは何だか嬉しそうでした。ダイエットを止めエイギョウが取って置いた弁当を完食!ところが彼が要らん一言を言ったばかりに、全力ラーメンでオジョウの恐喝彼のおごりでラーメン食いまくられるハメに・・・。

いつものオジョウに戻ってみんな安心。エイギョウ涙目で、今日もお金が消えて行く彼の財布でした(笑)。

次回、「全力助っ人!」。

全力ウサギ 第2工事 全力旅立ち編 (2) (メディアファクトリーのキャラクターブック)全力ウサギ 第2工事 全力旅立ち編 (2) (メディアファクトリーのキャラクターブック)
(2007/04)
イケダ ケイ

商品詳細を見る
ララがデビルーク星の王女さまだとバレると、学校中がパニックになるから黙っていよう言う割にはシッポは隠さないんだね。隠しても良いけど、それだと普通の可愛い娘になっちゃうからそれはそれで困りますけど(笑)。実はシッポが弱点で、触られるとフニャ~となっちゃう秘密とかあったら面白いのにね。

春菜にララの話題を振ったばかりに、「お似合いね」と言われ自爆っぷりのリト。ショックなのは分かるけど、あそこまで落ち込むなんて本当に純な主人公ですね。

ララのコスチュームは「一般の街」だと浮きまくりだけど、「聖地」なら普通なんだろうな。コスプレショーはかなり萌えましたよ。ペケが模写したのがあのコスプレということは、バニーやくのいち、アラジン風のイケテル服を着た人がそこに居たってことになるよね?ララのコスプレより目立つと思うけど・・・。

タイムオーバーでぬ~ど姿が無かったのはどういうことだ!?!?。そこに春菜が居合わせ、また撃沈のリト。ラブコメの主人公にしてはややマイナス思考過ぎるかな。I"sの一貴みたいだね。

リトの春菜への思いに目ざとく気付いて二人きりにするミカンが小悪魔に見えたよ(笑)。実に良く出来た妹だな~。彼の優しさをしっかり見ていて覚えていた春菜は細かい事にも気付く良い娘だね。地味で出立たないけど、ララとは別の良さがあって好感度アップ!

お魚さんたちを助けよ~!ということで出した、水を無限に出せる発明品は初めて役に立ったね(笑)。飼育員は施設を水浸しにされて怒るのかと思ったら、オヤジが脱ぎやがった。ヤロウは脱ぐなよ~!でも、ララもキャストオスしたから何も問題はありませんよね???

良い感じで盛り上がるリトと春奈の告白シーン。春菜が思いを伝えラブラブ展開に突入!という寸前でイルカに乗った裸の美女の乱入で全て台無し(笑)。洪水より裸を突っ込んだ春菜は全然OK!ToLOVEるって結構面白いですが、やっぱり展開がベタだしオチも読み易いのが気になるかな?

ドタバタはあったけど、それがきっかけで春菜と良い雰囲気になったリトですが、最後は石につまづいて彼女のパンツにこんにちは!。ビンタをもらって二人の関係は元通り。結局何も進展してないじゃないか(笑)。

To LOVEる-とらぶる 2 (2) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 2 (2) (ジャンプコミックス)
(2007/02/02)
矢吹 健太朗、長谷見 沙貴 他

商品詳細を見る
OP追加で、白シャツにネクタイのホロンって良いな~。川澄さんの可愛いけど強いキャラってハマリ役だと思います。でもホロンは1歳(製造後1年)なんだよね・・・。

前半はハルと出会う前のミナモの様子(幼少期を含む)が描かれていました。兄・ソウタの家に居候しているみたいですが、彼に起こされてヘソがチラッと見えたときはちょっとドキッとしました。冒頭から魅せてくれるじゃないか(笑)。

ミナモの友人のムッチリ度もかなりキテますね。サヤカは細身のムッチリユキノはぽっちゃり気味のムッチリ。胸や太ももが強調されてメッチャエロいんですが(笑)。ホントに15歳か???

擬似的にスタンドアロン状態にしているといっても、人の意識をネットワークを介して繋ぐというのが今ひとつピンと来ないですね。サヤカがミナモの端末に手をかざしただけで情報を送れるということは、神経に何か処置を施したりして純粋な生身の人間じゃなのかな?

