キディ・ガーランド(終了)

ここでは、「キディ・ガーランド(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※感想長め。銀河破壊爆弾はアイネイアースへ。Touch&Goのオカマ店長のミ・ヌゥルーズは過去の何かの事件の当事者みたい。で、トーチが土壇場で改心し、さらにはガクトエルに深く心酔していたシェイドも、裏切ったトーチを始末しろという命令に逆らい、ブラッディローズをくらったトーと共に2人仲良く退場。2人は最後まで「悪」を貫いて欲しかったな。

リトゥーシャは、市民にノーブルズとしての誇りをもってこれからの辛い生活を頑張りましょうと説得して脱出を指示。サフィルはク・フィーユの力で時間を止められて行動不能。最終回でやっとヴァイオラとシザーリオデクストラとシニストラが登場。ヴァイオラの活躍が泣けるほどわずか・・・。デクストラとシニストラのセリフ無しは、一方はシェイドとキャラも声も被るし、もう一方は声優が他界してるから仕方ないかな。

能力を封じられ部下も失ったにガクトエルに、アスクールは一緒に残ると言ってク・フィーユを先に行かたのは、せめてもの兄孝行?時間が止まって棒立ちだったサフィルは、崩れ行くエルデメテオールの中から大気圏に落っこちて死亡。すごく地味な最期でした。相棒だったリュビスは、脱出艇を逃した後、噴射ノズルに焼かれて退場。

大気圏に落ちていくガクトエルは、最後にアスクールへの想いと力の全てを託して消滅。前作のラスボスが親子愛で逝ったなら、ガクトエルは兄妹愛で逝ったってことだね。兄の力でパワーアップしたアスクールと、ディアのキスでパワーアップしたフ・フィーユの強力技で爆弾を横にヒョイっとどかして危機回避。駆けつけたミ・ヌゥルーズ、ESメンバーっぽい風体だったけど正体は何者だろ。

そしてエンディング。Gソサエティの悪行が暴かれ、GTOは再興。死んだと思ってたトーチとシェイド、リュビスは生きてました。こういう死ぬ死ぬ詐欺は要らないよ。むしろ死んでた流れ的に合ってたと思うけど。エクレールとリュミエールはGTOに復職で窓口案内。やっぱり2人はこのポジションがしっくり来ますなぁ。墓地の片隅にはガクトエルの墓が。Touch&Goではエクレールとアスクールのプリン争奪戦と5人は新たな特務へ。ラストはエクレールとアスクールのぽっきゅ~ん!で締め!


全24話が終了しての感想ですが、正直特にありません(汗)。キディ・グレイドが好きだから、エクレールとリュミエールの活躍に期待してたから、自分の感想を読んでくれる方が居るかも知れなかったから最後まで見ましたが、キディ・グレイドの続編でなければ2話で視聴を止めてました。寒いギャグや盛り上がりの無いストーリー。敵とは大したバトルもなく、最後の方は馴れ合いばかり。

ガクトエルの行動には大義名分は無く、シスコンから騒動を起こしただけ。感想はないけど突っ込みたい所はてんこ盛り。一昔前ならこのアニメもヒットしたかも知れないけど、全てに置いて古臭い印象。せめて評価できるのは、新人声優3人の演技くらいかな。他には何も無いです。3年半も待った挙句のこの続編。あんまりです。最後に、BD版第1巻の発売が4月16日に決まったとか。DVD版は5巻の発売が近いですが、この開きからして売る気が感じられないね。

キディ・ガーランド キャラクターソング6キディ・ガーランド キャラクターソング6
(2010/04/21)
トーチ(中井和哉) シェイド(飛田展男)シェイド(飛田展男)

商品詳細を見る
スポンサーサイト
銀河系消滅爆弾が起動して焦るトゥイードゥルディに対し、アスクールたちはとっても前向き。君らはもっと緊張感をもった方がいいと思うけど。爆弾を止めるべく、3人はガクトエルの元へ。その前にはトーチとシェイド、そして怖いおねいさんのサフィルが立ちはだかったワケですが、サフィルの目が血走ってて怖さ200%アップ。

