世紀末オカルト学院(終了)

ここでは、「世紀末オカルト学院(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※感想長め。川島先生、本当に死んじゃったのか・・・。1999年7月19日。文明から父の生存を知らされ喜ぶ一方で、文明と分かれの時が。父は生きてたけど居るのは別世界だし、川島先生が死んで文明も帰ってしまえば、マヤの心の支えが無くなって寂しいからね。サプライズで文明の母を学園の公演に招いたのに、当の本人にはその記憶が無く激しく動揺。その理由は、現代の文明が過去の文明と出会うことがノストラダムスの鍵であり、以前発動した際の衝撃が原因だったワケだ。

2人の文明が出会うと存在が消えてしまうという問題回避はカンタンだけど、未来への帰還を1日ずらしたことと、子共が文明が学園に興味を持ったことに嫌な予感はしてたんだよ・・・。送別会の帰り、流されっぱなしの人生を憂う文明には、見てる方もちょっと考えちゃったよ(笑)

子供文明がホテルから居なくなった時、母親が流した涙はどういう意味だったんだろうね。7月21日。文明が最後の挨拶をしてる側で、マヤはイスに座って足組。きっと一番前の生徒には見えてたんだろうな。視聴者には見えなかったけど!最後にワン・パンチラがあってもいいじゃないか。

そして、屋上で文明と最後の時を過ごしてたマヤの驚きの視線の先には、子供文明が・・・。2人が出会ってしまい、扉が開いて宇宙人がゾロゾロと侵攻。スプーンを手にとって戦いを挑む文明カッケー!と鳥肌たったけど、同時に泣けてきた。全てと引き換えに1999年を救い、文明は消滅。№.6シグナルロスト・・・。未来は救われたけど、マヤと文明にとってあまりにも辛い別れだったな。

マヤの父が外に出ると未来は全て元通りで、彼の携帯に大人になったマヤから電話が。13年後だとマヤは29~30歳、文明は20~22歳くらいかな?マヤが神代から内田姓になってたのは、まぁそういうことなんだろうね。1999年のマヤと文明はああいう別れ方だったけど、未来では一緒になれて良かったけど年上妻かよ!(笑)。マヤの父親という舅がもれなく付いてきましたが。カレーのシーンはほのぼのして泣ける。これが13年前の2人の未来だったらよかったのに。

とても感動的な最終回だったけど1つ分からなかったのが、なぜ美風は文明の母しか知らないカレーのレシピを知ってたのか。どこか見逃してたのかな。最後に「世紀末オカルト学園 完」の画面を見て、いろいろ面白かったなとちょっと考えました。これは録画保存しててもよかったかな。レンタルが始まってたので見直したいアニメですね。

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/09/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る
スポンサーサイト
魔女っ子大戦解決編。さすがバトル物だけあって作画に気合が入ってましたね。町中でシリアスやってるのに、マヤの降霊術をやるこずえたちがコメディやってるのが面白いなぁ。亜美たちにも魔の手が伸びてエライこっちゃと逃げる際、こずえの白装束がはだけてたのがちょっとエロかった。しかも突然消えて直ぐに現れたと思ったら、悪魔の仲間になってるし。まったくオマエってやつは(笑)。食堂のばーちゃんズの動きが気持ち悪かったね。エクソシストかよ!

川島先生は、美風が文明とキスをしたという事実に動揺した所を襲われ致命傷。辛くも逃げ切って文明の呪縛を解き、マヤのオヤジの死の真相を伝えて彼を見送った後、死亡・・・。このアニメで故人は登場したけど、まさか死人が出るとは思ってなかったから、川島先生の様なコミカルだけど一途で真面目なキャラが死ぬのはショックですね。先生に泣かされるとは思わなかったよ。

美風を追い詰めて、マヤと文明で封印の呪文を唱えるシーンは見応えありました。マヤの苦しみや悲しみに比べれば、今の文明にとって美風の攻撃はぬる過ぎなんだろうね。「この変態!」って美風が言ってたけど、それはアンタでしょうが。封印される姿が「美風」とは思えない無様だったな。美風が封印されて決着。黒服は使い魔的な存在だから消えるのは分かるけど、川島先生の遺体も消えちゃったのはすごく切ないね。文明に気付かれずに死んで消えちゃうなんて報われないでしょ・・・。

ノストラダムスの鍵を破壊して未来は救われたハズなのに、外は廃墟のまま。次回で最終回ですが、シリアスな展開ではなさそうですね。マヤの笑顔と文明との関係がどうなるのか楽しみです。って予告に先生が。また偽遺体か!涙を返してくれ(笑

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/09/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る
マヤとノストラダムスの鍵探しをする文明との様子を黒服から受けた川島先生。舌打ちしたのは、自身の役割もあってマヤに危険な鍵探しをさせたくなかったのにあれこれ動かれて焦ってたのかもね。文明の家で料理をしてた美風ですが、今回はいつになくおっぱいが揺れてますな(笑)。ボディタッチをして来た時には、これは頂くしかない!と思ったよ。

誘惑に負けて連れられたのが、美風も所属する町の有志で組織された魔女狩り一派の集まり。全ての元凶であるマヤを殺す為に文明を誘惑する美風がエロすぎて興奮した!(笑)。ディープキスでだ液交換したり、文明の口内をまさぐった指を舐めたり・・・。あれだけエロく迫られたら、文明が籠絡さるのは仕方がないよなぁ。正直タツわ!でも、これでもか!ってくらいに可愛いマヤを魔女と疑って殺そうとするなんて、文明は酷いヤツだ。足蹴りされてる文明には正直笑った。