そしてミナモはハルと出会い、先週の勘違いで介助不要!と勘違いで怒鳴られるシーンに繋がるわけね。お陰でミナモの可愛いふくれっ面とパンチラを再び見れました。あと、看板を飛び越えるときのカメラアングルが下にあるものだからパンツもろ見え(笑)。

今回はストーリーはさほど進まないですが、前回の『海が燃える』現象が起きた時の島の様子がメインでした。発電所が消失し予備電源ではまかなえず、施設内の患者に影響が出る!とい所で電脳世界にダイブしたハルの出番。メタル内のなどで出てくる専門用語は本編では詳しい説明は無いので、HPなので内容を理解していないとストーリーがさっぱりかも・・・。

システム修復をするも、発電所の電源が落ちているからエラーが返ってくるだけ。一方その頃、偶然そこに居たミナモとの見事な連携で予備発電を復旧させ問題解決。ハルは現実世界に戻ったけど、若い姿で居られるのはメタル内だけのようですね。若返ったままだと超展開過ぎるか・・・。

この真面目な場面はスピード感があって良かったですが、ミナモがローラースケートで移動するシーンのパンチラが気になって仕方なかったですね(笑)。スローで見るとインパクトあるチラリズムでした。今回はハルの活躍というより、ミナモのムッチリアクションの方が目立ってなかった???ハル、主役の座危うし!

ED後の沖さんの「あなたにリアルドライブ!」のコーナーは雰囲気が役者の初な感じと相まって、N○Kの子供番組的なノリがあって、こちらも見応えあるかも(笑)。最後は久島がハルを迎えに来たところで終わったけど、次回は久島の協力でハルが洗脳調査員としての再出発する話みたい。ホロンの活躍まだですか~?

Always in My HeartAlways in My Heart
(2008/04/16)
LAST ALLIANCE

商品詳細を見る
先週無かったOP追加。通常は死んだ人間がなる融合体。ゲルトは生きたままそうなったことで、前例の無い事にSAT内での扱いに困っているようですね。彼を信じるヘルマンは必死に弁明するも、ゲルトは専用施設で監禁し、様子を見ることに。

前回を見て思ったけど、外で様子を伺うゲルトに薬を渡したアマンダの髪型って、メロンパンみたいな感じがして美味そうだな(笑)。

心は人間、戦闘時はバケモノ。それが今のゲルトでありヒーローでもあるというわけだね。そこに先のレース事故の死体が動き出し暴走したと情報が入り、ヘルマンに連れられたゲルトがそいつらを撃破。そのことがマスコミに報じられ、ゲルトは再び英雄に・・・。

アマンダって弟がいましたけど身体的にワケ有りっぽいな~。病弱みたいだしさ。。こういうキャラって、姉か弟のどちらがが死んだりする場合があるだよね。早くも死亡フラグ?

施設内のPCに届けられたファンからのメッセージの中に、ゲルトの元恋人・ジルの「よりを戻したい」とメッセージの中があったけど都合の良い女性だね。バイクに乗れなくなっただけで一方的に別れを告げて、融合体撃破で英雄になった途端そんなこと言うんだから。でもゲルトは「奇跡だ」と悪い気ではないようだけど・・・。

でもそのメッセージは、ジルとチームのオーナーが企てたゲルトをおびき寄せる為の嘘っぱちでした。ゲルトの回想内の清楚なイメージと違って、タバコふかして彼を卑下するジルは悪者としては好きなキャラだけど。二人の会話を聞いていたゲルトはジルを絞め殺そうとしたけど、目は逝く寸前、口からヨダレ・鼻からハナミズ垂らして苦しむジルの表情がやば過ぎ。可愛さの欠片無し。でも「綺麗に」苦しむよりリアル感あって、可愛い顔とのギャップが良かった。
ジル
↑適当にキャプしたので画像はかなり荒いです・・・。

逃亡するゲルトはトンネル内で、主人公・ジョセフと遭遇。そこでやっと喋ったよ(笑)。成すすべなく無くボコられるゲルトだったけど、SATが駆けつけた事で再び逃亡。でもトラックとぶつかりバイクごと谷底に落ち炎上。

予告で彼の事が触れられていなかった所を考えると、ゲルトは死亡か?アマンダはジョセフと初接触。次回、彼女の弟がヤバイ展開なのが気になるね。

ゲルトは退場させるには惜しいヤツだけど、ストーリーを盛り上げるのは次週登場の新たなヒロイン・エレアと、やっと活躍?のジョセフ達だろうからゲルトの活躍は今回でおしまいというのは分かる。けど、OPで出るくらいのキャラだし、明確に死んだ場面無いから再登場は十分ありえるな。


「仮面のメイド ガイ」とどちらの感想を書くか悩んだけど、最終的に内容的には好みのこちらにしました。ガイもかなり良かったけど、書くことがデカメロンしか浮かばなかったので(笑)。「狂乱家族日記」に関しては、あれは突っ込んではイケナイ作品だと思いあえて外しました(笑)。ぶっ飛びでオバカな展開を純粋に楽しもうと思います。あと、電波過ぎるOP&EDもね

ブラスレイター VOL.1ブラスレイター VOL.1
(2008/08/08)
松風雅也、伊藤静 他

商品詳細を見る
視聴予定番組にシリアス系が少ないのでバランスを考えて適当に見繕ったのがこのアニメ。どんなアクション物かなと思ったら、ショボイCGキャラのレース模様が流れてテンションガタ落ち(笑)。

さらに、裸の女性が救急車に横たわっていて胸やB地区、へそから下もほとんど丸見え。ちょっとテンション上がったけど、それは死体でした・・・。惨殺やら血飛沫なんかのシーンもあったり、内容は意外とハード。

初回の話は、事故で大怪我しチームを解雇され、仲間からは陰口を叩かれ、恋人には逃げられる哀れな、かつて英雄とうたわれたあるレーサーのストーリーってことで良いのかな?