ガクトエルはノーブルズ復権は戯れ言だとぶっちゃけちゃいました。ま、そんなの大分前に分ってたけどね。ガクトエルが世界に復讐するのは、名家に生まれた身でありながらも、男でも女でもない存在として生まれたことで家督を継ぐ資格を剥奪され、実験施設に送られてしまったから。存在を否定されて妹のアスクールも施設送り。そういったもろもろの屈辱を与えた世界を壊したかったとか。

イヴェールの乱入と、アスクール、ク・フィーユ、ディアの3倍パワーでガクトエルを封印。彼がしたことと逆の力を作用させることで爆弾を停止させようとしたアスクールとク・フィーユの前に、真・主人公のエクレールとリュミエールが現れて、エクレールはアスクールのぽっきゅ~ん!の挨拶に唖然(笑)。4人のパワーで爆弾を完全停止。エクレールとリュミエールも無事、元の空間に戻れました。

ガクトエルを捕えたかと思ったら、実はそれは幻でしたというオチ。前回もそんなネタがあったような。爆弾も再起動。サフィルの攻撃を止めたリュビスの腹のど真ん中に氷の槍がぶッ刺さり、それを更に押し込むキチクぶりのサフィル。ピンチな場面でアスクールも駆けつけ、次週最終回。前作のファンすら酷評し、BD第1巻が発売未定及びDVD第5巻の発売が少し延びるなどマイナスイメージが多い今作ですが、有終の美を飾って終われるのか、最終回くらいは大きく期待していいの?

キディ・ガーランド キャラクターソング5キディ・ガーランド キャラクターソング5
(2010/04/21)
リュビス(斎藤楓子) サフィル(水原薫)サフィル(水原薫)

商品詳細を見る
Gソサエティが時間の凍結した空間で元GTO艦隊と撃ち合いを開始。ク・フィーユが記憶を取り戻した代わりに、アスクールが捕らわれの身に。ク・フィーユがガクトエルに永遠に時間を止められ様子に、同情的な声がチラホラ。リュビスは、ディアにク・フィーユを助けてくれるよう頼んだりと、実は優しい獣っ娘でした。ク・フィーユの凍結はディアの力であっさり解除。

時間の凍結した空間を平和利用されると思っていたリトゥーシャは、銀河系消滅が目的だったと知って激しく動揺。銀河系が無くなったら大切なばぁちゃんが死んじゃうから。アスクールはシステムのキーにされて逃げることが出来ず、またリトゥーシャの涙の訴えに逃げるワケにもいかず・・・。

ガクトエルは自身とアスクールの力で時間の凍りついた空間を止めている能力者(エクレールとリュミエール)を消し、空間を活発化させて爆発を起こすつもりだとか。そこにク・フィーユとディアが現れて、リュビスの裏切りがバレました。ク・フィーユがリトゥーシャ達を圧倒。さらにトゥイードゥルディとドゥルダム、アンオウとエイオウがオイシイ場面で登場。トゥイーデルディの格好良さに惚れたパウークに、リトゥーシャとドゥルダムの刺すような視線(笑)

サフィルは傷を負うも逃走。リトゥーシャ、パウーク、リュビスは投降。こうして見ると、「敵」はガクトエルと愛人のリュビスだけだったのかな。あとはシェイドがどう出るかですね。なんとかシステムを止めたと思ったらそれはガクトエルの罠で、システムは起動し時間の凍りついた空間は活発化。それによって、エクレールとリュミエールも凍結も解除。2人は空間を押さるのに精一杯だから活躍はどうかな。予告を見ると、サフィルは次回で最期かも。

キディ・ガーランド 第2巻 限定版 [DVD]キディ・ガーランド 第2巻 限定版 [DVD]
(2010/02/12)
内田彩合田彩

商品詳細を見る
Gソサエティの本体・どんぶり惑星は、時間が凍りついた空間へワープ。そんな中、シャドウワーカーが勢揃いでアスクールはピンチな立場に。シスコンなガクトエルは能力や記憶を目覚めさせる為、アスクールにキスをするのに躍起。しつこいおにーちゃんは嫌われるゾ。アスクールは記憶の無いク・フィーユに、「記憶は良し子ちゃんじゃなかったの!?」とナイスなギャグ。

