君に届け(終了)

ここでは、「君に届け(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※感想長め。入学式前の出会いを翔太がしっかり覚えていて驚きの爽子。翔太にとってあれはハートキャッチな出会いだから忘れるワケないよね。その想いで時々悶々としながらも1年近く、告白はおろかキスもせずにいられるってのは翔太の我慢強さの表れか?そして新年。お参りした後の滑りそうな階段での爽子へのエスコートで手を差し伸べる翔太。これが初のスキンシップ?

一方、徹が元旦に帰って来ると聞かされた千鶴だけど、表情を見ると徹の事は吹っ切れた感じでちょっと良い雰囲気でした。おみくじで翔太は大吉。爽子は凶(笑)。爽子の恋愛運は「今の人が最上迷うな」。そんなの神様に言われるまでもなく分ってたけどネ!翔太の恋愛運はここでは明かされず、くじを爽子にプレゼント。その理由は最後で。

その頃ピンは、ナンパが上手く行かず境内でアフォっぷりをあやねに嘆かれる始末。って、ピンと徹は同級生だったのか。初めて出会った通学路の坂で、新しい1年を願う爽子のシーンで各キャラの新年の様子が流れてED。龍と千鶴は甘酒飲みながら帰宅。あやねはピンに幽霊アパートを紹介。梅、最後に出番あったって良かった!爽子パパとママはミカンでラブラブ。

そして爽子の自宅前。ここでビシッとオトコを見せてくれると信じてたけど、何もせず何も言えずに帰宅。一瞬へタレ!と思ったけど、爽子にプレゼントしたおみくじの恋愛項目には「愛を捧げよ幸せあり」。告白はなかったけど、くじの言葉が翔太の気持ちってことなんだろうな。これで、爽子は翔太の気持ちを知ったわけだし。新年はもっと貪欲になるかもの爽子。2人の仲ははっきりとしたものにはならなかったけど、いずれあるかもしれない2期に期待したいです。

キミトドは誰得なアナウンサーの歌をバックに、自信のレギュラー番組の告知。朝4時の番組ですか。TV業界は大変ですな。2期についての告知は無かったけど、売り上げ次第ではありそうななさそうな言い方でした。原作コミックもDVDも絶好調みたいなので、案外2期は早かったりしてね。全25話(1話総集編)をニヤニヤ歯を浮かせつつ楽しんで見られました!放送が終わっことだし、原作コミックでも買おうかな。

君に届け VOL.1 [DVD]君に届け VOL.1 [DVD]
(2009/12/23)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト
梅との出会いで好きな男子の前では可愛くありたいと思った爽子。前回の変身ぶりは一瞬、主人公交代かと思った(笑)。ワナにハマって2人きりのドキドキな爽子と翔太ですが、こういう様子歯が浮きそうなシーンも次回で見納めなんだよね。2人して歩くシーンが、BGM無しで風と雪を踏む音だけというのが良い雰囲気だったよ。

鳥居の下で転びそうになった爽子を抱きかかえる翔太だったけど、2人してもじもじするだけで何も無し。あやねが歯痒く感じるのはごもっとも。翔太は初めて甘酒を上手いと思ったのは、きっと爽子成分のお陰です。大晦日の翔太の初めて体験。甘酒ウマー。爽子と初詣。女性物の買い物。残すは初きっすですか?爽子からの初メール。シンプルな内容だからこそ気持ちがより伝わりますなぁ。

爽子の子供時代のすごし方。朝から晩まで延々と一人ゴム飛び。小学生時は一人バレーボール、一人あや取り、一人スピード。小さい頃から一人ぼっちで遊んでた姿は、想像するだけで泣けてきそうです・・・。4歳にして従兄からは座敷童子呼ばわりだし。ちょっと暗い話だったのに、しっかり聞いてあげた翔太ってトコトン出来たオトコだ。

寂しい時間をすごした爽子だったけど、高校生になって翔太と運命的な出会いをして、あやねや千鶴、龍や梅という友達も出来て爽子を理解するクラスメイトもたくさん出来たってことだね。そして次回、新年を迎えての最終回。爽子と翔太の関係はどうなるんでしょうね。

君に届け VOL.4 [DVD]君に届け VOL.4 [DVD]
(2010/03/26)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る
朝起きて、翔太と携帯電話の番号交換したことを思い出して感動の爽子。あまりの嬉しさに天使が舞っております!今日の翔太はいつもに増して輝いてたようで、さすがの爽子も手で顔を覆ってました。眩しいのは視聴者だけじゃなかったんですね。自分の目が正常で安心しました(笑)

終業式に向かう途中に梅とばったり。可愛いあっかんべ~で爽子に挨拶してたけど、残りの話数を考えると梅の登場は今回で最後かもね。もう話をやる余裕はないから。冬休み中はみんなに会えないことを憂う爽子は、翔太の「ばいばい」だけで感動。純粋だねぇ。