再起をかけて、ある女性から臨床試験も済んでいない薬を受け取り、メタルスーツに身を包み巷を騒がせる謎の生命体と戦うという展開は、変身ヒーローっぽい感じですね。陰のある主人公って好きだな~。

見終えて「?」と思うのは、このアニメの主人公は誰なんだ?ってことですね。チラッとそれらしいキャラが出ていたけど、活躍は冒頭のバトル(顔が見えたいので不明)のみ?それとも、元英雄レーサー?それは次回で分かるでしょうけど。

ブラスレイター VOL.1ブラスレイター VOL.1
(2008/08/08)
松風雅也、伊藤静 他

商品詳細を見る
※以下のタイトルはレギュラーで感想を書く予定はありませんが、1話の感想だけでも。

二十面相の娘 第1話「とある戦後―。」
盗人を怪人とか言ったり、キャラのファッションが古臭く見えたときは、「なんだこれ?」と思いましたが、時代設定が昭和初期っぽいので(明確にいつ頃と明記されていないので)納得。タイトルは江戸川乱歩の遺族の許可を得て仕様しているようです。ある資産家の娘・チコは両親を亡くした後、儀父母に育てられ毒殺されそうな生活を送っていたとき、怪人二十面相と出会い彼に導かれるまま新たな世界に飛び出した・・・。というところかな?義理の母親の髪型に突っ込みを入れたのは何人かいたはず(笑)。颯爽と目標を盗み、刑事たちを軽くあしらう二十面相の優男っぷりが気持ち良い感じで、ストーリーもスピード感がありテンポ良く進んでいました。ライバルの虎も死んではいないだろうから、そこら辺の二十面との掛け合いも見所かな?


図書館戦争 状況〇一 我ガ王子様ハ図書隊ニアリ
本の公序良俗とか検閲とか、人権を侵害する表現を取り締まるために施行されたメディア良化法など、現実でも何かと問題になっている事と被り、ちょっと身構えて見てしまいました。原作は知りませんが、これは「戦争」を描く作品かな?本に関する戦いとはいえ、ホンモノの小銃持っているからには命のやり取りとか血なまぐさい展開があるのか?だとすると重い展開もあり得るかも・・・。冒頭のストーリー紹介は真面目でしたが、本編は笑えるコメディー要素もあり、1話を見た限りではどういう方向に進むのか良く分かりませんでした。個人的には、主人公・郁(いく)のかざす正義が無知で自己満足っぽく映り、ややイラッとしましたがその辺りの成長ストーリーを見る作品なんでしょうね。戦争と憧れの王子さまとのラブコメ。両者を上手く生かせるかがポイントかな。笑わせるシーンはもう少し控えてもいいかと・・・。


感想を書く作品の残り一枠はどれにしようか悩み中・・・。狂乱家族日記。BLASSREITER。仮面のメイドガイ。二十面相の娘(2話が良ければ)。う~ん・・・、どれを選ぼうか・・・。

逆にサヨウナラの作品は、S・A。2話を見るまでも無くバイバイ。少女コミック特有の「ノリ」に付いていけそうにないので・・・。

微妙の作品は、我が家のお稲荷様。と図書館戦争。前者はゆかなさんのタカビー演技は聞きたいけど、内容がね・・・。タイトルの面白さは評価できるけど(笑)。後者は上記の通り。
別部隊のお陰でモンスターに追い詰められた窮地を脱したものの、ニーバのメンツを潰し、仲間からの信頼を失っなった駄目ガーディアンのジル。メスキアに戻ったところでジルはクビ!ついでにニーバとは腹違いの兄弟と判明。

無職になったジルは町をさまよってハローワークギルドへ・・・。まるで使い物にならないジルだったけど、頭の固さはピカイチらしいですね。パンチはもとより、岩で殴られても大丈夫な程ですから。敵の攻撃は防げないけど打たれ強いのか(笑)。

そこにヒロイン・カーヤ登場。ジルの頬に手をあて、「私の見たとおり」と言うからてっきり勇者の素質を見抜いたか!!!と淡い期待抱いてみれば、見抜いたのは頭から勢い良く流れる血のことでした(笑)。時間差の大怪我でジル気絶・・・。

目覚めたジルが部屋のカーテンを開けると、カーヤの裸~!というシーンなんだけど、例によって首から下の体は光に隠れナニも見えず・・・。最近こういう「エロありき」で制作されたシーンが増えて残念な気がするかな。中身を見たければDVDを買えば良いんだろうけどさ・・・。わざわざそのシーン見たさに何千円も出したくないよ・・・。