アスクールがあまりにもキスを拒否するので、ついにガクトエルもイライラが限界。ク・フィーユは、アスクールの必死なの訴えに涙。死を覚悟しするかのようその行動に、捕獲したリトゥーシャとパウークもタジタジで拘束を問解いちゃいました。解いちゃダメだろ・・・。ここでやっと、ガクトエルはアスクールとのキスに成功し、蘇るアスクールの記憶

アスクールはGソサエティに住んでいた時、施設に強制的に引き取られて両親とは離れ離れ。施設では死んだとされてたガクトエルと再会。アスクールとキスで共鳴したガクトエルはGクラスの力に目覚めるも、施設が崩壊してアスクールは瓦礫の下敷きで死んだと思ってたと。でも脱出ポッドのお陰で生き延びており、ある惑星に不時着した時には記憶の全てを失っていて今に至るワケね。

ガクトエルは最初はノーブルズの復権の為とか言ってたけど、それは建前で、本当は妹を捜し求める為に一連の騒動を引き起こしたってとこかな。ガクトエルに反抗したク・フィーユは、彼の怒りを買って用済みに。非情なガクトエルに、シャドウワーカーが動揺する中、サフィルはノリノリで抹殺行動に。ま、新参者のク・フィーユに愛人を独り占めされたんだから怒るよね・・・。

やられそうなアスクールとク・フィーユだったけど、2人がキスをしてGクラスに開花。おにーちゃんを蚊帳の外に置くいかっていの?ガクトエルの目は逝ってプッツン気味だよ?残り3話ですが、そろそろ佳境に入って欲しいんだけどな

キディ・ガーランド キャラクターソング4キディ・ガーランド キャラクターソング4
(2010/02/24)
ベル(堀川千華),ミ・ヌゥルーズ(白石稔) アリサ(相沢舞)アリサ(相沢舞)

商品詳細を見る
今回もク・フィーユのルンルン気分で始まった第20話。シャドウワーカーとのバトルを1つでも挟んでくれれば、ちょっとは盛り上がりそうなんだけど、残り4話。もう手遅れか・・・。ク・フィーユはリトゥーシャとパウークと共にばあちゃんの見舞いに行くことに。ク・フィーユが子供に「新しい妹姫様」と呼ばれてたのは、リトゥーシャより前にもガクトエルの妹が居たのかね。

それにしてもク・フィーユ。リトゥーシャを「ガクトエルの妹ではないただのシャドウワーカー」だなんて、キズをえぐるようなことをさらっと言ってちびっ子を泣かすとは酷いな。リトゥーシャもク・フィーユの秘密を暴露して2人して口ケンカ。自分がGTOのESメンバーだと言われて、ちょっとはアスクールを思い出したけど、シェイドの能力で再び洗脳。

歯磨き中にク・フィーユと共鳴し、元GTO局長でESメンバーに復帰したイヴェールの許可ももらってク・フィーユをお迎えに。立場フリーになってイヴェールは性格変わったな。宇宙に出てすぐ、ク・フィーユの居場所を突き止めたのは神頼みのポーズのお陰ですか?Gソサエティの本拠地、通称どんぶり(アスクール命名)に到着し内部へ。

そこで既視感を覚えたのは、どんぶり惑星でアスクールが育ったからかな。もしくは、ガクトエル共々、人体実験をされた場所だとか。再びの共鳴でク・フィーユが立ちふさがり、ついでにロリコンお兄ちゃんことガクトエルも登場。次回、アスクールの過去が分るみたい。


話しそれますが、今週の週間トロ・ステーションのガンダムUC特集を見たら、無性に興味が湧いてきました。今まではレンタルで見ればいいかな?と思ってたけど、これはBDを買うかも・・・。

キディ・ガーランド 第1巻 限定版 [DVD]キディ・ガーランド 第1巻 限定版 [DVD]
(2010/02/05)
内田彩合田彩

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。