ヒロイック・エイジ(終了)

ここでは、「ヒロイック・エイジ(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロイック・エイジ終わっちゃいましたね。SFアニメだから仕方ないですが、難解な言葉がたくさん出てきて毎回理解するのが大変でした(笑)。最終回もご多分にもれず分かりやすかったですね~。

しかし最終回でアイツらが登場したのは以外でした。たぐいまれな指揮能力で大活躍のバカ兄貴たちのお姿を拝めるとは(笑)。国民は大いに涙したことでしょう・・・・・、生きていた事をね。必死に保身に走る映像が別の意味で涙を誘います。

パエトーが良い人になってしまったのはやっぱり残念。ライバルにすらなり得ず、最後はアルゴノートの修理を手伝う優男だもんね~。結局彼は物語でどういうポジションだったのかな?

メロン艦長ことニルバールがショートヘアにしたのがちょっとショックだったな~。でも立派なアレは健在でしたのでOKです(爆死・笑)

エイジ復活しないまま4年が経過したので、主人公無しで終わるのかな?と思っていたら、散々焦らされやっとこさ姫とエイジの感動の再会!ちょっとふらつきながらも駆け寄る姫の姿が、ヤバイくらい感動しました(涙)

良かったね、姫様。末永くお幸せに!そして残念だったねイオラオス(笑)。エイジへの愛は実らなかったけど、恨んだりしないでね。イオラオスは我慢できる子だもんね(笑)

ヒロイック・エイジ IV ヒロイック・エイジ IV
矢崎広、石川由依 他 (2007/10/10)
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(D)

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
イオラオスの見せ場、まさかアレで終わりじゃないよね。公式サイトによると彼の活躍があるぞ!みたいな紹介があったけど、危うく見逃してしまうほど短い活躍だった(笑)。

あと、パエトーにはもっとニヒルな悪役キャラとして活躍して欲しかったけど、いまいちパットしないヤツでした。肝心な所はみなノドスたちが持っていくし、銀の種族の中でもさほど影響力をもつ訳でも無し。結局負け犬キャラだったな・・・。

エイジ達がユティの狂乱を止めるべく協力し戦うシーンは結構盛り上がって良かったですね。これまでは単に殴り合うシーンばかりで詰まらなかったですが、今回はそれぞれ自らの本来の役割を自覚し、カルキノスにおいては大切な人を取り戻す戦いでもある訳でしたからね。以前より戦いの意味が深いです。

様々な過去をつむぎ未来へ託すため時空ジャンプを繰り返すレクティ。説明が難しくて聞き流していたのはナイショだ!やっとこさ手に入れた黄金の種族の正しい力。それを解放するエイジ。ユティを貫き狂乱から開放し、カルキノスの力で復活したじゃじゃ馬娘はようやく安息を得る。光の中に消えたエイジの目に映ったのは「お父さんたち」なのかな?

エイジの犠牲は尊いものだけど、それぞれが求めるものを手に入れ、姫の旅も終わり、宇宙に平和が訪れた・・・、みたいな閉め方で良くないか??あ、そうか、最後は恋人(エイジ)を失ったイオラオスのその後を描くんだ(笑)。エイジがあんなことになっちゃったもんね。

最終回は分かりやすいお話でお願いします。このアニメとっっても好きですが、説明が小難しく、自分の頭では理解しきれません(笑)。

ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックアルバムII 帰還 ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックアルバムII 帰還
佐藤直紀 (2007/09/26)
キングレコード

この商品の詳細を見る
新井里美がアルゴノートの必殺武器のKeyである、変形ロボットであることが明らかに(笑)。そしてさらば!早く修理してもらってね。

思いつく自分が古いのか、昔の特撮モノで宇宙の刑事さんもこんな武器持ってたような気がするな。うろ覚えなんだけど、巨大化して引き金を引く、っていう技だったかな?

ロム・ローの攻撃でアルゴノートが撃沈され航行不能にされましたが、これもエイジを散々置き去りにして来た報いですよ(笑)。あとサルサル言い過ぎたね!

そのエイジはパエトーの宇宙船に殴りこみ・・・、じゃなくてお邪魔し、一向は姫の後を追う為、銀無線たくし~でレッツゴ~!出番はこれで終了。と思いきや、ロム・ローの奇襲に合う姫を窮地を救うという、先週と同じく格好良い登場でした!ホントおいしい所もって行くな~。オーソドックスな展開だけど、使い方が上手いね。

一方ユティは狂乱に陥り暴走状態。エイジとリターンマッチでどうなるこの二人!そしてイオラオスの見せ場とエイジとの百合展開はあるのか!?以下、次週・・・(後者の方が気になりますが~)。

ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックアルバムII 帰還 ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックアルバムII 帰還
佐藤直紀 (2007/09/26)
キングレコード

この商品の詳細を見る
先週、ユティを護って散ったカルキノスが死の淵より復活。なんだかゾクッとしました。こいつら肉体を失っても、細胞(コア?)の一部があれば生き返れるらしいですね。どこぞのアニメやゲームでもありそうな設定だ。

今週も時間の流れはまったりしていて、さして話は進みませんでしたが、ユティが何やらピンチのようで、エイジご一行は彼女救出の為決死の大ジャンプを決行しましたと・・・。

そしてアルゴノートの窮地に駆けつけたのは我らがサル・・・、じゃなくてノドス。姫とエイジの感動の再会!という所でまたしてもお得意の放置プレイ。期待したエイジとイオラオスの再会場面は無かったね。可哀相なイオラオス・・・。

今週もさして書くことは無かったけど、メロン艦長ことニルバールの出番があった事だけで満足ですよ(笑)

ヒロイック・エイジ III ヒロイック・エイジ III
能戸隆.冲方丁.平井久司 (2007/09/05)
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(D)

この商品の詳細を見る
ストーリーは終わりが近いけど、中々話は進まないね~。Aパートはほとんど、姫とプロメの独壇場でしたし(笑)。このアニメ、一度ノドスの戦闘が始まると、やつらは「ウォ~!」と叫んで殴り合ってばかりなので、「しゃべれるキャラ」が行動しないとほんとに話が進まないしね・・・。

今週の見所もイオラオスですね!会談終了後、姫に礼をのべられ目を輝かすシーン。そんな顔するなよ。お前にはエイジという恋人がいるだろ(笑)。えっ?アネーシャが恋人っぽい?彼女は建前の恋人ですよ~。

ここまでの展開で、主要キャラに退場者がいないので、最後は皆和解するのかな?なんて思っていたら、以外なことにキラ目のカルキノスがお亡くなりに・・・。想い人を失ったユティが暴走し、エイジ、メヒタカ、レクティがブラックホールに飲み込まれてさぁ、どうしようか?で次週に続く、ですね。エイジが居ないと悲しむ男がいるので早めの復活を!

エイジとイオラオスは無事、結ばれる事が出来るのか!?最終回に向け、ますます目が離せません!!・・・、ヒロイック・エイジって何となく感想書きづらいな~。

ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックI ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックI
TVサントラ (2007/07/11)
キングレコード
この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。