カーヤはファティナとは対照的におっとりした性格ですね。活発なファティナも良いけど、自分はカーヤ派ですね~。あぁ、でもデカそうなメロンのアーメイも捨てがたいぞ!せっかく裸に布被って寝ているのにチラリズムは無しかよ(涙)。それから、お子ちゃまのクーパは対象外ね(笑)。

最初の大事件は、邪神ドルアーガを倒した英雄・ギルガメス王暗殺計画。そのことをニーバたちの会話から聞いたジルは、カーヤとアーメイと共に暗殺阻止の為向かった先で敵さんとバトル。二人の戦力を疑問視してたけど、少なくともジルよか強いのは確かだ!あと、初めてジルが大活躍し、まるで主人公みたいでした(笑)。

城に潜入した刺客を追って行くも、王さまは既に殺された後。って、王様もう死んでるよ!そこに居合わせたジルは兵士に見付かったシーンという、良い所で終わり。次回が気になるな~。

2話目なのでさすがに1話よりギャグは減ったけど、それでも笑いとシリアスが上手くミックスして見応えありそうな作品ですね。

1話は別局とGyaoで放送していた「裏1話」の計3回も見ちゃいましたよ。個人的にはそれくらい期待を込めて見ていますね。見ていない人の為に言うと、裏1話はジルが気絶している間の仲間と他のパーティーの様子、カーヤの入浴シーンが描かれていました(笑)。

ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~第1の宮
(2008/06/27)
KENN、折笠富美子 他

商品詳細を見る
今回は、駅前工事の為その前に展示されている廃電(ウサ40型)をどうするか?というお話。

エイギョウ曰く、その電車は1台しかない貴重な物らしいく、これまたどうしましょうか?という展開に。危うく解体されそうだったけど、オヤカタの判断で電車はそのままで作業をし、工事はネエサンのクレーンさばきに任せるという結果に落ち着きました。過去の資産は大切に!ということだネ。

ウサ40型を懐かしむネエサンから、ミナライは「味がある電車」と聞かされムシャブリ付こうとしてたけど、甘いもしょっぱいも無いから!(笑)。そんな二人にエイギョウは、電車の何たるかを興奮気味に話す彼は「」だったのか・・・。ちなみに「鉄」とは、電車のことが普通以上に好きな人の呼び名だそうです。

そんなエイギョウの語らいはあっさり無視されました(笑)。まぁ、懐かしい程度の思い出しかないネエサンに熱く語っても、聞く方はポカ~~ンだよね。

ミクロさんが低空飛行すると天候が荒れる予兆らしいですが、彼は鳥や虫と同じ扱いですか(笑)。天気を当てられるなら、ぜひとも1匹欲しいものですね。どうせミクロさんはたくさん居るし。雨降って、「てるてる坊主でも作ろうかな~」とぼやくオヤカタがオチャメに見えた(笑)。

大荒れの天気で、いつも駅前を通る子供たちが乗る電車が立ち往生。助けに行く手段が無いぞ!というところで、部品が無く動かない廃電のウサ40型をその場で修復、現場へGO!無事子供たちを救出し、役目を終えたウサ40型は再び子供たちの遊び場として元の場所に戻されました。

良い話じゃないか~。ちょっと感動しちまったい!次回、「全力ダイエット!」。どうやらオジョウが激太りしたらしいですね。

全力ウサギ (メディアファクトリーのキャラクターブック)全力ウサギ (メディアファクトリーのキャラクターブック)
(2006/05/19)
イケダ ケイ

商品詳細を見る
新婚の朝は熱すぎてイケナイな。DVDでは解除前提だと言わんばかりに、ララの胸やら下の方をこれでもか!ってくらい隠す光が恨めしいかぎりです(笑)。朝からノーガードのトライアングル地帯を見る兄を見かければ、さすがのみかんもジャマはしないよな~。

デビルーク星では胸揉む事で婚約成立だそうですが、それってどんなセクハラ星なんですか?ララの胸を鷲づかみしたリトの場合は、強い愛を示したってことになるのか?羨ましいヤツめ!

リトがそのことで困っている最中、ララが学校に来ちゃってクラスメイトと一悶着。どこかに逃げるぞ!というところで、発明品でワープ。二人とも素っ裸でね(笑)。そしてそこで春奈と鉢合わせして、リトのどうでもいい部分を見てビンタ一発・・・。何と言うか、あまりにもベタ過ぎる展開にちょっと苦笑いしそうでした(笑)。

何とか誤解を解こうとザスティンに駆け寄って婚約の解消方法を聞き出したは良いけど、それがクーリングオフ期間に胸を揉み!ってのには受けた(笑)。婚約が通販と同じ扱いですか・・・。前回同様、何かしようとするといろんなツッコミが入ってましたが、空からタライが降ってくるというのはどんなお空事情なんだ???

