ロザリオとバンパイア(終了)

ここでは、「ロザリオとバンパイア(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月音の処刑が迫る中、新聞部のピンチに颯爽と現れ仲間たちを解放したのは瑠妃でした。一発キャラで終わらるのではないかと心配したよ。今まで何をしていたのか、「色々あった」とか「その話は後で」とか言ったのにスルーかよ(笑)。パンチラさえ見れればキャラの背景なんて無視してOK!(え~

みんなが合流したところでクルムがまたモカをビンタ。前は秘密を黙っていたから、今回は仲直りのビンタ?月音救出でモカたちの反撃に、シャアのネオジオン公安委員会の手下も応戦してたけど、案外見かけ倒しなヤツらばかり。女性の手下なんて、ゆかりのタライ攻撃でやられてるしさ・・・。

月音を助け出して喜んだのも束の間、シャアの攻撃で胸を貫かれ全身火だるまになって二度目の死にオチ。あれだけ焼かれたら普通の人間は即死ですけど、ここは主人公ということで、モカの血を与えられ復活。いわゆる主人公補正ね(笑)。主人公たる者、そうカンタンには死にません!

シャアも本性を現し、その正体は妖狐でした。瑠妃とゆかりの合体魔法で傷を負わせ形勢逆転!と思いきや、更なる力を解放し以前よりパワーアップ。ド○ゴ○ボールのフ○ー○みたいになヤツだな(笑)

覚醒モカが奮戦するも、相手はニュータイプ。攻撃を避けられ、グーパンチ×1、ボディーブロー×4、アッパー×1etcというやられっぷり。ヒロインなのにヒドイ・・・。そのピンチ救ったのが、やっぱり蘇った月音(笑)。主人公の反撃が始まるゾ!みたいな展開でしたけど特にナニする訳でも無く、最後はモカのパンチラスーパーキックでシャアを圧倒し、バトル終了!あっけねぇ~・・・。

シャア程の実力者の目的が、一学園を支配することにあったというのも、なんだか器の小さい理由ですね。月音処刑の騒動は「濡れ衣」ということで一件落着。モカの裸に包帯巻き姿に萌えつつ、月音とモカのキスで爽やかエンドか?!というところでクルムたちが乱入して、いつものドタバタぶりで終わり。いつもと違うのは、モカを含めたヒロイン5人の「ちゅ~!」を受けたくらいか(笑)

最後はどんよりな雰囲気でしたけど、パンチラを含め割と良く出来た作品でした。2期目はあるか分かりませんが、個人的には期待したいですね。1クールと短かったので詳しくは描かれませんでしたけど、今度はモカのロザリオの話をして欲しいですね。

ロザリオとバンパイア 1ロザリオとバンパイア 1
(2008/04/25)
岸尾だいすけ、水樹奈々 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
このアニメ、いつから熱血新聞部物語になったんだ(笑)。冒頭のような格好良さは必要ありません。これまで通り、エロく可愛いチラリズムさえあれば十分!というか、ロザバンにはこれしか見所ないだろ(爆

公安委員会の裏を暴く写真は手に入ったけど、証言が無いと無意味。そこで、いつぞやのファンクラブの連中に協力を仰いだよ!とみぞれが言うが、それは協力ではなく脅迫と世間的にはイイマスガ・・・。そいつらの部室にあったモカやクルムのデカメロン強調フィギュア、ちょっと気になったな~。

月音たちが公安委員会打倒に燃えている頃、カミーユからシャアに、月音が人間ではないか?という情報が入り、査問に掛けられることに・・・。ちなみに今回のサービスシーンは、クルムのパンチラスカートひらひらアタックに、モカのホワイトパンツ、ニャンコ先生の揺れるデカメロンのアップね(笑)

ヤバそうな雰囲気が漂ってきたBパートですが、学校関係者の証言で、月音がさらに大ピンチに!その中で、ムネチラ・ミニスカの久川先生の目に、身元がバレない様にする為の黒い横線が入るといつも以上にドキドキしましたよ。ラストシーンでの見事なメロンバウンドもナイス(笑)

