アニメ、ゲーム、フィギュア、コミックなど興味ある分野の感想を、自由気ままにつづるブログです-since 2007/9/1-
最近おもったこと:いつも更新が夜遅くて申し訳ないです(汗)。一番良いのは当日更新だとおもうけど、こればかりは時間的にどうしようもないので、気長に更新を待って下さいね!      


地位も名誉もヨ-L”ョ妻も失って尚、マクギリスが強気な根拠は何だ?Bパート早々、三日月にアトラとクーデリアがチュッチュしてたのは笑った。ライドが「緊張感ねぇな」と言ってたのは真理だよなぁ。マクギリス対イオク様。大層な御託を並べた割に、マクギリスに瞬殺されたのも笑うしか無かった。不滅のイオク様なので、今回も助かりました!ネットではネタになりそうだ(笑)。失意のアジーは復活したと思ったら、名瀬スタイルでキメてたのに笑った。

ID書き換えての目途が立って建物の外に出たら、襲撃されてオルガが射殺されて阿鼻叫喚。死に様がダイイングメッセージを残すように見えた。犯人はヤs・・・。オルガは戦闘で死ぬと思ってただけに、油断してる所を襲われて死ぬという、まさかラフタと同じ状況をやる思わなかったな。不謹慎だけど、ちょっと笑いかけた。何をするにもオルガ、オルガ、オルガだった三日月が、指示を与えてくれる人が死んだ事で、一人で考えて行動を起こせるのか否か。残り2話。
前回、火星行きが危ぶまれる混乱を予想させる終わり方だったのに、ギャラルホルン担当官はマクギリスに恩があるからと見逃してしまう。このアニメの駄目な所は、広げれば面白そうな話をあっさり片付けしまう事だね。

ユージンは、鉄華団が悪党扱いされて憤ってたけど、2期最初の回で、「鉄華団の活躍でギャラルホルンの腐敗を暴いたものの、治安は以前より悪化。テロや少年兵、ヒューマンデブリの増加を招き、弱者からの搾取は以前として続いている」とナレーションで言ってたから、「悪」なのは間違ってない。

アトラの妊娠はやたら引っ張る小作りネタがフラグになってて大体の人が予想してたし、ラジオで声優がほのめかす事を言ってたそうだから、驚きは無い。久しぶりに出番があったクーデリアも、何しに来たんだろと思う程度の活躍だった。

オルガは受けた依頼を反故するのは道理に反すると言っておきながら、相手がマクギリスなら通す道理は無いと言って、その場であっさり翻意。更に、ラスタルに泣き付いて団員を助けて欲しいと命乞い。前回、退けない戦いに覚悟を決めたのは一体何だったんだと思うと、ブレブレな態度は笑うしかない・・・。

助かる為にはID書き換えて別人になれば良いんじゃね?→それ名案!→これで助かるぜヒャッホウ!・・・逼迫する話でやるとは思えない中々高度なギャグだった。最後、マクギリスを裏切る算段がついたと思ったら、逆に裏切られてた?4月2日の最終回まで残り3話!
ジュリエッタは三日月を「人間じゃない」と言ってたけど、彼は戦闘マシーンだから感情は無い。マシーンだから当然、精神的な成長もない。ただ、オルガの命令通りに戦って殺戮を行うしかできない。オルフェンズを見ていて辛いのは、最終回間近になっても主人公に何一つ共感出来ない事だね・・・。

バエルは初登場時は「最強」という感じがして凄くワクワクしたけど、全然弱くて悲しくなってくる。隠された武器や機能があると思いたいけど・・・。イスルギの犠牲は、情けない上司の威厳を保つ為のものとしか思えない。ジュリエッタもバエル同様、最初は「強い女」という印象で活躍に期待してたのに、三日月に半殺しされて重傷。次回、再戦した際は、三日月の腕か脚の片方でも潰すくらいの強さは示して欲しい。