ララの胸揉みに苦戦してたけど、「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言うじゃないか(誤用
あの手この手で胸を狙うリトは思いっきり変質者でしたね(笑)。

川原のシーンでララがリトをどれだけ思っているか良く分かったけど、リトは春奈とララ、どちらを選ぶんだろうね。原作が続いている以上、アニメ独自の結末は予測できるけど、どちらも選ばずに「リトたちのドタバタ三角関係はこれからも続く!」みたいなオチにだけはならないことを期待するよ。

次回は、今回も出番が少なかった春奈との話が中心かな?それにしても、ララの制服からニョキッと出るシッポにそそられるな~。あと、予想以上にバウンドする胸にも(笑)。

To LOVEる 第1巻To LOVEる 第1巻
(2008/07/25)
渡辺明乃、戸松遥 他

商品詳細を見る
大ベテランを主役に抜擢するとはかなり挑戦的な作品だと思います。最近は若手がほとんどメインを占める中で、60歳を過ぎた森功至さんですからね。有名役はガンダムのガルマ・ザビかな?実際TVで声を聴くと予想以上に若く、違和感無くストーリーに集中できました。

ある海洋観測中に突如イレギュラーが発生し、潜っていた主人公・ハルは意識不明のまま50年が経ってしまった、というのが物語の始まり。ハルの命綱を腕に巻き、必至に引き上げようとする同僚の久島の腕の肉がめくれるて血が吹き飛ぶシーンは、映画のワンシーンみたいな緊張感がありましたね・・・。

ハルの世話をするホロンはイラストだと分かりづらかったけど、動く姿を見ると良いボディーを持ったアンドロイドですね。あとミナモも(笑)。15歳という若さを感じさせるフレッシュなブルーパンツでした。女性キャラの質感は動画で見ると結構イケテますよ(笑)。特に太もものムッチリ感が良いです!

最近は胸が見えたとか下着が見えたとかで賑わったりするけど、これは動きや仕草で魅せる作品だと思います。自然で無理にない動きというか、そういうところに色気を感じるな~。そういう意味では、ソウタと格闘シーンのホロンの動きは良かったですね。

先の事故で寝たっきりになって、次起きてみたら50年も月日が経過していたというのは重い現実ですが、久島は50年前と変わらない姿だったのは、全身義体だからなんですね・・・。主人公がおじいちゃんになって、今後どのようなストーリー展開をするのか気になるところです。

50年振りに「海が燃える現象」を観測され、突然じいちゃんハルのリアルな裸体が映ったときは驚きましたが(笑)。そしてミナモの言葉に触発されたか、その現象に影響されたかで電脳世界に潜り、ハルの体は50年前の状態に戻って新たな目的を見つけたシーンで次回に続く。

次回予告で、ミナモ役の声優・沖佳苗さんが実写で出ていましたが、予告ではなく「自己紹介」をしてました(笑)。しかも毎回この人の出演は今後も続くようですね。この作品は「海」を舞台にしているだけに、青の色使いが明るく綺麗だし、物語もいろいろ凝っていそうで見応えありそうな印象です。次回もハルの活躍が楽しみですね。もちろん、ホロンとミナモのムッチリな活躍も(笑)!

■『RD 潜脳調査室』製作発表会レポート

Always in My HeartRD 潜脳調査室ED Always in My Heart
(2008/04/16)
LAST ALLIANCE

商品詳細を見る
個人的オススメ、まったりアニメ「のらみみ」が2期目の制作が決まったようです。1クールだけで終わるのはもったいないほど良く出来たアニメでしたから、これは嬉しい情報ですね~。いつ放送するかはまだ決まっていませんが、夏か秋頃には開始して欲しいですね。

毎日JP。のらみみ:深夜の“癒し系”アニメ、2作目決定

レビュー候補から漏れたアニメは基本「見るだけ」か「サヨウナラ」なので感想は書きません。5、6作品ほどに絞ろう~。

我が家のお稲荷さま。 第一話 「お稲荷さま。封印解かれる」
キャラ紹介もそこそこに妖怪退治を始める主人公たちでしたが、ここはAパートでキャラの性格や相関関係とかをじっくりしてからの方が、見ている側は分かり易いと思うんだけど・・・。その辺をりサラッと流したのは少々疑問。次回でやるのかな?

