機神大戦ギガンティック・フォーミュラ(終了)

ここでは、「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ(終了)」 に関する記事を紹介しています。
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


遅くなりましたが最終回のコメントです。プロフィールにも書いていますが、私はロボット物が大好きなので、放送前はこのアニメは期待していました。でも、2クール見終えてもコレと言った感動とかは無いですね~。

冒頭に戦いの映像を世界に配信し、その意味を問うようなシーンがガンダムWの最終回にもありましたね(覚えている方いるかな~?)。

最終回は上手くまとめていましたが、やや強引な展開に感じました。最終戦なのに、オニクスはラスボスなのにほぼ一方的にやられているだけ。スサノオは百目から繰り出す、亡きギガンティックたちの亡霊みたいな幻影を影からコソコソ当て、程よい所で斬艦刃で最後の一撃・・・。

シンゴはニュータイプ並の戦い方で完全勝利を収めるも、今まで友情・愛情・その他感情の爆発みたいな、戦闘技術がおよそ無関係の不確かな奇跡で勝って来たようなものだから、その勝利にも説得力に欠けるんですよね~。盗撮ばかりしてるそう思われるんだよ(笑)。

尺不足か初めから決まっていたのか分かりませんが、UNのギガンティックはアバンタイトルにほぼレギュラー出演して、終盤は活躍が期待されましたが、一度も起動せず電磁波に触れ大破・・・。公式サイトの説明通り、単なる飾りみたいな役割だったようですね。

最後はUN体制が崩壊し新たにUW体制が発足し、ガンダム・ザ・ガンダム(笑)の覇者は無し、ということで世界は手に手を取って、平和な時代が訪れました。でいいのかな?

このアニメは1クールの3分の2辺りから惰性で見ていました。ロボット物は大好きなので、最後まで見ようと思っていましたが、結構キツかったです。対戦国の数上仕方ないとは言え、主人公機の活躍が終盤以外ほとんど無く、もっぱら盗撮ばかりの単調な展開に飽き飽きしていました。

前半で各国との戦いを描き、後半はオニクスを含めネタばらしをしていけばスサノオの活躍は見込めたのかも・・・。あるいは対戦国を増やしていれば。3Dロボット物はTVに向かないのかな?この手のアニメでヴァンドレッドを初めに、自分の中でヒット作が無いんですよ・・・。あ、でもOPテーマとEDの絵だけは好きですよ(笑)

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ ドラマCD Vol.2 機神大戦ギガンティック・フォーミュラ ドラマCD Vol.2
ドラマ、佐藤利奈 他 (2007/08/08)
ランティス

この商品の詳細を見る
スサノオの脱皮姿を見て「んん?!」。なんだか妙にすっきりしたお姿になられましたな。フリーザみたいなパワーアップ方法ですね。

初期状態→能力吸収でLVアップ→体が変化しもっとLVアップ→真形態

でも、そんな我らが戦いの神・スサノオは、強そ~うな姿を見せ視聴者を期待させた後、何もせず再び黒こげにされるハメに・・・。ロボット物にお約束の合体とかも無く、やられてしまいましたね。盗撮ばかりして怠けているからこうなるんだよ(笑)

眞人の口から明かされたいくつかの真実からシンゴは、指令の兄の遺伝子を受け継ぐ人間であったことが判明しますが、わりとさらっと流してましたが、もっと突っ込むべき事だろ~!

まぁ、最終話直前でそんな新たな問題提起をされて、話を引っ張るほど尺はないですからね~。もうちょい早くからネタを出し始めていたら、もっと突っ込めたのでしょう・・・。

途中、シンゴの級友が出ていましたね。名前は・・・・、忘れましたが、なんか良いこと言っていましたね(笑)。

みんなの檄を受け宇宙へ飛び立ったオニクスを追うスサノオ。その背中からはV2を彷彿させる、というかそのまんまの光の翼をあらわし、最終決戦の地、エンジェル・ハイロウへ!ではなく宇宙へ。

次週は老婆の神名と決戦。どんなエンディングを迎えるのか好ご期待!

