薬師寺涼子の怪奇事件簿(終了)

ここでは、「薬師寺涼子の怪奇事件簿(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終回は、街中で大暴れした女王様の奇跡の大逆転のお話。ウインク一つで戦車を壊すって・・・ホントに行動不能にしてると思ったら、中にメイドさんが乗ってました。最後もナイス活躍。それから、そういう危ないオモチャを街中で動かしてはイケマセンよ、女王様。

泉田を説得するもなみだけど、それは聞けない話だな。彼は涼子の奴隷であり下僕であり、「いい人」でもあるからね。彼にちょっかい出したら社会的な抹殺は確定だし・・・。逆に、もなみを説得する泉田を微笑みながら見つめる涼子の顔が、勝ち誇って見えたけど(笑)

涼子は東京タワーを爆撃。文化遺産にナニしてるんですか(汗)。瑠璃子が、「あなたの破天荒さには、呆れて物も言えません」というのは、最もなご意見です。初登場以来何度もご出演頂いたあのデカ男は、逃げる時車ごとペシャンコ。今度こそ成仏しろよ。

涼子が瑠璃子と対峙していた頃、お由紀は「愚かな人間共!この私の膝元にひれ伏すがいいわ!」と、少々壊れ気味に高笑いしながらマシンガンをぶっ放していました(笑)。普段大人しい人ほどブチ切れると手が付けられない典型的な人だね。良い意味でコワイ人ですw

涼子の策で形勢逆転。好みの男も共通で、同じ薬師寺涼子同士だからともなみを説得。共に世界征服を目指す最凶(最狂・最恐)コンビ誕生!。扱いを誤ると大怪我の、泉田は両手に爆弾状態(笑)。まだ、JACES乗っ取りを狙う瑠璃子の方がマシだろ。

瑠璃子と野長は、涼子が開発させいていた反魂の術を受けた者を葬る液体を浴び、野長は叫びながら白骨化して死亡。瑠璃子は顔半分ただれても声一つ上げず、捨てセリフを残しながら死亡。今回死んだのはクローンにすぎずないらしいので、いずれ再戦するだろうな。TVシリーズで見たかったけど、原作ではどういう扱いなんだ?

事件は瑠璃子が自衛隊の演習中で死亡という形で解決。記者会見で、「これからも真摯な態度で職務をまっとうします」とコメントする涼子。おかしいな、今までそんな態度の女王様は映ってなかったようですが?。マスコミや警察幹部というと、彼女を散々コケにした事による圧力で首が飛ぶことを恐れ真っ青(笑)。そしてほぼ全壊の東京タワー

もなみは薬師寺家に引き取られ、メイドさんと仲良く学校通い。とりあえず死ななくて良かったかな。旅行先で涼子のお肌にオイル塗りしつつ、服をひん剥かれ羨ましい状況・・・は夢オチかい!。話全部が夢オチかと思った。

最後は、二人の前を何人目かの瑠璃子が車で通り掛かりつつ、泉田が「私は泉田準一郎、33歳。薬師寺涼子の・・・」と何やら決意したところで終り。2期も十分ありそうなちょっと含みのある終り方だけど、事件だけでなく二人の微妙な恋のやり取りがツボに入って結構面白く見れました。ライバルも生きていたことだし、ここは2期を期待したいですね。

Le recueil des faits improbables de Ryoko Yakushiji3 薬師寺涼子の怪奇事件簿 3Le recueil des faits improbables de Ryoko Yakushiji3 薬師寺涼子の怪奇事件簿 3
(2008/09/10)
TVサントラatsuko

商品詳細を見る
スポンサーサイト
今回は、女王様が嫌味なオバサンにボッコボコにされるお話。もなみは三人目の涼子で、一人目は情緒不安定により自殺。二人目は遺伝子の不具合で怪物化。涼子たちの前に現れたのは二人目なんだけど、画面が暗過ぎて全然見えねぇ~。

自衛隊とNPPで涼子の会社、JACESを駆逐したい理由は前回の通り。もなみに野長を嫁がせるってのが無性にムカツキますが。野長はもなみの人ならざるモノを呼び込む力が欲しいそうだけど、そっち系にご執心なのかね?

涼子が負傷した泉田に、自分がこれから大仕事なのに寝たっきりが気に入らないから「罰」を与える、というかと頬をナデナデしながらナニするかと思いきや、キスかい!。泉田は眠っているからまったくオイシくないけどね。キスを寸止めしたのは、甘い罰は瑠璃子を倒してからってことだろうね。罰というのが口実なのは見え見えですけど。

ヤバイ状況でなおケンカ腰の涼子とお由紀だけど、それでも協力を仰ぐ辺り信頼し合ってるんだな。そのお由紀を「風紀委員みたいなオバサン」というのは失礼過ぎ(笑)。まだ27歳なんだけどな。いや、もう27歳と言うべきか???