この作品は狐萌えアニメとでも言えば良いかな(笑)。でもこの狐さま、男と女の姿を使い分けるという設定だから一概に萌えられないのか(汗)。でも、ゆかなさんの高飛車な演技を見るのは久しぶりなので新鮮な所はありました。無難な1話でしたが思っていたほど盛り上がりに欠ける印象もありましたので、次回も見るかは微妙な感じです・・・。


S・A(スペシャル・エー) 
 ・第1話 「光・彗」
 ・『S・A 放送直前スペシャル ちゃんと予習しなくていいんですか?二位さん。』

いきなりプロレス技を磨く主人公を見たときは、スポ根アニメかと思いました(笑)。個人的にはS・Aもそうですが、CLAMPのキャラのように妙に手足の長いデザインはもの凄く違和感を覚えますね。そういう理由で、コードギアスも見なかったのですが・・・。文武に秀でた7人だけが在籍出来る特別クラスで、学園中の憧れの的、それがスペシャル・Aというらしいです。

どデカイ屋根付きの庭でお茶や個人の趣味を楽しむというのは、姉妹関係をロザリオで示すどこかのお嬢様学園にありそうですね(笑)。先週放送していた特番を合わせて見ましたが、このアニメは原作が少女コミックなんですね。結構売れているらしいですけど。あと、特番の声優座談会はぶっちゃけ本放送とはあまり関係無い雑談になっていたような気もしましたけど(笑)。主人公の光と、彗(けい)の関係は少し気になりますし、最後のオチは良かったけど、これも「我が家のお稲荷さま。」同様、レビューや視聴継続は微妙・・・。
絶対可憐チルドレン 第1話「絶対可憐!その名はザ・チルドレン」
まず先に、OPの素人っぽい歌が気になったんだけど(笑)。あの感じからすると、まさか小学生とかじゃないよな???本編は、原作を知らないので純粋に楽しめました。そにしても、小さい女の子三人に頼らざるを得ない警察を見てると、「世も末だな~」とか思いましたよ(笑)。面白かったからどうでも良いんだけどね。

このアニメでもアキバの受難が描かれてました。この町をこれ以上壊すのは止めて頂きたいものだ(笑)。ストーリーは面白いけど、感想を書くほど内容が浮かばないので視聴のみかな?


仮面のメイドガイ 第一話「はじめましてだ、ご主人様!」
正直な感想。それは、ヒロインのインパクトがガイに隠れている!デカく揺れるメロンは評価出来ますけど、それすらヤツの前では霞んで見えるゾ(笑)。一人暮らしをするといい加減な生活になるのは分からなくも無いけど、女子高生がゴミ屋敷に住むって、どれだけズボラなんだ?しかもゴキちゃんうじゃ~~~!!!

ガイとフブキは、財産目当ての輩からなえかを守る為に彼女のじいちゃんが雇った、という良くある設定だけどドタバタ劇は面白かったです。なえかを起こすのに、胸にホース挟んで水をぶちまけてみたり(パジャマの上からメロンのてっぺんの形が・・・)、乙女の秘密を知ったばかりに、フブキに釘バットで血みどろのグロイ姿をさらしたり(笑)。

主人公が振り回されるストーリーは、なんだかアニメ版の「怪物王女」を連想しました。微エロが利いた良いアニメだと思います。「アニメTV」という番組でメインキャストが番宣してましたが、ちょっとグダグダになりながらもノリノリな小山さんが良い感じでした(笑)。

まだ放送されていない「我が家のお稲荷さま。」、「狂乱家族日記」、「S・A」の3タイトルと、上記3タイトルの中から1~2タイトルをレビューに選びたいですが、どれにするかは次週以降決めます。

改めて言いますと、レビュー候補から漏れたアニメは基本「見るだけ」で感想は書きません。全部書くと大変だから(汗)。何か気になることがあれば書くかも?
何度か利用したことのある問屋が夜逃げした・・・らしいです。各方面確認中につき、まだはっきりと決まったわけではないようですが、その可能性大みたい。2月にゼノサーガのT-elosを購入したばかりでしたが、ちゃんと届いて良かった~。

倒産なんて直ぐになるとは思い辛いけど、もしかしたらT-elosを注文した時点で相当ヤバかったのかも・・・。そう思うと冷や汗が・・・。GIGAZINEさんでは写真付きで会社の様子を伝えてくれてます。

萌えっとうぇぶ 気になったもの ピックアップさん
GIGAZINE(ギガジン)さん
このアニメ、面白すぎる!!!脚本がフルメタル・パニック作者だから当然か(笑)

ファンタジーなバトルシーンで始まったと思ったら、OPは現代風の作画。曲調もハードな展開とはよほど無縁なPOPな雰囲気。これは異世界に迷い込んだ主人公の物語なのかな?と思えば、そういうフリは一切ナシ。しょっぱなから視聴者置いてけぼり・・・。第1話なので、ドルアーガの世界観をしっかり補足してくれました。コメディータッチでね(笑)。

突如、主人公・ジルと仲間・ニーバのリーダー争い。ジルのパンチが決まり、服が吹き飛びパンツ一丁のニーバ。この時点でギャグアニメ決定(笑)。開始8分で姫とのロマンスで結婚を約束。その直後、「深紅のダークナイト」というザ○みたいな格好のライバルが登場し、開始10分「結婚の予定がある」とカミングアウトした仲間一人が退場(笑)。

