あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(終了)

ここでは、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


※長い感想です。じんたんのせいでめんまが成仏出来なかったのかと思ったら、他のメンバーもじんたんと同じ様に、めんまの成仏を心底第一にと思ってたワケじゃなかったんだね。結局はみんなバラバラ、個人の思惑があったワケだ。つるこは、ゆきあつとあなるが仲が良い(ように見えてた)のを子供心に嫉妬して、自分はあなるやめんまの代わりでもいいからゆきあつに振り向いて欲しいとずっと思ってたなんて、あまりにも辛い・・・。

ぽっぽの贖罪というのは、彼はめんまが死ぬ瞬間を目撃していて、7年間そのことを誰にも言えず気持ちを隠し、「旅」を理由に辛い現実から逃げてたこと。でも忘れられるワケもなく、結局町に戻ってきて、花火の失敗が気持ちを打ち明ける機会になったのかな。みんな辛かった。でも特にこの2人が辛かったように見えたよ。そんな重くどんよりした空気をあなるが打開(笑)。あなるのお陰で沈んだ気持ちが楽になったね。いつしか超平和島ダスターズが復活してたし。

そして、みんなの思いを伝えようと、自宅に戻ってめんまを連れ出そうとしたら、めんまの身体が限界を迎えてて・・・。めんまの約束は神様に手紙を届けることではなく、じんたんの母親が心残りだった「じんたんを泣かせること」。思い半ばで死んでしまい願いを叶えられず忘れていたから、現世に留まってたのかな。じんたんに抱きかかえられながら思いを伝えるシーンは、涙腺をかなり刺激されたよ・・・。めんまはじんたんだけでなく、みんなの憧れだったんだね。

めんまを背負って秘密基地にたどり着いたころには、めんまは見えなくなっててみんなが必死に探す一方、動かなくなった腕で必死に最後のメッセージを書くめんまにも涙・・・。ラストシーンは、見る前に映像を一時停止にして気持ちを落ち着かせないと見れなかったです。最後の瞬間、やっとめんまの姿がみんにも見られるようになり、それぞれが彼女への思いを伝え、そして、本当のさようなら・・・。

EDに乗って、各々のその後が描かれてましたね。みんな前向きに生きてて、めんまは花の姿に転生したのかな。あの場所でならみんないつでも「めんま」に会えるよね。これまでいろんなアニメで感動してきたけど、ここまで気持ちを持って行かれた作品は無かった気がする。見終えた後、しばらく余韻に浸ってました。それほど胸打つ話とラストでした。とても面白かったです。さすが入念に作りこまれたオリジナル物は強いね。たくさんの涙と感動をありがとう。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/11/23)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る
花火打ち上げ前日。この第10話はみんなの苦悩がこれまで以上に入り混じった回でしたね。めんまの母親は、娘が亡くなってからの7年間も息子の成長を全く気に留めなかったみたいで。息子としてはさぞかしショックだったろうなぁ。きっと、母親の中では息子との思い出なんてほとんど記憶に残ってないんだろうな・・・。でも、旦那の言葉で何か肩の荷が下りたような様子だったね。

めんまを送る会。あの世に送られる当人が一番の笑顔で最後のメッセージを見せるのが泣ける。ゆきあつの提案で「7年前のあの日」を再現することに。ゆきあつの提案は一見酷い仕打ちに見えるけど、じんたんの気持ちをハッキリさせてめんまや他のメンバーに悔いを残させない為だったのかな。

つるこはゆきあつの気持ちが自分に全く向いてないとしりつつ、7年前から今までずっと傍に居たというのが切なすぎる・・・。あなるも結局気持ちが報われなかったし。これでどう皆が幸せな終わり方をするのかすごく気になるね。

ゆきあつはめんまグッズと最後のくんかくんか。彼の名は、くんかくんかを世に広め、めんまの中の人にその言葉を知らしめた男として長くアニメファンの間で語り継がれることだろう(笑)。いよいよ花火が上がる間際になって、一番花火打ち上げに熱心だったじんたんが翻した気持ちを固めちゃったことで、めんま成仏ならず・・・。花火が上がるシーンで成仏してれば最高に泣ける所だったのに。

ゆきあつやめんまの母親ですら気持ちに前向きに進めたというのに、結局のところ、じんたんこそが一番めんまに囚われたままだったってことだね。次回の最終回でどう気持ちよく泣かせてくれるか、大いに期待したいです!!!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/06/29)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る
めんまの両親の説得は、ゆきあつの涙の土下座で・・・。父親としては、妻が娘の死で時間が止まったままなのを気にしてるけど、かといってじんたんたちが娘のことを妻に思い出させて更に時間を止めやしないかも気にしてたと。だから花火のことは反対よりの立場だった。土下座までできるゆきあつの方が、ある意味じんたんよりめんまを理解してるのかも。ちょっといいシーンだったのに、めんまのことを「美人か?」と聞いたのにはニヤっとしてしまった(笑)