単身瑠璃子の元に乗り込んだところで、戦車や戦闘ヘリから砲撃の側にいてよく無事なもんだ(汗)。あれだけ近距離で爆風喰らえば、アバラの数本逝ってもおかしくないけど。一方的にやられて弱気になる女王様はあまり見たくないな~。

そんな女王様も携帯の「泉田の着信」を見て勇気100倍!。現金な人だ(笑)。無人の店でドレスアップし、支払いとして置いて行く凡人には無縁のブラックカードが眩しい。泉田と合流した途端彼の腕に倒れ込むんだから、そのまま押し倒して・・・。とはなりませんよね、後が怖いしw

涼子が窮地に立たされても笑っていられるのは、単に性格だからではなく、もなみも察したように泉田の存在が大きいんだろうな。「涼子と一緒ならどんな困難も乗り越えられそうだ!」と言った泉田に、涼子が「それは私の・・・」と言いかけた先の言葉は容易に思いつくし。

次で最終回は惜しいけど、事件の解決より涼子と泉田の関係はどうなるのかの方が気になるな~。

Le recueil des faits improbables de Ryoko Yakushiji 2 薬師寺涼子の怪奇事件簿2Le recueil des faits improbables de Ryoko Yakushiji 2 薬師寺涼子の怪奇事件簿2
(2008/08/06)
TVサントラ

商品詳細を見る
今回は、ちびっ子涼子こともなみがいろんな意味でオトナになるお話。そう、いろんな意味でね(笑)。昭和21年夏、瑠璃子と涼子のじいちゃんの間には繋がりがあったて・・・、彼女は今一体歳幾つなんだヨ。私○○17歳です、オイオイ!ってなオチは無しね(笑)

全回予告の涼子はもなみだったんですね。数日であんなの大きくなるんだから見違えるもするか。でもムネは成長しなかったようで・・・。瑠璃子を見張っていたお由紀が泉田に情報を伝えようとコソコソしてたの涼子に見つかり、自分にも聞かせないと泉田を拷問にかけちゃうゾ、と彼を引き合いに出すのは横暴過ぎですよ女王様(笑)

涼子曰く、瑠璃子の目的は日本の再武装化であり、昔、涼子の祖父に強力を仰ぐも交渉決裂したのでその腹いせに涼子を消しに掛かったのが今回の騒動の元にあると。お由紀が瑠璃子の「若さ」に気付いたけど、ホント幾つなんだ(汗)

涼子が泉田の部屋に入って来た時、もなみが泉田とよろしくやろうと(単にじゃれてるだけですが)する場面に出くわして、勘違いして照れるお由紀と眉間にしわ寄せてお怒りモードの涼子が面白かった(笑)。また寝取られたのだから動揺もするか。涼子に、「自分ともなみのどちらと暮らすか?」と聞かれ戸惑う泉田を冷めた目で見るお由紀もナイスw

涼子がメイドさんに調合させている物というのは、もなみの成長促進と関係あるのかも。カプセルに入るか薬を飲まないといけないのか分からないけど、もなみは老化が早そうだし。

涼子の秘書の野長には涼子が泉田に好意を寄せているのはバレバレ。涼子にとっては、泉田と推理に当たる時間は甘いデートそものなんだとか。いずれ泉田が涼子の気持ちに気付いて、二人は結婚するだろうとも言ってたけど、TVじゃ2期以降がないとそこまでやらないだろうな。

ストレートに描かない大人の恋愛を、上手くツボを突いて見せるから余計気になるんですよ。ここまで原作が気になるアニメは久々。二人の行く末が気になるし、原作コミックでも買ってみようかな。

と、腹心の秘書が涼子の会話を盗聴してほくそえんでるけど彼女も気付いており、盗聴のおそれがない物置部屋で密着討論会(笑)。

野長は、泉田に好意をよせる涼子のことをもなみにけしかけ、更に瑠璃子も涼子が居なくなれば泉田はもなみの物とたき付けて涼子抹殺を計画。その瑠璃子は、元公家の人間で反魂術で寄せ集めの死体から怪物やクローンを作っていたと。瑠璃子の「作品」であるもなみを使って薬師寺家乗っ取りを図っていたんですね。

残り2回で最後ですが、涼子と泉田、瑠璃子の決着がどう付くか楽しみですね。次回、泉田負傷?