カミーユの拷問にクルムとみぞれの主張も揺らぎ始める訳だけど、モカのシーンだけ別格の盛り上がりがだったね。ムネや全身に妖しげな汁真水が滴って、苦しみ悶えるモカ。これどんなSMプレイなんですか(笑)。

苦しむモカの姿に、月音が自分が人間であることを告白し、それをクルムとみぞれに聞かれ、百年の恋も一瞬で冷めたように信頼ガタ落ちで友情も冷めざめ。秘密を黙っていたモカをクルムが平手打ち。ヒドイよ・・・。

新聞部が内部分裂する最中、月音の有罪確定で公開処刑が決定。重い展開だ・・・。ラスボスのシャアはモカの覚醒パワーで倒せるのか気になるところです。クルムもヤツの眼力だけで圧倒されてたようだし。でも最後はスカッとするような、一発大逆転のパンチラハッピーエンドを期待!

ロザリオとバンパイア 七夕のミス陽海学園 特典 Amazon.co.jpオリジナル「クリアポスター(ギリギリ温泉編)」2種セット付きロザリオとバンパイア 七夕のミス陽海学園 特典 Amazon.co.jpオリジナル「クリアポスター(ギリギリ温泉編)」2種セット付き
(2008/03/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る
冒頭のシーンは妙な爽やかさがあって、最終回みたいな雰囲気に思えたよ(笑)。月音が実家に帰省しなかったのは何か家庭に問題があるのかなと思ったけど、単に仲間と過ごす事に安らぎを感じていたからか・・・。少しくらい顔出せばいいのにね。

今回は新参の超新聞部「妖怪スクエア」と、古参「陽海新聞」の対決!ちなみに超新聞部の部長・蛍糸のパンツの色は。クルムも。両者ホワイト。面白みには欠けるけど、これはこれでそそられますが・・・。Simple Is Bestとは良く言ったものだ(笑)

銀影はいつもの通り校内の風景写真撮影。立派なレンズ持ってたけど、よく片手だけで持てるな。あれだけデカイと三脚使わないとしんどいと思うけど。1リットルのペットボトルを片手で持ってみれば大体重さが分かるかな?エロスへ飽くなき探究心が成せる業ということか(笑)

そしてお約束の、クルムとゆかりのお色気作戦。ゆかりは可愛いけど、クルムはエロ可愛いからクルムの勝ち(何の勝負だ

陽海新聞を支持すれば手作りクッキーが貰えるようだけど、そんなので釣られるか!と思った一方で、ライバルは水着の生写真をプレゼント。まあ、クッキーより写真の方が何かと使い道が・・・

銀影の情報で、ライバルの裏には公安委員会が暗躍していて陽海新聞部としては手出しできないから諦めろ宣言を出すことに。せっかく作った新聞を廃棄している所に、蛍糸が現れクルムと月音ピンチ。今回の妖怪はクモ女。やや美形な顔だったけど、こいつも久川先生同様、本性現すと萌え気分も激しく萎えるお姿に変身・・・。

月音を助けるべくこれもお約束のロザリオ外れてモカ覚醒。クモ女さらに本性剥き出しで、キモフェイスにチェンジ。もはやエロスの欠片すら無くなってしまいました・・・。バトルはモカの、い~と~まきまき戦法で歌込みの117秒で決着。最終話はEDにも出ていた公安委員会との話になるのかな?

それにしても、そのボスの声がシャアで、側近がカミーユというのは豪華なキャストですね。

ところで、瑠妃のことは完全スルーですか???まだ出番があると信じたな。

ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(6)ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(6)
(2008/03/26)
福圓美里,こやまきみこ,釘宮理恵,千葉紗子 水樹奈々

商品詳細を見る
前回、プッツンしたモカたちと重傷を負った月音はあれからどうなった!?と、衝撃の展開の続きを期待していたら、何事も無かったようにいつものまったり雰囲気が流れてました(笑)。ドラゴノーツじゃないんだから、途中の重要シーンはしっかり描こうよ!