あなるはじんたんにほぼ告白したも同然なのに、死んで尚、当のじんたんの心をいっぱいにしてるめんがが相手ではあなるが「かなわない」と思うのは仕方ないよなぁ。つるこはゆきあつに気があるようなんだけど、こちらも、肝心の彼の心をめんまが占めてて、あと半ば本気であなるに「付き合わないか」と告白。つるこは告白せずに玉砕?このままじゃシコリが残りそうな気がするけど、じんたん以外も幸せになれないとだめだし、最終回でそれぞれの思いがどうなるか気になるね。

そしてめんまを探すじんたんは、彼女が川辺に佇む姿に過去がフラッシュバック。ここに来て、めんまを失う辛さを思い出しちゃったよ。最初からわかってたことだけど、めんまのみんなと一緒にいたいという願いと、本来の願いは同時にか叶えられないんだよね。最後の別れはハンカチ必須な展開になりそう・・・。次で花火打ち上げということは、最終話は後日談になるかな?

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ぬいぐるみ ウサミチあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 ぬいぐるみ ウサミチ
(2011/07/30)
エーシージー

商品詳細を見る
めんまの親は娘の死を認識できず、母だけでなく父も心病んでたっぽい。母親は、じんたんたちが娘をのけ者のしてお気楽な花火遊びをしてると思い込んでて、さらに、仲の良いグループの輪に娘が居ないことを酷く憎しんでもいたと。じんたんはめんまの姿が見えて声も聴こえるからいいけど、他の仲間は見えないからじんたんを信じるには動機が弱いんだよなぁ。だからちょっとしたことで気持ちが揺らいで離れていくワケだ。

めんまを認識できない他のみんなは心に傷を負ったまま。じんたん一人が癒されてもダメ。みんなの心も解放するには、めんまのお願いを叶えないとね。じんたんの母親の墓参り。父と息子がちょっと打ち解けたいいシーンなのに、オヤジが帽子を脱いだ所で吹いちまったじゃないか!がっかりだよ、あのつるッパゲ(笑)。ちなみに、某戦場カメラマンもハゲちゃいないけど寂しい頭みたい。

離れ行くみんなの気持ちを繋ぎ止めようとするめんまのガンバリ。電話をしても声を聴かせられない。だからじんたんが仲間から総バッシング・・・。最悪な状況の中、地面に落ちためんまの日記には「今現在のめんまの言葉」が書かれてて、あの状況ではじんたんはめんまをでっち上げできないし、いよいよみんながめんまを認識する時も近いのかな。めんまも自分が消えてもかつての願いを叶えたいと覚悟を決めたかかのような顔してたね。次回はどうなるかな。

青い栞青い栞
(2011/06/15)
Galileo Galilei

商品詳細を見る
ウサギさんセットが無いと眠れないあなるが可愛いな(笑)。外見はギャルでも中身は少女ってことだね。じんたんとの情事に、ぽっぽの時間がふりーず!めんまの日記から、彼女の願いが入院中のじんたんの母親が早く治るよう、ロケット花火で神様に手紙を送ることだったと判明。願い実現に向かって動くじんたんたちを知らないめんまは、ふくれっ面・喜び顔・ジト目と可愛さ満点の顔芸がサイコーにイイ!

花火制作費用20万円を稼ぐためにじんたんはあなると同じバイトを始め、またしてもあなるを苦しめる噂の尾を断とうと庇う姿がこれまた良かったなぁ。でも、店内で「あなる」と呼ぶのは酷いわ(笑)。高校生ですもんね、あなるも「あなる」の意味は当然知ってた様で顔真っ赤。あの花ラジオの愛称コーナーにでもハガキを送って茅野さんにコメントを貰おう(爆

あなるの電話とじんたんの奮闘から、めんまも「お願い」を思い出して涙し嬉しくて頬が緩む中、いよいよ話が加速するかと思ったら思わぬアクシデントで花火計画がとん挫の危機。めんまの母親が、じんたんたちがめんまの為に頑張る様子を「ふざけてるわね」と静かに言い捨てたシーンは、正直ゾクッとした・・・。以前、本間家を訪れた時もそんな感じだったけど、めんまの母親は娘の死を受け入れられなくて、心が病んでたんだね。この人をどう説き伏せるか。これは難しいぞ・・・。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/06/29)
入野自由、茅野愛衣 他

商品詳細を見る