薬師寺涼子の怪奇事件簿 (1) 魔天楼薬師寺涼子の怪奇事件簿 (1) 魔天楼
(2004/07/23)
田中 芳樹

商品詳細を見る
今回は、前回登場したちびっ子涼子を大きな涼子が連れ出し、自宅でメイドをさせつつ自身は新妻気分でルンルンなお話。メイドさんがムカデロボットにやられたのか!?と思ったら、怪我も無く一安心。涼子たちはちびっ子を襲わないムカデロボをしり目に無事脱出と。

芝の女王こと石動瑠璃子は、防衛大臣と手を組みソイツを総理大臣にすべく暗躍しており、その計画を遂行する上で涼子が邪魔だからスキャンダルをマスコミに流したわけね。マングローブ妖怪にやられたと思ったあのデカ男はまだ生きてましたよ。しつこい男は嫌われるゾ。

涼子からちびっ子涼子の事を聞くのは当然として、風呂場まで付き合わないといけないとは、涼子の奴隷ってオイシイ仕事だな~。泉田が仕事をしていると、一人では眠れないちびっ子涼子が部屋に入って来て寝かしつけ、そのまま二人一緒におやすみなさい。

でも、部屋の外では泉田とワインを飲もうとしていた涼子がそれを見ていて・・・というシーンで、涼子がどういう心境だったか考えるだけで面白かったです。好きな男を寝取られたわけですからね(笑)。涼子の部屋にあった、「新妻のための失敗しない料理」という本を泉田に見られて慌てる姿もかなり良かったです。女王様も好きな男の為には必死ということか(笑)

仲良くなった一行だけど、涼子がちびっ子涼子を遠い国に捨てようとしてる話(保護の為の国を探していただけですが)を聞いて家出し、それを追いかけるもまたムカデロボが邪魔して、彼女は再び瑠璃子の手に落ちて・・・。

今回で終わるかと思ったエピソードは次回の9-C(第11話)に続くようです。雨の中をさ迷う涼子を自宅に連れ込んだ泉田。一体ナニをするつもりだ???。残りの放送を考えると、ちびっ子涼子を絡めて最終回までやるのかな。瑠璃子との決着がどう付くかも楽しみですね。

薬師寺涼子の怪奇事件簿 第1巻薬師寺涼子の怪奇事件簿 第1巻
(2008/09/26)
生天目仁美木内秀信

商品詳細を見る
今回は、涼子と結ばれた泉田が、棺の中で同僚のたちから祝福されるという良い夢を見た後出勤してみると、女王様は海外へ仕事に行っており安息を得るお話。要は奴隷解放宣言(うそ)。泉田を置いていく位だから、余程重要なことがあったんだろうね。

泉田が、お由紀からの呼び出しでJACESに向かうとそこには、メガネ外して髪をほどいた水着姿のお由紀がいましたと。なかなか貴重な良いお姿ですな(笑)。でも、「目の保養になった」なんて涼子が聞いたら・・・。よくもまぁ恐ろしいことを思ったものだ。

2話の登場以来久方ぶりに、島本さんが演じる「芝の女王」こと石動瑠璃子が動き出しましたね。お由紀曰く、彼女は警視庁庁舎という特に秘密の深い部署に属し、涼子ですら手を出し辛い部署の人間だとか。しかしお由紀さん、警察が携帯で証拠写真を撮るのは、如何な物かと・・・。

涼子が次期社長となるJACESは警察官僚の天下り組織で、そのことが公になると涼子は失墜しかねないな~、と泉田たちが酒を飲みながら話をしていたら、涼子を社会的に抹殺しにかかった芝の力で翌日現実となり、涼子は一転「時の人」に。

バッシングにさらされる涼子だけど、今までの傍若無人ぶりが非難されなかった方が不思議ですが、就職先を失くしてまで非難するメリットは無いんだろうけど。

聞屋からは「一緒の棺に入らないように気をつけな」というのは、冒頭の夢に繋がるわけね。そんな中、我らが女王様が登場し泉田を車で拾って、芝の女王の元へ。メイドさんがムカデロボットの気を逸らし、涼子達が奥の部屋に入ると、そこには涼子にそっくりな子供がいて・・・。次週解決編。

メイドさんがお遊びしていたムカデロボットが健在だということは、撃破をしくじったのかも。まさかやられちゃったりしてないよね???。予告で涼子の裸を見た泉田は、お由紀の水着よりこれこそ目の保養だと思うけど。ちびっこ涼子。これで性格がアレなら泉田はウハウハだ(笑)

Le recueil des faits improbables de Ryoko Yakushiji3 薬師寺涼子の怪奇事件簿 3Le recueil des faits improbables de Ryoko Yakushiji3 薬師寺涼子の怪奇事件簿 3
(2008/09/10)
TVサントラatsuko

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。