Bパートはいきなり10年の月日が流れ・・・。という重要ポイントをサラッと流し、ヒロイン・ファティナが触手責めというサービスシーンへ(笑)。すぐには助けず様子を見るローバ。何やってるんだと思ったら、目をひん剥いてヨダレ垂らして、胸やマタを責められる彼女の様子を堪能しているだけでした!「らめぇ~!」が出たのには受けた(笑)。

サクッと仲間一人が退場したそのピンチに駆けつけたのがライバルのダークナイト。コイツも「結婚が・・・」という禁句を口走ったばかりに退場(笑)。怒りのパワーでジル覚醒でドラゴン撃破!彼の前に現れた、ドルアーガ参人衆といういかにも強そうな奴らはジルの一撃で全滅!

そしてオトリを買って出た仲間を気遣い気絶させた後、モンスターが迫る通路に放置。魔王直前で、ファティナがジルに告白。二人は結婚を誓い、姫は「過去の女」としてサヨウナラ。遂にラスボス・ドルアーガ登場!その禍々しい姿は、人の腰位の小さなヤツでした(笑)。

そこで明かされる魔王とジルは親子という笑撃の事実。もはや何でもあり!最後は劣勢だったジルが、「みんなの力を貸してくれ」的展開で、魔王撃破!というシーンで、実はこれまでのシーンはほぼジルの夢オチというとんでも展開でした(笑)。

最後は敵に追い詰められ、少し真面目な場面で続きは次回。それと気になったのが、EDの文字のサイズ。文字が潰れてキャラとか声優が誰なのほとんど分からなかったです。アナログ放送の限界?。夢の中のような展開が次週以降も続くなら、このアニメは化けるかもしれないですね。初回は笑い過ぎて腹痛いですよ(笑)。



話は変わりますが、「ロザリオとバンパイア Capu2(仮)」が10月頃に放送開始らしいです。早すぎるというより、初めから決まってたろ(笑)?

「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」オープニングテーマ~SWINGING
(2008/05/28)
ムラマサ☆

商品詳細を見る
春はネエサンにとって合コンの季節。なぜなら春は、「新入社員が土筆のように生えてくるから」。ネエサン、喰う気満々だね(笑)。

オヤカタはというと、カレンダーやTVの桜開花情報にクギ付けのご様子。そんな中、近頃エイギョウの姿が見えないことを心配るすソウチョウたち。もしやエイギョウは本部で何か大仕事!?と思ったら、オヤカタの指示で花見の場所取りをしていました(笑)。どうりで工務店に居ないはずだ・・・。

一方オヤカタが桜の開花が気になって様子を見に行くと、まだつぼみの状態。その側にはエイギョウの姿が・・・。もうなんですけどね!どうやら連日、寝袋やPCを持ち込み泊りがけで場所取りをしていたようです。扱いがヒド過ぎだ(笑)。

花見当日にも関わらず、いまだ開花無し。ガックシ落ち込むオヤカタをよそに、桜にメンチ切って花を咲かせようするソウチョウとオジョウが取っ組み合い。そのドタバタで弁当バラバラ。ミナライの怒りMAXの炎が桜を開花させそうだ!という所で惜しくも失敗。そりゃそうだろ・・・。

ショボンなオヤカタは公園の遊び道具が廃れていることに気付き、工員たちと修理修理!ま、その修理も無償のボランティアなんだろけど。この会社、よく潰れないな(笑)。その熱気に当てられたか、辺り一面桜が満開!一体彼らはどれだけの熱を発散していたんだ???。最後はオヤカタ自慢のDJを披露し、お花見は無事開かれましたとさ。

次回、「全力電車!」

全力ウサギ 全力ステッカー C全力ウサギ 全力ステッカー C
(2006/11/30)
不明

商品詳細を見る
宇宙船の戦闘シーンで始まったときはチャンネル間違えたかと思ったよ。それにしてもOPのエロさがかなり良かったです(笑)。水着とか日焼け跡の表現が上手いし、パンツの下に監督名を出すとは飛ばしてますね~。

春奈への告白を試みるもいつもタイミング悪く失敗してたわけね。でも日本の公道をゾウが走るって、一体どんなシチュエーションなんだ?好きな子の事を考えて照れるのは分かるけど、水着姿を想像しただけであそこまで顔を真っ赤にするリトは、ちょっと純情すぎる気がするけど・・・。

そしてやっとメインヒロイン・ララ登場。入浴中のリトのマタ下辺りから裸で登場するヒロイン、初めて見ました(笑)。しかもメロンを鷲づかみですか・・・、この手のアニメとかの主人公ってホントおいしいよね。

ララの声は思っていたより「軽い」感じでした。もっと媚びるような声かと思っていたけど、これはこれでアリですね。自分を宇宙人と信じさせるために尻尾をリトに見せるからって、下に何も身に付けていないオシリを向けるのは反則です(笑)。ペケを装着する時のムッチリ具合も良かったですね。

後半はゴツイ鎧を着たイケメン兄ちゃんも出てきて、何やらバトルっぽい展開でしたが、今回の騒動はララの家出でした(笑)。冒頭のドンパチもその一環かよ!急に砕けた状況になって、ララの発明品に吸い込まれる鎧兄ちゃんが無様だったな・・・。そして最後は春奈への告白をララが勘違いして、それじゃ結婚しましょ!というところで以下次週。次はリトの新婚・離婚話か(笑)?

