ゼーガペイン(終了)

ここでは、「ゼーガペイン(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


■ゼーガペイン #26「森羅万象」
第26話をざっくりまとめると、キョウの舞浜シャイニングオーシャンパンチ!で敵を撃破し戦いも問題も万事解決!良い最終回でした(笑)。ただ、実体の無いシズノも人間化の目処が立ったとはいえ、記憶を失った笑顔がちょっと悲しく映ったかな。ミナトが高跳びをする際にセパレート水着だったけど、あの高さから飛び降りたらポロリしちゃうと思うんだけど?続編を希望する人もいるけど、上手くまとまったから続編は無くてもいいかなと思う。


それと、今日の昼過ぎめちゃイケの特番で新メンバーオーディションの番組を見てたら、途中、金田朋子さんが出てきて驚いた(笑)。金朋地獄で芸能界侵攻ですか?
■ゼーガペイン #25「舞浜の空は青いか」
シズノの正体が実体を持たない人口の幻体であるとアビスがバラすも、それを受け入れたキョウの怒りのメガトンパンチがヒットしてアビスとシンも死にまくって、戦いの決着も間近。リザレクションシステムを完成させるには誰か一人、幻体から人間化しなければならないということで、キョウが肉体を得て人間に。そのせいでシズノと触れあえなくなったのは寂しいね。次回はシズノにもっと寂しい展開があるだよなぁ。
■ゼーガペイン #24「光の一滴」
猫に導かれる際、雪に足を取られて倒れそうになったカミナギに、キョウは「なんのコニシキ」とフォロー。シマのオリジナルである僧が、色即是空やら会者定離など助言をした際には、「面倒くせー!バ~カ!!」と助言を無視。リアルタイムで見てた時は気付かなかったけど、キョウってこんなに痛いヤツだったっけ?クローンのシマの死とかルーシェンの特攻より、AIが身を犠牲にして消えて行くシーンの方がグッと来たね。
■ゼーガペイン #23「沈まない月」
ナーガの宇宙進化論の授業を聞いて、「俺の拳が!俺の上腕二頭筋が!俺の魂が怒り狂ってる!」と怒りをぶつけるキョウ。それはない。シズノの上目使いでテンションアップ!と言いたいところだけど、中段・下段はナーガの幻なのねこれが・・・。ちなみに、上段は消えたキョウに驚く顔。これもなかなかそそられます。
szn.jpg
■ゼーガペイン #22「ジフェイタス」
シマの幻体が限界を向かえ月でオリジナル体が待っていることを知り、キョウたちはガルズオルムのデフテラ領域拡大が地球を覆うのを阻止し肉体復活作戦を決行。キョウとトガの共闘や、トガのウイザードとカミナギのやり取りすごくほのぼのしてて戦闘中の行動にしてはKYに見えたんだよね。そんな第22話の見所といえばなんといってもEDのミナトの中の人が描いたイラストですね!

それと、BS11で放送中のガンダム・GセレクションのVガンダムは、次回は戦慄のエピソードと言っても過言では無い第36話「母よ大地にかえれ」が放送されます。初見の人は、きっと背筋が凍るでしょうね・・・。