ひまわり畑にだけに居場所を見出していた瑠妃に、「妖怪学園に来ればいいんじゃない?」と月音が言うけど、お館様のことが解決してないのにそれを言うのはちょっと違うだろ。ルビの歌と共に彼女の心情が流れる演出も、すべて解決した後なら良い演出なんだけどな~。

屋敷に戻り、お館様の触手攻めの瑠妃。彼女の後を追ってきたモカたちもそれに捕らわれ、苦しむ顔・・・、ではなくパンツのアップ(笑)!良いカメラワークですよ!しかしそんな雑魚に負けるほど弱くないわけで、クルム、みぞれ、ゆかりは早々に撃破。そしてモカは、淫獣ひまわりオバケのヨダレ攻めにあっていた(笑)

防戦一方だったところで、モカのロザリオを外して形勢逆転。バトルは1秒で終了。とは当然ならずリターンマッチへ。怪物の返り汁を浴びて透けるブラと揺れるデカメロン。でも、ゆかりだけ成長の都合上揺れる事が出来ないので、破れたソックスのアップ。

モカはというと、覚醒しても力及ばなかったのか、服はボロボロの大股開きで逆さに吊るされる羞恥プレイにあっていた(笑)。これはさすがに覚醒モカも恥ずかしかったようで、若干赤面顔でしたね。モカの徹底した視聴者へのサービス精神に感服ですヨ!今回の見所はコレで決まりだな(この変態め

リターンマッチは偉く気合入った作画と演出だなと思ったら、ガイナックスが担当していたようです。見応えがあるはずですね。最後の怪獣大決戦は、モカのスー○ーイナ○マキックで終了!

銀影がルビを連れ帰ったということで、月音のハーレムに新たな美女が加わることに(笑)。次回、目を覚ました瑠妃がどう活躍するか楽しみですね。このキャラも月音にゾッコンラブするのかね~。

ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(4)ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(4)
(2008/03/26)
釘宮理恵

商品詳細を見る
モカの私服は可愛いけどナニかが足らない思いました。でもお約束のメロンズームは忘れずにあって、良い谷が見えました(笑)。相変わらずニャンコ先生(の中の人)の若い演技も長く聴けて満足ですよ!そして先生、やっぱりナマは良いですよね~・・・、魚貝類の話ですけど何か?????

今回は夏恒例の海と水着の話。モカはまぁ良いとして、クルムの黒ビキニは良い感じでした。なんか分からないけどバイ~~ンな所が(笑)。それに比べ、みぞれとゆかりの水着ときたら・・・。大きい事は良き事かな

ひまわり畑でのクルムとゆかりの口論で、ゆかりが「エッチなことしか考えないサキュバスおかしい!」と言うけど、それが本業なんだから仕方がないって。

と、そこに四人目の新キャラ・瑠妃がやっと登場。随分時間が掛かったな~。CVは千葉さんでしたね。これもEDで確認しましたが、この人も低い声の演技出来るんですね。初めて聴いたかも・・・。

ゆかりはいろいろと子供過ぎてみんなの相手にされず。でもおおきいおにいちゃんには人気なんだろうな(笑)。今回は全体的にサービスショットが少ない印象でしたが、ゆかりがメインの話だからという弊害が???パンチラ少なくてテンション上がらないし、モカの変身とバトルも無く視聴者の楽しみはゆかりのパンツくらいだね(笑)

ゆかり大活躍とクルムとの友情が少し描かれ、少ししんみりした終わり方だな~と思ったら、逆上した瑠妃に月音がやられしまい、それを見たモカはロザリオ外れないままの覚醒。クルム、みぞれもモカに続きプッツンする意外な展開へ・・・。そしてこのアニメ初の、続きは次回へ、という締め方。

話の流れ的にしょうがないけど、いつもの「かぷっ。ちゅ~!」が無いのは寂しいな~。

ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(5)ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(5)
(2008/03/26)
千葉紗子

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。