1話を見終えて、この手のアニメとしてはお色気シーンは普通で、どこが萌えるというのは無かったですが、まだ始まったばかりだから次回以降に期待ですね。むしろOPが一番だと思ったのは自分だけですか(笑)。色使いは可も無く不可も無くといったところで、作画も平均レベル。インパクトはロザバンとか君あるより、ちょっと弱いかな?ま、その辺は慣れってことで次も期待!

To LOVEる-とらぶる 1 (1) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2006/11/02)
矢吹 健太朗、長谷見 沙貴 他

商品詳細を見る
我が家のお稲荷さま。
RD 潜脳調査官
ToLOVEる
ドルアーガの塔
マクロスFRONTIER
全力ウサギ(継続番組)
狂乱家族日記
仮面のメイドガイ
絶対可憐チルドレン
ギャグマンガ日和3
S・A

今のところこんな感じですね。ここから継続番組と合わせて5、6本ほど選ぼうと思います。残りは視聴のみ。青の太字は感想を書こうかなと思っているタイトルです。個人的に期待しているのが「RD 潜脳調査官」かな。HPをちょこっと見ただけなので詳しく内容は分かりませんが、キャラの(特に女性)のムッチリ感が気になったのが視聴決定という不純な動機(笑)。

マクロスF」は基本視聴のみで、ガンダム00みたく気になったストーリーがあれば時々感想を書くかも。「ドルアーガの塔」は、いろんな意味で話題作を出しているGONZOが制作を担当しているのでチェック。「ギャグマンガ日和3」も楽しみ!てっきりキッズステーションのみの放送だと思っていたので、地上波で放送されるのは嬉しい情報!このシュールな面白さは一度見ると病みつきになりますよ(笑)。

一番早い新作は「ToLOVEる」ですね。タイトルは良く聞くのですが、際どいエロが売りのアニメらしいです。最近はコレ系のアニメが多くてちょっとやそっとの内容では動じないゾ!「絶対可憐チルドレン」は原作は知りませんが、GS美神の作者だと知っていたので見てみようと思います。去年はアニメの再放送していましたし、昔は原作コミックを持っていましたよ。

他は紹介の絵や予告だけを見て決めました。なので実際見ないと何とも言えないです。あとは地元局が近頃アニメ放送に力を入れているので、懐かしのタイトルとか始まらないか期待しています。オススメの作品「のらみみ」の再放送も始まりますから。この中からエース級の面白い作品があると良いな~。
先日よく利用するホビーショップを覗いてみたら、売られていたのが『電装機動変形DXウイングガンダム (バンダイ/1995年)』という商品。ガンダムW好きな自分に取っては思い入れのあるMSなので即購入!しかも13年前の玩具ながら新品というレア物。定価は分かりませんが、3000円ちょいで買えたのでたぶん安いのかな?
00000.jpg

最近のアクションフィギュアとかガンプラと比べると可動の面では見劣りしますが、プロポーションは申し分なし!ちょっと肩が大きいですが全体のバランスは良好。サイズは1/60とでかいので、ちょっと置き場に困りますが(笑)。HGエクシアとの比較はこんな感じ↓
00001.jpg

↓後ろ。
PICT7142.jpg

↓お顔アップ。
PICT7143.jpg

古い商品ですが、完全変形というのもポイント高し(厳密にはシールドに収納しているビームサーベルの柄を外す必要はありますが)。MSモード時に30センチもありますから、変形させると更に大変なことに(笑)。横にすると約50センチ!机には置けません(汗)。
00002.jpg

商品名に「電装」とあるので、三ヶ所のボタンを押すと劇中で使われた音が再現されます。割とうるさいのであまり押せませんけどね(笑)。音の安っぽさは玩具らしいかな。

↓オマケ。ワンちゃんガンダムRide On!
00003.jpg

↓オマケ2。これはかなり前に古いデジカメで撮ったHGのウイングガンダム。このプラモも差し替え無しの変形が出来ます。放送当時に買ったんだっけかな?部屋の大掃除の時に処分してしまったのが心残り・・・。今も発売されているから買い直そうかな。
PICT0002.jpg
2ndシーズン開始まで半年ありますが、それまで見逃した回や復習を兼ねてチェック!
自分は録画したDVDを見直すとしましょうか。
gooTV番組