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ (3) 機神大戦ギガンティック・フォーミュラ (3)
澤野弘之、代永翼 他 (2007/09/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
一つ府に落ちない事があります。UN本部のみなさんはどうして日本語を話さないの?だってアニメの中では万国共通語でしょ(笑)。にしても、子供が世界のりーだーあめりかの防衛組織の中枢を担うってどんな組織だ!

今回のストーリーは今までの中で一番盛り上がりました。スサノオが覗きばかりしてほっとんど活躍しなかったり、最強・最大とうたわれたロボットがまばたき数回する間にやられちゃったり、とかは綺麗サッパリ水に流してあげたいくらい内容は濃かったです。

しかし、いろんなロボットの能力を駆使し、ぱっと見最強な我らが日本の守り神さま。必殺・百目フラッシュを決めたにもかかわらずアメリカの巨人・ゴーグにはさしたる効果は与えられず半ばKO。オニクスに良いとこ取りされてしまう羽目に・・・。

やっぱりこのアニメで最強という言葉は死語であることが立証されました(笑)。

対ロシア最終戦でも、一応強かった百目ロボも倒され、スサノオが倒した決め手が、「家族愛・友情・愛情」といった不確かな要素だったからな~。シンゴのパイロットとしての技量関係無いじゃん・・・。簡単に言うと奇跡で倒したようなものだしね。

スサノオの攻撃がどうなる!って含みを持たせて次週につなげるあたり、楽しみがかき立てられますね~。

当初からず~っとOPに出っ放しのUNのギガンティック・クロノス0。残り放送回数わずかだけど、活躍はあるのかな?

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ (3) 機神大戦ギガンティック・フォーミュラ (3)
澤野弘之、代永翼 他 (2007/09/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る
ウッチーがシステムを正常化し、あっさり基地の奪還作戦終了した場面を見て、「仕方ないよね」と思いました。だってあんまり尺を使いすぎると、アメリカの巨人ゴーグが何仕出かすか分かったもんじゃないからね。でもアイドルマスターの方は逆。あそこまで引っ張りすぎると見ている方はダレます・・・。

しかしなんでしょね、この緊張感の無さは。シンゴは自分が謀反者とされているのに、いつも通りのほほ~んとしてるしな~。ウッチーのふくれ顔は・・・、問題なし!

皆の活躍でやっとスサノオは出動態勢につけたけど、外装はボロボロ。武装も破壊され丸腰状態。相手はスサノオのお父さん的ギガンティック。この状況から、どの様な奇跡を見せてくれるのかと期待していたら、外野とアメリカのロボットにフルボッコされて、スサノオのこんがり焼きが出来上がってしまいましたよ。

ロシアの百目ロボ戦のような奇跡は起こらず大ピンチでしたが、次の瞬間スサノオの体が光り、シンクロ率がマイナス記録を更新し新生スサノオ誕生!のはずでしたが、合体事故で、色んなロボットの集合体となったお姿に・・・。まるでエルガイムのアトールVだな(このネタ分かる人いるかな~?)

来週はアメリカとの決着かな?残り3話。最終回までこの戦いを引っ張るとは思えないから、ラスボスはUNからすんごいヤツが出てきたりすると面白いんだけどね。

そう言えば、ある模型雑誌にスサノオのプラモデルだったか、アクションフィギュアだったかが発売される、という情報が掲載されてましたけど、続報が無い所を見ると立ち消えになったのかな???スサノオが活躍しないからとかいう理由でさ。


機神大戦ギガンティック・フォーミュラ ドラマCD Vol.2 機神大戦ギガンティック・フォーミュラ ドラマCD Vol.2
アニメ (2007/08/08)
ランティス

この商品の詳細を見る