千鶴にメールアドレスの設定をお願して、sawako.not.sadako.1231は無いだろ(笑)。ちょっと複雑でアカウントが長いほうが迷惑メール対策になるのは分るけど、もうちょいマシなのあったろうに。大晦日はいつものメンツで初詣に行こうとなって爽子に翔太を誘わせることに。ガチガチに緊張する爽子の誘いに、翔太は即答でOK。大晦日が爽子の誕生日と知り、暗躍するあやねと千鶴

そして大晦日。あやねと千鶴が爽子の部屋に上がって、爽子をメイクアップ。そして、爽子はとびっきり可愛い娘に大変身!まさに劇的ビフォーアフター。こんなの、可愛すぎて爽子じゃない(笑)。爽子の変わりっぷりを見て、翔太息を呑んで固まっちゃいました。ま、好きな子が愛く大変身して来れば言葉が出てこないでしょ。あやねと千鶴の計画で、爽子と翔太は2人きりで神社へ。

関係ないけど、そらのおとしもの2期決定!今から楽しみです。

君に届け オリジナル・サウンドトラック君に届け オリジナル・サウンドトラック
(2010/01/27)
S.E.N.S. Projectタニザワトモフミ

商品詳細を見る
前回からちょっと時間が経ってクリスマス。千鶴が赤点祭りで補習決定な一方で、翔太の提案でクリスマス会を開くことに。来年は確実に2組は不参加になりそうですが・・・。会に参加するか否かを迷ってた爽子をちょっと強引に誘った翔太。オトコをやってるじゃいですか。恋人未満の翔太に手編みのマフラー帽子をプレゼントというのはハードルが高いかな。

クリスマス会への参加を父親に言おうとしたら、爽子が難産だったと聞かされて会への参加を見送る事に・・・。爽子パパが親バカな理由はそういうワケね。翔太は爽子の不参加を聞かされて残念だったようだけど、ああいう話を聞かされれば爽子が家族優先のクリスマスにするのは仕方ないよなぁ。外野が口出しできることじゃないし。

自宅でのクリスマス中、千鶴から電話。翔太の声を聞いた途端、爽子は涙。いくら家族が大切といっても、初めて誘われたクリスマス会に、まして好きな男子も来るといのに参加出来ないなんて、そりゃ落ち込みますって。爽子パパが携帯電話をプレゼントしてクリスマス会に行かせてあげたシーンは、ちょっとホロッときそうでヤバかった(汗)。ここはオヤジに同情したくなるよ。

雪降る中、一人爽子を待ってた翔太。くそ、同性でもホレてしまいそうなほど格好良いじゃないか!爽子へのプレゼントは、四葉のストラップ。翔太へのプレゼントは、ネック腹巻と携帯電話の番号。一方は手編みで、もう一方は好きな女の子が初めて持った携帯の番号。これは嫉妬せざるを得ないプレゼントだ(笑)。次回は久々胡桃沢 梅が登場。

君に届け VOL.5 [DVD]君に届け VOL.5 [DVD]
(2010/04/21)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る
泣いてスッキリした千鶴は翌日に復活。トゲか取れて丸くなった千鶴なんて千鶴じゃないぞ(笑)。あやねが言うように、龍が半ば憎まれ役みたいになってくれたから、千鶴が徹への恋に踏ん切りが着いたというのはあるかもね。3人が歩いてた所に徹が来て、千鶴と2人で思い出話。千鶴と徹を会わせるとは、徹もニクイ演出をするもんだ。

徹に見せたかった待望のミニスカ(学校の制服)は、あっさり流されちゃいました。ちっこい頃から半ズボンで足を見せてれば、そりゃ何とも思われないよなぁ。千鶴が忘れてたような昔の思い出を徹はしっかり覚えたりと、千鶴は嬉しそうでした。ま、夜中3時にクワガタ取りなんてこと、早々忘れるもんじゃないけどナ!

徹に制服姿が可愛いと褒められて照れる千鶴。すごく乙女に見えたんだけど、誰ですか?この可愛い美少女(笑)。徹の婚約者のことはほとんど分らないけど、徹より強くて一生一緒に居たいと思わせる程の人みたい。千鶴と徹で互いに「好き」という意味合いが違う告白になったったけど、徹の結婚をお祝いできて良かったよ。徹が龍に言った「がんばれよ!」は、千鶴との仲のことかな。

龍は千鶴と迎えに。徹への恋が終わって「慰めてよ」と龍に言ったときには、これはキス来たか!?と思ったけど、抱きしめるだけの視聴者としては寸止めで終り。そんな2人の上から初雪が。千鶴の話は今回で最後ですが、原作ではこの先で龍との話があったりするのかな?次回から最終話までは爽子と翔太の話。残り4話。噂では2期があるような無いような感じですが、どれだけ、想いが君に届く終わり方になるんですかね。

君に届け 10 (マーガレットコミックス)君に届け 10 (マーガレットコミックス)
(2010/01/13)
椎名 軽穂

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。