ヤマギは想い人を失ってオルガに八つ当たりしたのは正しい行動かと。今の熾烈な戦争の道を選んだボスが、ションボリして落ち込んでれば怒りたくもなる。今回もヤマギとシノは実は相思相愛と感じさせたり、三日月とオルガのいつもの2人きりのシーンあったりと、そっち系の人は盛り上がったろうね。そして、残り3、4話にしてオルガが「俺に出来る事は迷わねぇ事だ」と決断。今、それを言いう!?とツッコんだ事が46話の印象的な事でした。
ジュリエッタがバルバトスを落とせば作戦は盤石になる!(焦り顔で)私は弱い!・・・フラグかな?勝てない相手に敢えて宛がうのは、マクギリスがカルタの好意を利用して同じくバルバトスと戦わせたシーンを思い出す。

死闘の最中、スーパーギャラクシーキャノンという盛大なギャグのお陰でテンション駄々下がりでしたが、シノの戦死を見て「脚本はメインのイケメンキャラも殺れるんじゃないか」と、少し見直した。結局、無駄死にだったけど・・・。あそこで作戦が成功してラスタル戦死なんていうお粗末な展開をさせなかったジュリエッタにグッジョブと言いたい。攻撃を当てたお陰で攻撃の軌道が反れたから。

死地に向かうシノに「人の気も知らないで(意訳:僕の愛に気付かないで)」という、ホモホモしいシーンには興冷めでしたが、戦いが終わったら風俗を奢るとか一緒に酒を飲もうとか、分かりやすいフラグを立ててくれたので、シノの戦死は簡単に予想出来た。シノの死を悼むのが男のヤマギというのが、残念でならない。ヤマギのポジションが女性なら、Vガンダムでオデロの戦死を悟るエリシャを彷彿させて泣けたろうに・・・。戦艦の特攻も、同じくVガンダムのリーンホースJrくらいに描けたら文句無しだった・・・。
やり方に問題は有れどマクギリスの組織改革は納得出来るし、ラスタルのマクギリス批判も間違っていない。どちらが正義で悪という形にハマらないのはガンダムらしい構図だけど、今の鉄華団には共感する余地は皆無。メインヒロインのクーデリアは何やら決意を語ってたけど、未だ行動を起こさず椅子に座ってただ祈るだけ。唯一共感出来るのがガエリオ一人というのは寂しいな・・・。

次回から最終回までは恐らく各勢力、各ライバルとの決着回になると思うけど、MAの虐殺の過去がマクギリスのセリフでサラッと語られて終わった様に、ギャラルホルンの基礎を作ったアグニカ・カイエルは顔も出ず詳しい過去も語られないまま終わりそうなのは残念。一話程度は時間を割いても良かったかと。しかし、バエルは遺物だからと存在に意味が無くなってたのは笑った・・・。

アリアンロッド艦隊との戦いが「最後」だからと、鉄華団には笑顔や笑いがある等のお気楽ムードが漂ってたけど、最後の戦いではなく最期の戦いになったりしてね。そう予想する声も多いし。最後、アトラを抱きしめる三日月が急に人間ぽい行動に出てたけど今更感は否めない。そういう成長は1期から徐々にやっておけば、感慨深いシーンになってたかもね。小作りネタがまだ生きてるなら、きっとあのタイミングで「仕込んだ」と思うけど、その辺はどうなんだ!?
前回までの復讐劇はオチが詰まらなくて不完全燃焼気味でしたが、マクギリスの話は別格で非常に面白い。しかし、少年時代に義父に抱かれて「掘られてた」とはなぁ。男女の事後は過去のガンダムでもあったから特に気にならないけど、男同士のベッドシーンを夕方に放送するのはマズいんじゃない?百歩譲って虐待はアリとしても、事後を思わせる小児性愛を夕方にやる脚本の神経が理解出来ない。

遂にヴィダールの素顔が明らかになりましたが、それがまさかガエリオだったとは!(棒)。初登場で正体バレてたから何の驚きもありゃしませんわ・・・。ガエリオもマクギリスも阿頼耶識の処置を施しており、それがMAの対抗手段でもあったと。ガエリオはアインの脳と接続して「1+1は2じゃないぞ。オレたちは1+1で200だ。10倍だぞ10倍」方式でパワーアップ!もう三日月無双に泣かされたりしない!・・・ハズ。

前回も書いたけど、マクギリスとガエリオ。男同士の激しい感情のぶつかり合いにクーデリアをどう絡ませるのかね。今回は予告が無かったですが、代わりに新番組の予告がありましたな。オルフェンズ2期で日曜夕方のアニメ枠が無くなるんでしたっけ?