ケンカ別れした夜、パトカーが急行するマヤの家に行くと、マヤが殺されてて・・・。結論からすれば死んでなかったワケだけど、マヤの死体が履いてないはずの靴を履いてた時点で、死体は偽物と直ぐに分かったけどね。亜美達がマヤの「霊」と交信して犯人捜しをしようと決心してた頃、文明の家に川島先生とマヤがやって来て、そこに黒魔術集団のボスである美風も現れて本性を晒して護符を燃やしてしまい、文明は時間を止められしまう始末。

川島先生は白魔術を扱う組織の属し、マヤのオヤジの遺言で彼女を監視して危険が及ばないように陰で動いてたと。オヤジを殺したのも美風。一連の騒動も魔界の扉を開こうとする美風の仕業なんんだろうな。マヤを助けるべく川島先生も力を解放し美風と激突する2人の魔女っ子!気になるのは、予告の携帯で美風を撮った時にナゼマヤが写ったのかということと、文明の母親しか知らないカレーの隠し味をナゼ美風が知ってたのか。マヤ=鍵とか?解決編が楽しみですね。

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/09/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る
文明は亜美に「マヤの気持ちに気付いてない」と言われてたけど、美風の胸ばかり見てるんだから気付くハズがないな。マヤにあかりの件を真剣に手伝うと言っておきながら、今回も美風が現れた途端に約束そっちのけ。ここはさすがに本気でイラッと来たな。そんな様子を陰で見てた川島先生(笑)。川島先生は積極アタックで世話を焼いてくれるのはいいんだけど、尽くす愛が重たく感じます(汗)

あかりの父親が語る過去。仕事の忙しさで家庭を顧みず妻が家を出て行き、父子2人に。クリスマス。サンタを楽しみにしてたあかりの思いを否定し。サンタを雪振る寒い外で待ってたことで衰弱死・・・。あかりの為に真夏のクリスマス会を開くことに。これまで散々文明の苛立ちやヘタレが目立つのは、10話の最後でマヤとの思いを深めるフラグだったと思いたい・・・。「偶然」を装って美風との良いシーンに現れた川島先生。三角関係なんてやってる場合じゃないと思うんだけどね。

そこで初めて、マヤの実家が取り壊されること、マヤが不機嫌だった理由、マヤの気持ちをないがしろにしてたことに気付く文明。遅いわ!文明に対する美風の鋭い視線は、単に自分の誘惑を振り切ったから怒ってるワケじゃないんだろうね。あかりのクリスマス会だってのに、こずえはエクソシストを自重しろ(笑)。父親とあかりのシーンは涙腺がヤバかった・・・。あかりが成仏して問題解決。

マヤは父とのクリスマスを思い出し、学園はマヤの願いから建てられたものであり、自分こそ父のことをしっかり見てなかったと気付いて号泣。泣き顔がジブリ級にリアルで、ちょっとどうなのかなと思ったけど(汗)。改めて父を殺した犯人とノストラダムスの鍵を見つける決意をした2人。文明も気持ちを新たにしたようだけど、次回予告を見ると怪しいもんだな(笑)。次回は、高揚した美風の顔と柔らかおっぱい&マヤのペロペロが見所か!?あかりの中の人、15歳なんだってね。若い。

それから、今日は生徒会役員共のDVDを借りてきたんだけど、レンタル版もピー音、モザイク解除機能がありました。これで安心してDVDを借りられます(笑)

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/09/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る
文明はすっかり美風の言いなりになったな。ちなみに、上司に「ハンコ下さい」と言って書類を出すと怒られる場合があるゾ!今回は降霊術で霊を具現化する授業。前の臨死体験といい、技術の進んだ1999年だことで。前学長の霊を呼ぶつもりが、現れたのはおかっぱ頭の岡本あかり7歳でした。CVは水瀬いのりという新人みたい。ちょっと調べたけど全然情報ないね。

マヤの調査に協力すると約束した文明は、直後に現れた美風の誘惑にあっさり負けてマヤとの約束を本人の前で反故。最低だコイツ・・・。でも、美風の魔性の魅力に勝てる女性は、残念ながらオカルト学園には居ないよなぁ。バスに乗る不機嫌全開のマヤの顔、自分は嫌いじゃないね(笑)。何か閃くのはいいけど、JKは叫び顔を自重しような。みんなが調査に頑張ってた頃、文明は美風の作る新作カレーを鼻の下を伸ばしながら食ってましたとさ。このムッツリへタレ!

家に着いたあかりは、玄関で座り込み雪嵐が吹きすさぶポルターガイストを起こし辺りは混乱。文明は、マヤが協力を断る理由に全気付かず「なんか怒ってる?」と、よくもまあ言えたものだ。このまま美風とハッピーエンドとはならないことを祈ってるよ。あかりの父親の会社へ行くと既に退職しており、道路工事の仕事をしてて、一連のいきさつを話すと激怒され・・・。

今回もノストラおっさん無関係な話で次回は解決編。残り4話でどうまとめるんだろ。次回は美風と川島先生が文明を巡ってひと悶着か?ある意味こっちが本編だったり・・・なんてことは無いね。

世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/09/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。